ドイツ語質問箱

ドイツ語やドイツ語圏に関するご質問があればこちらにお書きください。できるだけ速やかに返信いたします。
また、メール送信フォームからも質問をお寄せいただけます。
New! ドイツ語特殊文字も入力・表示できるようになりました!!(入力はそれぞれのボタンを押下)
名前
Eメール 返信コール(コメントが付いたらメール連絡)
公開しないでメールを受けたい 公開する又は記入しない
タイトル
本文 改行無効 改行有効


title
本文中にURLがあれば自動的にアンカー(リンク)にする タグ(※1)を有効にする(投稿前に表示確認を)
暗証番号 ←この記事を削除するためです(変更可能)。4桁〜8桁の半角数字のみでご指定ください
設定保存     

(※1) 使えるタグは <B>(強調) <I>(斜体) <U>(下線) <FONT>(装飾) <A>(アンカー) のみです.
   タグを使用するときは「タグを有効にする」のラジオボックスを選択してください 閉じ忘れに注意.
(※2) 投稿後30分以内であれば編集(修正)が可能です.

全 1000 件 [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 ] [最新の状態]
ページ 49 (481〜490)
イスラエルにも愛されているドイツ一有名なバンド 引用
  2013/12/22 (日) 15:54:03 - Kaninchen - <メール送信> - No.1387695036
こんにちは、田中雅敏先生。

かつて、何度も質問したのですが、どうも飲み込みが悪くて釈然としませんので、
再びお願いしたいのですが。

Willkommen in Deutschland ! (Die Toten Hosen )

Dies ist Land, in dem man nicht versteht,
dass fremd kein Wort fuer feindlich ist,
in dem Besucher nur geduldet sind,
wenn sie versprechen, dass sie bald wieder geh'n.

田中先生の名訳は、この国は、よそ者だからと言ってすぐさま敵視すべきではないと
いうことをきちんとわきまえていない分別の無い国である。でしたが、

fremd以下の文が釈然としません。とりわけfuerを訳するのが困難です。

何か例文でも添えて頂ければ幸いです。あとgeduldet sindも訳せません。

いつもお世話になっておりますが、何卒、明解なご解釈をよろしくお願い致します。

返信1 返信-1
 2013/12/23 (月) 11:39:53 - 田中雅敏 - <mail@X-seminar.net> - No.1387695036.1
> fremd以下の文が釈然としません。とりわけfuerを訳するのが困難です。

この文(dass文)にある "fremd" と "feindlich" は、本来は引用符に入れるべき語で、
見出し語となっています。つまり、「"fremd"という語は、"feindlich"という語に対応す
る語ではない」ということです。前置詞の für は、ここでは「〜用の、〜に見合った」とい
うようなニュアンスになるのだと思います。例文としては、"Schön" ist kein
Kompliment für mich. (「きれいだね」は私にとっては褒め言葉にはならない。) という
のはいかがでしょうか。

> geduldet sindも訳せません。

geduldet は dulden の過去分詞で、この場合の dulden は「許容する、大目に見る」と
いう意味だと思います。sein +過去分詞で「状態受動」が表されています。[das] Land,
[...], in dem Besucher nur geduldet sind, wenn [...] ですから、「この国を訪れる
よそ者は、〜である限りにおいて、大目に見てもらっている」(裏を返すと「〜でなけれ
ば、決して大目には見てもらえない」)ということになると思います。

返信2 返信-2
 2013/12/23 (月) 16:11:07 - Kaninchen - <メール送信> - No.1387695036.2
こんばんは、田中雅敏先生。

「よそ者(の外国人)」という言葉は「敵性である」という言葉と同一ではないという

ことを解さない国である。

ということなんですね。

この度は、お忙しいゼソン、かつ楽しい祝日の最中にご回答して頂き、心より厚く御礼申
し上げます。今後もよろしくお願い申し上げます。

Ihr ergebenes Kaninchen

China landet auf dem Mund. について 引用
  2013/12/15 (日) 07:08:38 - Opa - <メール送信> - No.1387058918
田中先生  こんにちは

Netzeitung.de に、China landet auf dem Mund. とありました。

辞書には、auf dem Wasser や auf der Insel landen もありました。

感覚的に(勝手な思い込み的に) auf den Mund など auf + 4格 と

いう先入観があります。 「そういう風に決まっておる」といわれれば

それまでですが、landen auf 4格でなく3格になる理由のようなものが

あるのでしょうか。

返信1 返信-1
 2013/12/15 (日) 15:21:56 - 田中雅敏 - <mail@X-seminar.net> - No.1387058918.1
同じような問題として、an|kommen が in der Stadt an|kommen 「町に到着する」とい
う、やはり in + 3格 を用いているという事実があります。

他方で、ご指摘のように、in die Stadt gehen や auf den Mond fliegen のような場合
には in/auf + 4格になります。

これは、動詞に違いがあると言えそうです。landen や an|kommen のように、移動の結果
として接地・到達することが動詞そのもので表されている場合には、前置詞を4格支配に
しなくても「ある場所において、接地・到達という出来事が生じた」と解釈できるという
ことです。

gehen や fliegen では、「移動する(移動中の)行為」そのものを表していますので、
到達するかどうかまでは表現できません。そのため、たしかに到達したことを表すには4
格を用いるのではないかと考えられます。たとえば、Ich komme. だけですと Ich bin
unterwegs. ぐらいの意味であって、到達するところまでは述べられておらず、Ich komme
in die Stadt. のようにすることではじめて Ich komme gleich in der Stadt an. のよ
うに到達点が明確になる、というようなことです。

これが正しければ、auf den Mond landen は、「前置詞句」で到達を、また、「動詞その
もの」でも到達を表すことになり、機能が重複してしまう、ということになります。

返信2 返信-2
 2013/12/15 (日) 20:17:48 - Opa - <メール送信> - No.1387058918.2
田中先生   早速のご回答ありがとうございました

ご説明をヒントに、三修社類語辞典を見てみましたら ankommen, anlangen,
eintrffen, einlaufen, landen, が同頁にあり、3格系(?)が多いようですが、
einlaufen は in den Hafen とあるなど、もうちょいと勉強してみる気になって
きました。

前置詞を伴うzu不定詞 引用
  2013/11/25 (月) 17:21:39 - しようた - No.1385367699
こんばんは
前置詞を伴うzu不定詞の中にumを伴い
〜するための という意味になるものがあります
が、Wenn etwas Neues geschreiben wird,so
beeilt er sich,sich das Buch anzuschaffen.とい
う文章のなかで、「本を手に入れるために」と
いう訳がついているのにもかかわらずumがな
いのはなぜでしょうか?

解説おねがいします

返信1 返信-1
 2013/11/26 (火) 11:38:49 - 田中雅敏 - <mail@X-seminar.net> - No.1385367699.1
sich beeilen は mit 〜 を伴って「〜(すること)を急ぐ」という表現で用いられま
す。この場合、sich das Buch anzuschaffen というzu不定詞句が mit の目的語となって
いるわけです。その意味で、Er beeilt sich damit, sich das Buch anzuschaffen. のよ
うに、damit があればわかりやすかったのですが、この damit はよく省略されてしまい
ます。(Ich freue mich [darüber], Sie kennen zu lernen. などでもよく見られるもの
で、珍しいことではありません。)

もちろん、ご指摘のように、「本を入手する」というのを直接的な sich beeilen の内容
ではなく、副詞的に「本を入手するために(急いで書店に駆け込む)」などとする解釈も
可能です(この場合、mit の目的語は「書店に駆けつける」ということになります)。
その場合、Er beeilt sich [damit], in die nächste Buchhandlung zu kommen,
um sich das Buch anzuschaffen. のようになるかと思いますの
で、ご指摘のとおりです。

Jugendgedenken 3 引用
  2013/11/13 (水) 20:04:00 - Kaninchen - <メール送信> - No.1384340640
こんばんは、田中雅敏先生。



同 S.5 Z.16

Und wenn ich dann einen schönen Falter sah, er brauchte nicht einmal besonders

selten zu sein, wenn er auf einer Blume in der Sonne saß und die farbigen

Flügel atmend auf und ab bewegte und die Jagdlust mir den Atem verschlug,...

das war eine Spannung ...

もし私が1羽の美しい蝶を見たとき、それがたとえかつて?特に存在することが

珍しく?必要なかったとしても、?

もしそれが花の上で太陽の中精彩ある羽を呼吸しながら上下に動かしたとき

そしてその採集の楽しみが私の息を詰まらせたとき。。。

それはある緊迫だった、。。。

と、訳してみましたがどうも釈然としません。

先生のご解釈を切に望みます。

よろしくお願い致します。

返信1 返信-1
 2013/11/16 (土) 17:29:57 - 田中雅敏 - <mail@X-seminar.net> - No.1384340640.1
> Und wenn ich dann einen schönen Falter sah,
> もし私が1羽の美しい蝶を見たとき、

これは、これでよろしいのではないでしょうか。

> er brauchte nicht einmal besonders selten zu sein,
> それがたとえかつて?特に存在することが珍しく?必要なかったとしても、?

これは、「その蝶は、どうしても特別な珍しいものである必要はなかった。」という感じ
でしょうか。

- selten は、ここでは ein selter Falter (珍しい蝶) のように、その蝶の個体の珍し
さが言われているのではないでしょうか。
- nicht zu 〜 brauchen = nicht müssen ですから、「〜である必要はない」
- einmal は、話者の心情を表しますので、なかなか訳しづらいですが、「一度ぐらい珍
しいもの」、「どうしても珍しいもの」ぐらいでいかがでしょうか。

> wenn er auf einer Blume in der Sonne saß
> もしそれが花の上で太陽の中

これでよろしいかと思いますが、情景としては、「その蝶が太陽の光の下、花の上にとま
り」という情景が思い浮かびます。

> und die farbigen Flügel atmend auf und ab bewegte
> 精彩ある羽を呼吸しながら上下に動かしたとき

これでよろしいと思います。

> und die Jagdlust mir den Atem verschlug,...
> そしてその採集の楽しみが私の息を詰まらせたとき。。。

直訳としてはそのようになりますが、日本語としては「その蝶を捕まえたいという気持ち
がはやるあまり(または:その蝶を捕まえられる喜びに)息が詰まりそうになり」という
具合にすると自然でしょうか。

> das war eine Spannung ...
> それはある緊迫だった、。。。

「それはなんとも緊迫した状況だった。」

- eine は不定冠詞ですが、「ある〜」としてみてもしっくりこない場合には、Was für
eine Spannung war das. のように、感嘆のニュアンスが含まれていると考えてみると良
いかもしれません。

返信2 返信-2
 2013/11/17 (日) 09:33:18 - Kaninchen - <メール送信> - No.1384340640.2
Guten Morgen ! 田中先生。



この度は詳細なご解説に対し、こころより御礼申し上げます。

しかし、ちょっと腑に落ちないのは、なぜbrauchte er ではなかったのでしょうか?これ
は単なる著者の気まぐれかなにかなのでしょうか?まあ、単にぼくの経験不足が訳せなか
った原因だとは思います。^^;)

今後もよろしくお願い致します。

返信3 返信-3
 2013/11/17 (日) 13:27:28 - 田中雅敏 - <mail@X-seminar.net> - No.1384340640.3
> なぜbrauchte er ではなかった

Wenn ich dann einen schönen Falter sah, [so] brauchte er nicht einmal besonders
selten zu sein.

にしてしまうと、brauchte er の文が、wenn の文を受けての主文になってしまいます
が、ここではそうではなくて er brauchte ... zu sein はあくまでも挿入句的になって
いるのだと思います。

コンマで区切ってあると紛らわしいので、

- er brauchte ... zu sein -

としても良いのではないでしょうか。

返信4 返信-4
 2013/11/17 (日) 16:16:30 - Kaninchen - <メール送信> - No.1384340640.4
Guten Abend ! 田中先生。



Ich danke Ihnen für Ihre Hilfe und Nachbehandlung.

Jugendgedenken 2 引用
  2013/11/10 (日) 14:08:45 - Kaninchen - <メール送信> - No.1384060125
どうも、こんにちは、田中雅敏先生。



同 S.4 Z.4

Er zündete...,und setzte sich auf das Gesimse des offenen Fensters,wo seine

Figur sich kaum von der Finsternis abhob.

1)この窓のコルニス、蛇腹とはどのようなものなんでしょうか?

2)woは、そこでは、と訳してよろしいのでしょうか?

3)彼の姿はその暗闇からほとんど際立って見えなかった。と訳してよろしいのですね?

重ね重ね恐縮ですが、お暇なときで結構ですので、教えて頂ければ幸甚です。

よろしくお願い致します。

返信1 返信-1
 2013/11/10 (日) 16:42:57 - 田中雅敏 - <mail@X-seminar.net> - No.1384060125.1
> Er zündete...,und setzte sich auf das Gesimse des offenen Fensters,wo seine
> Figur sich kaum von der Finsternis abhob.

> 1)この窓のコルニス、蛇腹とはどのようなものなんでしょうか?

よく分かりませんが、窓周辺の飾りのようです。
「腰かけて(setzte sich auf das Gesimse)」とありますので、窓のところに、ちょっ
とつきだしたような彫刻を施したでっぱりのようなものがあるのでしょうか。

2)woは、そこでは、と訳してよろしいのでしょうか?

はい、wo は場所や時を先行詞にとれます。
この場合、auf dem seine Figure ... とやってしまうと、先行詞は (auf das) Gesimse
となってしまい、コルニスの上だけが規定されてしまいますが、ここでは、「彼の姿」は
厳密にはコルニスの上だけでなく、その部屋の窓辺全体において「見える/見えない」と
いう話につながっていますので、関係代名詞にしてしまうと先行詞がないことになってし
まいます。そのため、このような場合は、主文全体もしくは主文が表す状況を修飾する関
係副詞を使います。

3)彼の姿はその暗闇からほとんど際立って見えなかった。と訳してよろしいのですね?

はい、つまり、暗闇にとけこんで、彼の姿は外からは見つけることができなかった、とい
うような状況が考えられます。

返信2 返信-2
 2013/11/10 (日) 20:15:06 - Kaninchen - <メール送信> - No.1384060125.2
どうも、こんばんは、田中雅敏先生。



重ね重ね、先生の大切なお時間をご使用して頂き、誠に厚く御礼申し上げます。

勉強になりました。

今後も精進してまいりたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願い致します。

では。

全1000件(返信記事を除く) | ページ間移動→[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 ]


最大1000件保持 | 投稿レポートON | 管理者宛てEメール | ?ヘルプ

MiniBBS-EX 1.19