ドイツ語質問箱

ドイツ語やドイツ語圏に関するご質問があればこちらにお書きください。できるだけ速やかに返信いたします。
また、メール送信フォームからも質問をお寄せいただけます。
New! ドイツ語特殊文字も入力・表示できるようになりました!!(入力はそれぞれのボタンを押下)
名前
Eメール 返信コール(コメントが付いたらメール連絡)
公開しないでメールを受けたい 公開する又は記入しない
タイトル
本文 改行無効 改行有効


title
本文中にURLがあれば自動的にアンカー(リンク)にする タグ(※1)を有効にする(投稿前に表示確認を)
暗証番号 ←この記事を削除するためです(変更可能)。4桁〜8桁の半角数字のみでご指定ください
設定保存     

(※1) 使えるタグは <B>(強調) <I>(斜体) <U>(下線) <FONT>(装飾) <A>(アンカー) のみです.
   タグを使用するときは「タグを有効にする」のラジオボックスを選択してください 閉じ忘れに注意.
(※2) 投稿後30分以内であれば編集(修正)が可能です.

全 1000 件 [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 ] [最新の状態]
ページ 44 (431〜440)
牛たちはどのように唸るのか? 引用
  2013/3/9 (土) 20:40:03 - Kaninchen - <メール送信> - No.1362829203
こんばんは、田中雅敏先生。ご回答ありがとうございました。
田中先生から、かつてご推薦して頂いた「アクセス和独辞典」で、ネズミ、豚、ヤギは
なんと鳴くのか、判明いたしましたが、タイトルの和訳は
Wie brüllen Rinder denn ? が適切でしょうか?
クマなどは、brummen と記載されておりますが、牛の「モー!」はbrüllen ? oder
heulen ?でしょうか。なにぶんぼくの曽祖父は黒松内でMilchbauer でしたので、
ぼくは、モー!が一番、教えて頂ければ幸甚です。
よろしくお願い致します。

Kaninchen

返信1 返信-1
 2013/3/10 (日) 05:41:28 - 田中雅敏 - <mail@X-seminar.net> - No.1362829203.1
牛の「モー」という鳴き声は、ドイツ語では muh と表現されています。動詞は muhen
(モーと鳴く) です。

なお、タイトルの和訳ですが、牛から発せられる声は、穏やかな「モー」から力強い雄叫
びまで様々ですので、ここでは「モー」を導きたいのであれば brüllen (唸り声) ではな
く、machen ぐらいを使いますか? Wie macht eine Kuh? --> Eine Kuh macht muh.


彼女は俺だけのものだぞ! 引用
  2013/3/7 (木) 19:14:57 - Kaninchen - <メール送信> - No.1362651297
こんばんは、田中雅敏先生、お久しぶりです。いつもお世話になっております。
タイトルの独訳は
1)Sie gehört doch nur mir!
2)Sie gehört nur mir doch!
3)Sie gehört mir doch nur! ???

どれがam besten なのか教えて頂ければ幸甚です。
よろしくお願い致します。

Kaninchen

返信1 返信-1
 2013/3/9 (土) 18:49:27 - 田中雅敏 - <mail@X-seminar.net> - No.1362651297.1
ドイツ人2名に聞いたところ、1) が一番自然だということでした。
まず、nur はその直後に来る語句に作用しますので、nur mir というのが自然だというこ
とです。その意味で 3) の自然度が下がります。

次に、「彼女は誰のものだと思う?---(他の誰でもない)俺だぜ!」という意味合いで
あれば、mir にフォーカス(焦点)が置かれますので、mir が doch よりも後ろに(もっ
と言えば文末に)来ることが望まれるようです。doch は話者の心理的な態度を表すもの
ですので、文末にあるよりは動詞に近いところにあるほうが良いのだと思います。

以上のことから、1) が好ましいということになりました。

Freund(e) と befreundet 引用
  2013/3/2 (土) 23:41:12 - Momo - No.1362235272
田中先生、こんばんは。

Freund(e) と befreundet の違いと使い方について、教えて頂けますでしょうか。

例) 「私は君と友達のままでいる。」
1."Ich bleibe mit dir Freunde."
2."Ich bleibe mit dir befreundet."
この二つの文にはどのような違いがありますか?また、文法上の誤りがありますか?

よろしくお願い致します。

返信1 返信-1
 2013/3/3 (日) 11:15:10 - 田中雅敏 - <mail@X-seminar.net> - No.1362235272.1
> 例) 「私は君と友達のままでいる。」
> 1."Ich bleibe mit dir Freunde."
> 2."Ich bleibe mit dir befreundet."

1 は、"Wir bleiben Freunde." のほうが良いのではないでしょうか。Freunde は複数形
ですから、ich bleibe ... Freunde は文法的におかしいような気がします。bleiben と
意味の近い sein に変えてみると ich bin ... Freunde はやはり不自然にはならないで
しょうか。もちろん "Ich bleibe dein Freund." は大丈夫でしょう。

"mit dir" を入れたければ、2 で書いてくださっているように befreundet を使うほうが
良いと思います。あるいは、jm. freund sein/bleiben というのもあります(freund は
小文字です; Ich bleibe dir freund.)。

Freund(e) と befreundet の違いは、同じく名詞の Inhalt と、そこから派生した
beinhalten と同じような関係ですね。つまり、Freund は befreunden, Freundschaft,
freundlich などの派生語の語根です。使い方の違いは、上で書いたように、Freund は名
詞ですから名詞に特有の文法に縛られますし、befreundet は述語的・付加語的に使う規
則に縛られます。

ご質問の答えになっていないかもしれませんが、この Freund / befreundet の意味や使
い方の重なり、あるいは重ならない部分については、調べてみると奥が深いと思います。

返信2 返信-2
 2013/3/4 (月) 22:20:00 - Momo - No.1362235272.2
田中先生、

すぐにお返事をくださり、本当にありがとうございました!
bleibenがseinと近い意味を持っているという点に全く気づいていませんでした。
田中先生のおっしゃる通り、そう考えると1の文はおかしいですね。

たくさんある派生語をうまく使い分けられるように、もっと調べたいと思います。

おっとと 引用
  2013/2/19 (火) 20:31:19 - Kaninchen - <メール送信> - No.1361273479
どうも、こんばんは、田中雅敏先生。

つまづいて、「おっとと!」を独訳すると、hoppla だそうですが、
Pardauz!と載っている単語集もありました。これら2つの使い分けを
教えて頂ければ幸甚です。
よろしくお願い致します。

Kaninchen

返信1 返信-1
 2013/2/20 (水) 13:18:56 - 田中雅敏 - <mail@X-seminar.net> - No.1361273479.1
私自身、このような間投詞はドイツにおいても日本語がそのまま出てしまいますので、あ
まりドイツ語の間投詞は用いたことがないのですが、Hoppla! はよく耳にします。映画で
もよく見かけます。

勉強不足で恥ずかしいのですが、Pardauz! というのは今回教えていただいて初めて知り
ました。手元の辞書ですと「ガシャン!」となっています。これは、すでにぶつかってし
まったり、何かが壊れてしまったときに使うのでしょうか?Hoppla! は必ずしも、時すで
に遅しのときだけでなく、すんでのところでも使えるような気がします。Pardauz! もす
んでのところでも使えるのかどうか、ちょっとわかりませんので、申し訳ありません。

Autobahn oder ? 引用
  2013/2/19 (火) 20:14:46 - Kaninchen - <メール送信> - No.1361272486
どうも、こんばんは、田中雅敏先生。いつもお世話になっております。

高速道路の下の(一般道の)交差点にバスなどが到着した時は、
Wir sind an der Kreuzung unter der Autobahn angekommen.

Wir sind an der Kreuzung unter den Autobahnen angekommen.
どちらが、適切でしょうか?ぼくは後者だと思うのですが、あまり文章経験が少ないの
で、ペンを取りました。教えて頂ければ幸甚です。
宜しくお願い致します。

Kaninchen

返信1 返信-1
 2013/2/20 (水) 13:12:21 - 田中雅敏 - <mail@X-seminar.net> - No.1361272486.1
> 高速道路の下の(一般道の)交差点にバスなどが到着した時

> Wir sind an der Kreuzung unter der Autobahn angekommen.
> Wir sind an der Kreuzung unter den Autobahnen angekommen.

両者は、Autobahn を単数で用いるか複数で用いるかの点でのみ異なっているようです。
そうしますと、これは状況によりけり、ということになってしまいます。文法的にはどち
らも正しい(unter + 3格名詞句)のですから、この文が描写している場面において「高
速道路が1本」ならば前者になりますし、「高速道路が(平行あるいは交差するなどし
て)複数」あるのであれば後者となるのではないでしょうか。

現在分詞について 引用
  2013/1/14 (月) 20:01:28 - 瓜子姫 - <メール送信> - No.1358161288
初めまして。瓜子姫と言います。初学者です。
1.ある辞書にdringendの説明としてこれは形容詞で例文として
Ich muss den Chef dringend sprechen.
とあり、訳として私は至急上司と話さなければならない。とありました。
でも文中のdringendは形容詞ではなく副詞のような気がしてなりません。

2.どうして形容詞なのでしょうか?形容詞だとしたら付加語用法でしょうか述語用法でし
ょうか?どうもわかりません。教えてください。

返信1 返信-1
 2013/1/14 (月) 23:17:11 - 田中雅敏 - <mail@X-seminar.net> - No.1358161288.1
ドイツ語の副詞には、vielleicht (ひょっとすると) や leider (残念ながら) のように
副詞としてしか使えないもののほか、形容詞をそのまま副詞として用いるものがあります。

今回ご質問くださった dringend は後者にあたります。後者のタイプの副詞は、辞書では
特に副詞として書かれていないことも少なくなく、形容詞として載っていると思います。
「形容詞をそのまま副詞として使える」ということを知っておかなければなりません。
dringend の場合、動詞 dringen の現在分詞(動詞の原形に -d をつける)を形容詞とし
て使っているものです。分詞は現在分詞でも過去分詞でも、形容詞的に使うことができま
す。もっと純粋な形容詞、たとえば schnell (速く) を使って例示しますと、

-【副詞】Die Zeit vergeht schnell. (時の流れは速い)
-【形容詞】Vielen Dank für deine schnelle Antwort. (素早い返事をありがとう)

のように、形容詞と副詞が同じであることが見て取れます。副詞は付加語的に使うわけで
はありませんので、常に不変化(語尾がつかない)です。形容詞も、述語的に使うときは
変化語尾はつきませんが(比較級や最上級を除く)、付加語的に使うときには格変化語尾
がつきます。

以上をふまえまして、

> 形容詞ではなく副詞のような気がしてなりません。

その通りで、引用してくださっている例文に関しては、dringend は副詞です。

現在完了と過去完了 引用
  2013/1/5 (土) 17:18:39 - Kaninchen - <メール送信> - No.1357373919
Sapporo,den 5.Januar 2013
Im 25.Heisei-Jahr
Sehr geehrter Herr Vizeprofessor fuer jura an der Toyo-Juni Masatoshi Tanaka!

田中先生、こんばんは。

ぼくの郁文堂の古い参考書によれば、

現在完了:Er hat das Buch lesen koennen.
彼はその本を読むことができた。

過去完了:Er hatte das Buch lesen koennen.
彼はその本を読むことができたのであった。

と書かれていますが、この2つの文の和訳はangemessen oder richtig でしょうか?

教えて頂ければ幸甚です。よろしくお願いいたします。

Mit freundlichen GrueBen

Ihr ergebenes Kaninchen

返信1 返信-1
 2013/1/9 (水) 20:35:46 - Kaninchen - <メール送信> - No.1357373919.1
どうも、こんばんは、田中雅敏先生、

ぼくの「大まか過ぎる質問に、ご返答に窮していらっしゃることと存じます。
誠に申し訳まりません。
die deutsche Grammatikは、新しい文法書をeinkaufenして、精進してまいりたいと、存
じます。
 よって、このぼくの「現在完了と過去完了」という質問を削除して頂ければ、
幸甚です。

mit freundlichen GrueBen

Ihr ergebenes Kaninchen

返信2 返信-2
 2013/1/10 (木) 15:27:20 - 田中雅敏 - <mail@X-seminar.net> - No.1357373919.2
年明けの授業が再開して、ゆっくり返信することができませんでした。決して質問が「大
まか」だから返事が遅くなったということではありません。

> 現在完了:Er hat das Buch lesen koennen.
> 彼はその本を読むことができた。

> 過去完了:Er hatte das Buch lesen koennen.
> 彼はその本を読むことができたのであった。

現在完了は、現在(の時点)においてすでに完了したことを表しますので、基準点は「現
在」です。それに対して、過去完了は、過去のある時点においてすでにしたことを表し、
基準点は「過去(のある時点)」です。
そうしますと、過去完了では、基準点となる過去の時点よりも前に「(その時点では、)
彼はその本を読むことができていた」というようなニュアンスになると思います。

ですから、基準点が示されることなく訳されてしまいますと、その参考書の記述のように
「彼はその本を読むことができたのであった。」ともなるでしょうし、上で書いたような
「....できていた」という訳し方も可能だと思います。

返信3 返信-3
 2013/1/10 (木) 19:38:12 - Kaninchen - <メール送信> - No.1357373919.3
Sapporo,den Donnerstag,10.Januar 2013
Im 25.Heisei-Jahr

Sehr geehrter Herr auBerordentlicher Professor fuer Jura an der Toyo-Uni
Masatoshi Tanaka!

Guten Abend,unser Herr Lehrer Tanaka!

Wenn ich gleich zur Sache kommen darf,danke ich Ihnen herzlich fuer Ihre
hoefliche Antwort.

Auf Wiedersehen!

Mit freundlichen GrueBen

Ihr ergebenes Kaninchen

お休みなさい。

Tunnel Mauer verliebt sich in Wakayama. 引用
  2013/1/3 (木) 20:42:48 - Kaninchen - <メール送信> - No.1357213368
Sapporo,den 3.Jan.2013 am Do. Der Satz ist richtig?

"Halten Sind Sie die Stelle am Do."fuer angemessen?
木曜日の位置は、適切だと思いますか?

Im 25.Heisei-Jahr

Sehr geehrter Herr Vizeprofessor fuer Jura an der Toyo-Uni Masatoshi Tanaka!

田中先生、こんばんは。再度、ヤフー・ジャパンのDie Nachrichten で発見した記事な
のですが、Tunnel Mauer verliebt sich in Wakayama.が、

「トンネル壁、和歌山に落ちる。」の独訳は、ぼくの愛用している、翻訳ソフトに
よれば、
 TunnelMauer verliebt sich in Wakayama. と 独訳されます。

これは、どうも腑に落ちません。再帰動詞の「sich verlieben」は、IVに惚れ込む、
夢中になる という意味だと思います。

ぼくの翻訳ソフトは、正確ではないということなのでしょうか?

教えて頂ければ幸甚です。

よろしくお願い致します。

Mit freundlichen GrueBen

Ihr ergebenes Kaninchen

返信1 返信-1
 2013/1/4 (金) 21:45:39 - 田中雅敏 - <mail@X-seminar.net> - No.1357213368.1
> Sapporo,den 3.Jan.2013 am Do. Der Satz ist richtig?

Donnerstag のほうを先に持ってきて、den Donnerstag, 3. Januar 2013 という
ふうに日付は曜日と同格にして置くことが多いようです。

> 「トンネル壁、和歌山に落ちる。」の独訳は、ぼくの愛用している、翻訳ソフトに
> よれば、TunnelMauer verliebt sich in Wakayama. と 独訳されます。
> これは、どうも腑に落ちません。再帰動詞の「sich verlieben」は、IVに惚れ込む、
> 夢中になる という意味だと思います。

ご指摘のとおり、「sich verlieben」は「〜に惚れ込む」という意味になりますね。こ
の場合、恋に落ちる相手を「in 〜」で表すわけですが、それが「in Wakayama」と
なってしまっているようです。ところで、この「トンネル壁(が)和歌山に落ちる」と
いうのは日本語としてちょっと不自然ですね。ニュースにこのように書いてあったので
しょうか?「トンネル壁(が)和歌山で落ちる」ならわかりますが。

「和歌山に」となっていますので、それが余計に「in 〜 sich verlieben」に結びついて
しまったのでしょうか(→和歌山と恋に落ちる)。

「壁」といっても、翻訳ソフトにそのまま入れるだけでしたら、それが「Mauer」なの
か「Wand」なのかを判別させることは難しいでしょうし、さらには落ちてきたのが
「壁」でなく「壁面の(コンクリート)破片」であれば、それを導き出させることも難
しいでしょう。翻訳ソフトが悪いというよりも、どの翻訳ソフトでも限界なのではない
でしょうか。

返信2 返信-2
 2013/1/5 (土) 01:04:06 - Kaninchen - <メール送信> - No.1357213368.2
田中先生、こんばんは。

Sehr geehrter Herr Vizeprofessor fuer Jaran an der Toyo-Uni Masatoshi Tanaka!

冒頭の日付に関して質問があります。

1)Sapporo,den Donnerstag,den 4.Januar 2013
2)Sapporo,den Do.,den 4.Januar 2013
3)Sapporo,den Do,den 4.Januar 2013
4)Sapporo,am Do,den 4.Januar 2013
5)Sapporo,Do,den 4.Januar 2013

以上の5つの独訳のうち、一番besserなのは何番でしょうか?
教えて頂ければ、幸甚です。よろしくお願いいたします。

Kaninchen

返信3 返信-3
 2013/1/10 (木) 14:43:06 - 田中雅敏 - <mail@X-seminar.net> - No.1357213368.3
> 一番besserなのは

am besten なのは、上でも書いていますように

6) Sapporo, den Donnerstag, 3. Januar 2013

だと思うのですが、1〜5 の中では、1 と 2 でしょうか(この両者は同じです)。ただし、
den を重複して使わなくても、最初に den (Donnerstag) と言っているのですから、それ
で足りるのだと思います。

全1000件(返信記事を除く) | ページ間移動→[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 ]


最大1000件保持 | 投稿レポートON | 管理者宛てEメール | ?ヘルプ

MiniBBS-EX 1.19