ドイツ語質問箱

ドイツ語やドイツ語圏に関するご質問があればこちらにお書きください。できるだけ速やかに返信いたします。
また、メール送信フォームからも質問をお寄せいただけます。
New! ドイツ語特殊文字も入力・表示できるようになりました!!(入力はそれぞれのボタンを押下)
名前
Eメール 返信コール(コメントが付いたらメール連絡)
公開しないでメールを受けたい 公開する又は記入しない
タイトル
本文 改行無効 改行有効


title
本文中にURLがあれば自動的にアンカー(リンク)にする タグ(※1)を有効にする(投稿前に表示確認を)
暗証番号 ←この記事を削除するためです(変更可能)。4桁〜8桁の半角数字のみでご指定ください
設定保存     

(※1) 使えるタグは <B>(強調) <I>(斜体) <U>(下線) <FONT>(装飾) <A>(アンカー) のみです.
   タグを使用するときは「タグを有効にする」のラジオボックスを選択してください 閉じ忘れに注意.
(※2) 投稿後30分以内であれば編集(修正)が可能です.

全 1000 件 [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 ] [最新の状態]
ページ 59 (581〜590)
1) nurの掛り方 2) denn文の中にKommaがあるケース 引用
  2009/6/10 (水) 14:07:57 - Opa - <uemurakz@pearl.ocn.ne.jp> - No.1244610477
またお邪魔いたします。 ペンネームに変更し申し訳ありません。
<ドイツ語の小説を読む@きまぐれな客たち;三修社2005年刊>U-2(P.50)より
1)Von Tieren und von ... Gästen umgeben, nehmen wir nur hin und wieder,....eine
Mahlzeit ein. の nur が einnehmen にかかるのか、 hin und wieder にかかるのか
また、判断基準(規則)のようなものはあるのでしょうか。(著者訳例は「食事を時たま
とるだけなのだ」とあり、私の疑問は氷解しませんでした。)
2)(gemacht),denn wir besitzen kein Bargeld mehr, meine Gehälter<ママ> sind auf
unbestimmte Zeit gepfändet.(の訳し方)「だって、私たちにはもう現金がない『し』
収入『も』無期限に差し押さえられ....」と考えました。(文章の記載順)。
しかし、理屈っぽく言うと「差し押さえ」が原因で「現金がない」が結果のようにも訳
せそうです。 著者訳例は「現金...からだ『。』私の給料は...差し押さえ...いるので
ある」と、原文 Komma は日本語で句点になっています。参考書でも分かりません。

返信1 返信-1
 2009/6/12 (金) 04:04:52 - 田中雅敏 - <mail@X-seminar.net> - No.1244610477.1
Guten Tag!

ご質問ありがとうございました。今回のご質問も、とても考えさせられるものでした。

> 1)Von Tieren und von ... Gästen umgeben, nehmen wir
> nur hin und wieder,....eine Mahlzeit ein.
> の nur が einnehmen にかかるのか、 hin und wieder にかかるのか

通常、nur が主語に次ぐ位置にある場合、述部(動詞句)全体にかかります。定動詞は文
の2番目や1番目に来ますが、不定詞句(主語のない句)ですと動詞(この場合、不定
詞)は末尾に来ます(日本語と同様の語順)。今回の例ですと、[hin und immer eine
Mahlzeit einnehmen](…@)というのが不定詞句です。その不定詞句全体の直前に nur が
置かれて [nur [hin und immer eine Mahlzeit einnehmen]](…A)となり、最後に主語
wir が指定されて、主語が指定されたのちは、不定詞は定動詞として主語の隣にやってき
ます [wir [nur [hin und immer eine Mahlzeit einnehmen]]](…B)→ [wir [nehmen]
[nur [hin und immer eine Mahlzeit ein___]]](…C)
そうすると、Bの状態でわかるように、nur が主語に次ぐ位置にある場合というのは、動
詞句全体(ここでは、hin und immer も副詞句として動詞句の一部に数えています)にか
かっています。動詞句にかかるということは、つまり、その中心である動詞にかかってい
るということです。

それに対して、nur が(動詞句全体ではなく)一部の語句のみにかかる場合には、その対
象語句の直前におかれます。nur eine Mahlzeit となれば「ただ1回の食事」となるで
しょうし、nur wir なら「私たちだけ」となります。

ただし、同じ理屈で hin und immer だけを nur で修飾したい場合に、nur hin und
immer としても、上で書いた [wir [nehmen] [nur hin und immer] eine Mahlzeit
ein___]](…D)となり、見かけ上、Cと変わりませんので、nur が果たして動詞句全体に
かかっているのか、hin und immer だけにかかっているのかが判別できません。そこで、
CとDを区別するために(その必要が大きいときには)、nur hin und immer を本来の位置
からあえてずらして、nur が hin und immer にだけかかっていることを明示します(一
種の「焦点化」です)。
 wir nehmen eine Mahlzeit [nur hin und immer] ein
「本来の位置」と書いたのは、本来は、他動詞とその目的語というのは最も密接な要素な
ので、[eine Mahlzeit einnehmen] というのがひとかたまりになるべきで、おのずと hin
und immer のような副詞句はその目的語(eine Mahlzeit)の前にしか来ないのですが(@
の語順)、あえて、hin und immer を目的語と他動詞の間に割り込む位置に置いて焦点化
し、そこで nur をかける、ということをやります。
あるいは、もっと動かして、wir nehmen eine Mahlzeit ein nur hin und immer とやる
こともあります(「私たちは食事をとる、ただし、それは時たまだけだ」)。この場合、
wir nehmen eine Mahlzeit ein, und zwar nur hin und immmer とも言い換えら
れることになるでしょう。

今回引用くださった文ですと、正確にいえば、nur が動詞(einnehmen)にかかっている
のか(つまり、動詞句全体にかかっているのか)、副詞句(hin und immer)にのみか
かっているのかは判別することは難しいですが、副詞句には焦点化のやり方もあることを
考えると、そうはなっていないことから、動詞にかかっているのかなあと思います。

> 2)(gemacht),denn wir besitzen kein Bargeld mehr,
> meine Gehälter<ママ> sind auf unbestimmte Zeit gepfändet.
>(の訳し方)「だって、私たちにはもう現金がない『し』収入『も』
> 無期限に差し押さえられ....」と考えました。(文章の記載順)。

先行する文脈がわかりませんので、確かなことは言えませんが、この「文章の記載順」の
訳しかたも良いでしょうし、文脈によっては

> 「差し押さえ」が原因で「現金がない」が結果のようにも訳せそうです

「私たちにはもう現金がない『から』ね、だって、給料が無期限に差し押さえられている
ん『だから』」のようにも訳せるでしょうね。

> 原文 Komma は日本語で句点になっています。

これについては、Komma というのは、文と文をつなぐ場合、本来ひとつめの文が終わると
きに Punkt を置きたいところですが、Punkt を置くには強すぎるという場合に Komma で
軽く区切ったのちに次の文を続けて良いことになっています。今回の文章ですと、"
[...], denn wir besitzen kein Bargeld mehr. Meine Gehälter sind auf unbestimmte
Zeit gepfändet." などとやっても良いわけですが、これら2つの文が "denn" に導かれ
てある理由や状況説明をしているという点でひとかたまりとして見なすため、Punkt で区
切ってしまわずに Komma でゆるやかに結びつけています。
その意味で、Komma は弱いながらも文と文の境界線を表しますので、日本語で句点として
訳されているのかもしれません。

あるいは、ひとつめの文を Punkt で終えることはしないで、なおかつ Komma も使わない
でそのまま und でひとつめの文とふたつめの文をつなぐということも可能ですが(denn
wir besitzen kein Bargeld mehr und meine Gehälter sind auf unbestimmte Zeit
gepfändet.)、こうすると、完全に denn が述べようとしている理由・原因の中身が2つ
になり、「現金がないこと」と「給料が差し押さえられていること」の間には因果関係が
なくなってしまいます。

ということは、今回の箇所では und ではなく Komma だというのが、Opaさんご指摘のと
おりに因果関係があるように理解できる大きな点だということになります。なお、実際に
は、ふたつめの文がひとつめの文の理由を表す場合には、nämlich という副詞を添えるこ
とが多いです。
denn wir besitzen kein Bargeld mehr, meine Gehälter sind nämlich auf unbestimmte
Zeit gepfändet.
こうすると、一義的に、denn 以下の部分全体で、denn に先行する部分の理由づけを述べ
ており、さらに nämlich を含む文が、それに先行するひとつめの文の内容についての根
拠の所在を表す、というわけです。

返信2 返信-2
 2009/6/12 (金) 14:10:30 - Opa - <uemurakz@pearl.ocn.ne.jp> - No.1244610477.2
こんにちは田中先生。今回も懇切なご指導、ありがとうございました。
2)denn:非常によく理解できました。今後「読む」場合のみならず「書く」場合にも
思い出しながらdennを使います。
1)nur:正直なところ、ご説明を数回読み直しましたが「絶対大丈夫」というほどには
理解できていない気がします。nurに遭遇する都度、ご説明を踏まえながら解釈にトライ
したいと思います。
余談ながら、真鍋良一先生の『真鍋ドイツ語の世界』を古書ネットで発見し予想通りの
面白さで読んでおりますが、就中『逐語訳』という手法に改めて蒙を啓かれ、以後一字
一句を(重箱隅つっつき型で)すべて訳しきる練習を始めました。すると今までいい加
減に扱っていたKommmaやnur(やauch)などが難しい単語以上に存在感を主張しているよ
うな印象を受けるようになり、質問箱への導火線に火が付きました。
極力自主努力で学習しますがまたご迷惑をおかけした際は何卒よろしくお願いします。

定形の位置 接続詞 引用
  2009/5/31 (日) 14:04:45 - raum - <メール送信> - No.1243745622 - 返信コールON
こんにちは。
接続詞を使った場合の語順について質問です。
どちらでもよい細かい事かもしれませんがよろしくお願い致します。

1)
「この二文を結びなさい」という問いで、
a.Der Shüler ist fleißig.(deswegen)
b.Jeder Lehrer lobt ihn.

→ Der Shüler ist fleißig,deswegen lobt jeder Lehrer ihn.
その生徒は勤勉です、それゆえにこの先生は彼をほめる。
と、したのですが、

解答は、
→ Der Shüler ist fleißig,deswegen lobt ihn jeder Lehrer.
でした。

「jeder Lehrer」「ihn」の格から、どちらが主語になるかはわかるので、
文法的にはどちらでもよいのですか?

2)nicht の場所について

彼は病気なので、きょう学校へ行きません。
→ Weil er krank ist,geht er heute nicht in die Schule.

この文は、nicht を文末に持ってきたら意味は違ってしまいますか?
→ Weil er krank ist,geht er heute in die Schule nicht.

先日、「nicht」「nichts」について質問をしたのですが、
「nicht」のみにしても、
部分否定、全文否定、どこにしたらよいかわからない時があります。


3)訳
Sie arbeiten fleißig,dann haben Sie im Leben Erfolg.

「あなたは勤勉に仕事をする、それから 人生の成功をおさめる(持つ)。」
という意味で合っていますか?



よろしくお願い致します。




返信1 返信-1
 2009/6/1 (月) 06:32:32 - 田中雅敏 - <mail@X-seminar.net> - No.1243745622.1
こんにちは。

> Der Shüler ist fleißig, deswegen lobt jeder Lehrer ihn.
> その生徒は勤勉です、それゆえにこの先生は彼をほめる。

> 解答は、
>→ Der Shüler ist fleißig,deswegen lobt ihn jeder Lehrer.

>「jeder Lehrer」「ihn」の格から、どちらが主語になるかはわかるので、
> 文法的にはどちらでもよいのですか?

※ Der Shüler → Der Schüler ですね。

この場合は,どちらの語順になっても大丈夫です。「この場合」と書いたのは,主語と目
的語がどちらも人称代名詞だった場合(たとえば,主語が jeder Lehrer の代わりに er,
目的語は ihn),主語(1格)のほうが目的語(4格)よりも先行する,という規則があ
りますし([...], deswegen lobt ihn er. とは言えない),他にも,以下で挙げるよう
な語順に関する原則がありますので,場合によるということです。

通常,1格と4格名詞句が同じステータス(人称代名詞どうし,定冠詞つきの名詞句どう
し,不定冠詞句つきの名詞句どうし)のときには,「1格>4格」が原則です(「>」は
先行関係をいいます)。これは,主文の場合,第二位にある定動詞と隣接する位置に主語
が来なければならないという事実に由来します。つまり,

Gestern hat ein Kind eine Frau geholfen.

のような場合,主語は ein Kind であって,eine Frau が主語として解釈されることは難
しいわけです(ein Kind も eine Frau も,形のうえでは主語か目的語が区別できません
が,語順が主語・目的語の働きを反映しています)。

この原則が破られるのが,今回のような場合です。今回のポイントは2つあります。

1)代名詞>非代名詞の名詞句
人称代名詞は,単音節で("Ihnen" だけ複音節),これを「音声的に軽い」といいます。
また指し示す内容も,“代”名詞というぐらいですので,すでにわかっている人・モノを指
します。つまり「情報の重さも軽い」といえます。それに対して非代名詞である名詞句は
音声的に代名詞よりも“重く”,情報の重さも人称代名詞よりはあります。そこで,より“
軽い”代名詞のほうが一般の名詞句よりも左に(順序として先に)くるという原理が働き
ます。似たような現象に,関係節の枠外配置があります(Ich will die Länder, an
denen ich noch nie gewesen bin, besuchen. → Ich will die Länder besuchen, an
denen ich noch nie gewesen bin. <枠外配置>)。

2)定名詞句>不定名詞句
情報の重さ軽さの関連で,定名詞句よりも不定名詞句のほうが後(右)に来るという原理
もあります。当たり前のことを言うようですが,文は時系列として「左から右に」向かっ
て話され(書かれ),また理解されます。ある文を耳にしてそれを理解しようとすると
き,先(語順として左)に登場したことはどんどん忘れ,新しく(語順として右のほう
に)導入されることは新鮮な記憶として残っていきます。つまり,情報上重要なものほど
右に置く必要があります。不定名詞句は文字通り“不定”ですから,文脈上未知のものであ
り(反対に,定名詞句は文脈上,すでに導入済みの要素),定名詞句よりも右に来ること
になります。
なお,人称代名詞は常に「定」ですので,その意味でも,一般の名詞句よりも代名詞のほ
うが左に来やすいというのもここから導かれます。

語順の組み合わせとしては,次のようになります:
(a) 代名詞1格>代名詞4格
(b) 代名詞1格>定(不定)名詞句4格
(c) 代名詞4格>定(不定)名詞句1格
(d) 定名詞句1格>定名詞句4格
(e) 定名詞句1格>不定名詞句4格
(f) 不定名詞句1格>不定名詞句4格
(g) 定名詞句4格>不定名詞句1格

これらをふまえると,[...] deswegen lobt ihn jeder Lehrer という文においては,ihn
が代名詞であるという点で ihn > jeder Lehrer の語順になっているといえますし(これ
で説明は十分なのですが),ihn が定(既知の情報)であるのに対し jeder Lehrer が新
情報であるという点でも,この語順が好まれることがわかります。

なお,すでに書いたと思いますが,jeder Lehrer > ihn という順序も間違いではありま
せん(出現頻度は下がるかもしれませんが)。文法的に格の順序(1格>4格)を守って
いることが重要だからです。音韻的,または情報構造上の語順の規定というのはあくまで
も補助的に「より自然な発話」を生み出すためのもので,文法性を守っている語順が間違
いになるということは(不自然になることはあっても)ありません。

---

> 彼は病気なので、きょう学校へ行きません。
> → Weil er krank ist,geht er heute nicht in die Schule.

> この文は、nicht を文末に持ってきたら意味は違ってしまいますか?
> → Weil er krank ist,geht er heute in die Schule nicht.

この文については,意味が違ってくるともいえますし,意味は違わないともいえます。要
は見かた次第なのですが,大事な点は in die Schule が gehen という動詞にとって義務
的な前置詞句だということです。ご存知のとおり,ドイツ語の【全文否定】は,不定詞句
の中の不定詞(原形動詞)の直前に置かれます。つまり,heute in die Schule nicht
gehen としてやると,「今日学校に行くこと」を全否定するわけです。
ただし,"in die Schule gehen" がひとかたまりで,それ以上分割できないと見る解釈も
可能です。理由は,上で書いたように,in die Schule は「行く」という動作の「行き
先」を表すもので,「行く」という動作にとっては必須のものだからです。そうすると,
【全文否定】の手続きとして,「不定詞の直前に nicht を置く」場合に,分割できない
"in die Schule gehen" というひとかたまりの不定詞(句)の直前に nicht を置いた
"nicht in die Schule gehen" (つまり,文としては Er geht heute nicht in die
Schule.)が【全文否定】であるという解釈も成り立つことになります。ちょうど,"in
die Schule gehen を Auto fahren や aus|gehen のように,分離動詞のように見るとい
う方法です)。

ややこしいのは,それでも,"nicht in die Schule gehen" で【部分否定】の解釈もでき
るという点で(この場合は,in die Schule を動詞 gehen にとって必要な前置詞句では
あるが,結びつきをそれほど強いものとしては見ていない),今回の2つの文は,同じ意
味である(どちらも【全文否定】)ともいえますし,違う(片方は【部分否定】である)
ともいえます。これが,たとえば "nicht heute in die Schule gehen" と "heute
[nicht] in die Schule [nicht] gehen" では([ ] は,どちらか一方のみに "nicht"
が来ることを指します),意味が違ってくるでしょう。

---
> Sie arbeiten fleißig,dann haben Sie im Leben Erfolg.

> 「あなたは勤勉に仕事をする、それから 人生の成功をおさめる(持つ)。」
> という意味で合っていますか?

この場合の dann は「そうすれば〜」というような意味合いに近いと思います。コンマの
直後に置かれて,(接続詞ではないのですが)接続詞のように使われている感じになりま
す。ちょうど Arbeiten Sie fleißig (= Wenn Sie fleißig arbeiten), dann haben Sie
im Leben Erfolg. というのと同じです。典型的には,命令文+ dann で,「〜してくださ
い,そうすれば〜ですよ」という意味でよく使われます。
Gehen Sie hier gleich nach rechts, dann sehen Sie es auf der linken Seite.
「ここを右に行ってください,そうすればそれは左手に見えてきます。」
Fahren Sie am besten mit dem Bus, dann können Sie am schnellsten da sein.
「バスを使うのが一番良いでしょう,それがそこに着くのに一番速いです。」
このような dann の反対は sonst です:
Beeilen Sie sich, sonst kann es sein, dass Sie Ihren Zug verpassen.
「急いでください,さもないと電車に乗り遅れる恐れがありますよ。」

なお,命令文の本来の形は Arbeiten Sie fleißig ですが,それを平叙文の形で言うこと
もあります。特に,du に対する命令文には主語 du は使いませんが(脱落させる)(→
Arbeite fleißig!),Du arbeitest doch fleißiger! などということもあります。

(訳の一例)「一生懸命仕事をしてください,そうすれば人生で成功をおさめることにな
るでしょう」

返信3 返信-3
 2009/6/5 (金) 09:08:59 - Katze - <メール送信> - No.1243745622.3
田中先生

ご回答をありがとうございました。
深いお話ですね。
男性弱変化名詞関連について一気に知識が増えた気がします。
有性物であるか否かによってタイプが違ってくるなんて考えたことすらありませんでした。

> Name はもともとは Namen という形だったようです。

なるほど・・。格変化一覧まで付けていただきありがとうございます。一目瞭然、納得です。

他にも沢山の例を挙げて下さり、本当に感謝いたします。
ドイツ語は難しいですが知れば知るほどに魅了されていきます(^^)

独和・後方一致検索可能な辞書さがし 引用
  2009/2/6 (金) 09:00:36 - ウエムラ カズヒロ - <uemurakz@pearl.ocn.ne.jp> - No.1233878439
後方一致検索が出来る独和辞書をさがしています。(独独も可)
紙の辞書・電子辞書・パソコン辞書など形態の如何は問いません。
ネットで「逆引き」があった、と思ったら「和訳語からの『逆引き』」でした。
こういうのではなく、例えば、brechen と入れたら、ab-,durch-,ver- 等すべての
brechen グループが出てくる、ようなイメージです。
hueber 社から出ている「4000 deutsche Verben;ihre Formen und ihr Gebrauch」で
類似の作業が可能ですが、いかにもまどろっこしく、もっと迅速な検索をしたいので
こういうものの存在をご存知なら教えて戴けると幸甚です。

返信1 返信-1
 2009/2/7 (土) 02:04:13 - 田中雅敏 - <mail@X-seminar.net> - No.1233878439.1
こんにちは。ご質問ありがとうございました。

ご希望の「後方一致検索」が出来るものとしては、CD-ROM で配布されている独和辞典で
は『クラウン独和辞典』(三省堂)があります。これは手元に持っていますので確認しま
した。後方一致オプションがあり、たとえば "brechen" で後方一致検索すると ab-,
an-, auf-, aus-,... と分離動詞が出てきます。この辞書には電子辞書搭載版もあります。

CD-ROM で配布されている独和辞典はそもそも多くなく、他には CD-ROM版で『新ロボワー
ド アクセス独和辞典』(三修社)があります。これは手元には現物を持っていないので
すが、「後方一致検索」は可能のようです(参考:http://www.a2001.com/shop/sanseido
/dokuwa.html)。なお、この『新ロボワード アクセス独和辞典』は、無料オンライン版
もあり(http://www5.mediagalaxy.co.jp/sanshushadj/)、こちらでは後方一致検索オプ
ションやワイルドカードによる検索は出来ないものの、今回のような基礎語に前つづりが
ついて分離動詞ができるような「関連語」は、基礎語(たとえば "brechen")の項目の本
文中に「関連語」が一覧で記載されていることがわかります。それから、この辞書にも、
電子辞書搭載版があります。

あと、これは持っていませんので確認できないのですが、『独和大辞典』(小学館)にも
電子辞書用の辞書ソフトがあります。電子辞書の特徴(長所)として、ワイルドカードや
多彩な検索オプションがこの辞書にも用意されているのだとは思います(が、はっきりし
たことは言えません。すみません)。

独独で私が確認できるのは Duden Deutsches Universalwörterbuch の電子辞書用ソフト
です。こちらはたとえば "*brechen" と入れると(ワイルドカード)、ab|brechen,
an|brechen などがヒットします。

参考になれば幸いです。

返信2 返信-2
 2009/6/3 (水) 11:44:51 - 上村和弘 - <uemurakz@pearl.ocn.ne.jp> - No.1233878439.2
(お詫び)2月にご回答頂いていながらサイトを覗かなかったために気がつかず大変失礼
しました。お詫びして御礼申し上げます。68歳の前期認知症に免じてください。
(公開しないでメールを受けたい)にチェックを入れたらよかったのかも知れませんね
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
手持ちの電子辞書(カシオXD-GW7150)の取説を改めて読み直し、搭載されているドイツ
語(小学館・大、三省堂・新コンサイス、OXFORD-Ger/EngとEng/Ger)その他英語系もす
べてワイルドカード検索とブランクワード検索が可能なことが分かりました。
前方不明文字を複数として(=ブランクワード検索)brechen をサンプル検索してみる
と、前綴りを伴った abbrechen などは無論ヒットしますが gebrechen などもヒットす
るのは致し方のないことと割り切れば十分に合目的的と思います。
(電子辞書の)この機能をこういう目的に使える、ということは、メーカ技術者には当た
り前すぎることなのでしょうが、辞書ひきマニアが直観的(直截的)に気がつく、とい
う取説もしくは紹介記事ではないような気がします。(爺のヒガミかも)
いずれにせよ、使いこなしていなかった機能に気付かせて頂いた恩人に感謝致します。
因みに、XD-GW7150の旧版のXD-L7150にはこの機能はありません。
年金暮らしの無聊を一人学習で慰めているアマチュアのため疑問続出です。またお尋ね
した際は無礼者扱いせずに何卒よろしくお願いいたします。Danke, sehr!
2009.6.3

返信3 返信-3
 2009/6/3 (水) 12:39:16 - 田中雅敏 - <mail@X-Seminar.net> - No.1233878439.3
Guten Tag!

メッセージをありがとうございました。
私のコメントが参考になったようで何よりです。返信がなかったので,それで納得いただ
いたか,何らかの解決につながったのだと思っておりましたので,お気になさいませんよ
うに。
無事にご希望の操作方法にたどり着けたようで良かったです。電子辞書は,単語の検索が
速いだけでなく,どんどん単語から単語にジャンプしていけますし,今回のような単語の
一部を使っての検索も得意で,紙の辞書にはない便利さがありますね。

なお,投稿していただいた内容に返信コメントが付いた場合に,自動的に投稿者にメール
で連絡がいくようにするには,投稿者のメールアドレスを記入するところの右にある「返
信コール(コメントが付いたらメール連絡)」というのにチェックをします。ぜひご利用く
ださい。(「公開しないでメールを受けたい」というのは,この掲示板システムを使って
どなたかが投稿者にメールを書こうとするとき,掲示板上には投稿者のメールアドレスが
出ず伏せてある状態で,メールを書こうとする人は投稿者のメールアドレスを知らないま
まメールが送れるというためのものです。)

今後とも,ご質問や疑問がありましたら,投稿をお願いします。今後も,いろいろと意見
交換や情報交換ができますことを楽しみにしております。(田中雅敏)

返信4 返信-4
 2009/6/3 (水) 14:22:27 - 上村和弘 - <uemurakz@pearl.ocn.ne.jp> - No.1233878439.4
ご懇篤な対応に衷心より感謝します。

定冠詞 引用
  2009/5/24 (日) 11:58:23 - raum - <メール送信> - No.1243133903 - 返信コールON
・お金なしでは彼は何も買えない
・わたしはコーヒーの代わりにお茶を買います

Ohne Geld kauft er nichts.
Ich kaufe Tee statt kaffee.

こういった場合は、Gelt, Tee, Kaffee には定冠詞はいらないのですか?
前置詞の勉強をしていて、3・4格支配みたいなところをやっていたらでてきた例文です。


また、nicht の nichts 使い方の違いがわかりません。
全文否定のつもりで、最後尾に nicht が来ると思ったら、
解答では、nichts になっていました。


よろしくお願いします。

返信1 返信-1
 2009/5/24 (日) 16:05:38 - 田中雅敏 - <mail@X-Seminar.net> - No.1243133903.1
こんにちは。ご質問ありがとうございました。以下,回答します。参考になれば幸いです。

> ・お金なしでは彼は何も買えない
> ・わたしはコーヒーの代わりにお茶を買います
> Ohne Geld kauft er nichts.
> Ich kaufe Tee statt kaffee.

> こういった場合は、Gelt, Tee, Kaffee には定冠詞はいらないのですか?

 冠詞には定冠詞と不定冠詞がありますが,この「定」「不定」の区別は,文字通り,
「いま話題にあがっている個体(人・モノ)がどれか」が特定できるかどうかを示すもの
です。それと同時に,不定冠詞にはもうひとつ,「単数」を表すという機能もありますね。
 ある名詞に対して「いまは単数,いまは複数」のように「数」を指定できるというの
は,その名詞が「数えられる名詞」であるということを表しています。反対に言うと,
「数えられない名詞」は冠詞でその数を示すということができません。つまり「数えられ
ない名詞」は無冠詞で使うということです。
 今回挙げてくださっている名詞 Geld, Tee, Kaffee は,いずれも「数えられない名
詞」です。自動車を1台所有している人がもう1台購入すると2台を所有することにな
り,2台の車を融合させて1台の車に仕立て上げるということはやりません。しかし,
コーヒーの場合,コーヒーの上からコーヒーを加えてもそれはコーヒーであって,混ぜた
瞬間にその境目がわからなくなり,ひとつのまとまりになってしまいます。このように,
液体は「数えられない名詞」の典型的なものですが,数えられない名詞を,うえの自動車
の例のように境目をはっきりさせるには「容器」を使い,容器の数でもってその数を数え
ます。つまり,液体を数える場合は容器を数えているのであり,液体そのものを数えてい
るわけではありません(というか,数えられません)。
 Geld も,通貨単位や紙幣などの形では数えることができますが「お金」という概念的
なものは数えられません。
 なお,「数えられない名詞」は,数えることはできなくても,特定することはできま
す。この場合は定冠詞がつきます。この場合,「お金」のような概念的なものを「手にと
れる形での一定量のお金のまとまり」と見るのであり,「コーヒー」の場合でも「手にと
れる形(つまり容器に入っているような形で)」で見ていることになります。たとえ
ば,Der Kaffee ist kalt. 「このコーヒーは冷めてしまっている」 などのような使いか
たをすることはできるわけです。

 例に挙がっている文の2つ目の文: Ich kaufe Tee statt kaffee. を定冠詞つきで
Ich kaufe den Tee statt den Kaffee. とする場合には,特定のコーヒーや紅茶,つまり
実際にパックいりの粉コーヒーや紅茶のティーバッグを手にしており,「このコーヒー
パックを買っても良いんだけど,それよりはこちらの紅茶パックを買おう」といった状況
が考えられます。そうではなくて,単に「紅茶派として紅茶を買う,コーヒー党として
コーヒーを買う」というような「種類」に関わる場合には無冠詞になるということです。

> また、nicht の nichts 使い方の違いがわかりません。
> 全文否定のつもりで、最後尾に nicht が来ると思ったら、
> 解答では、nichts になっていました。

nichts は,品詞としては代名詞(不定代名詞)で,名詞的なものです。それに対し
て,nicht は副詞であり,動詞や形容詞を打ち消します。nichts は名詞的ですから,動
詞の目的語や文(動詞)の主語になります。ここでは,kaufen という動詞が使われてお
り,その目的語が必要ですので,nichts kaufen 「何も買わない」ということになりま
す。kaufen が他動詞ですので,直接目的語が必要で,それを nichts で表している,と
考えると良いでしょう。
 たしかに,nicht kaufen 「買うという行為をしない」と,nichts kaufen 「何も買わ
ない」は同じことを表しているような気になりますが,本来 nicht kaufen は「『買う』
という行為そのものをしない」という意味であり,nichts kaufen は「『買う』という行
為はするのだが,その対象物がない」ということで,論理的には違ったことを表していま
す。たとえば,文を Er kann nicht kaufen. と Er kann nichts kaufen. に変えて考え
てみると良いかもしれません。前者だと,目的語がないため,kaufen は「買うという行
為そのもの」を指します。この場合,まだお金の使いかたをしらないような1歳児が主語
なら言えそうです。後者は,お金を使える成人が主語で,買うという行為はできるのだ
が,しかしお金を持っていないために何も買えない,ということが表されていると考えら
れないでしょうか。

返信2 返信-2
 2009/5/24 (日) 16:41:27 - raum - <メール送信> - No.1243133903.2
すごくわかりやすく、説明を頂きありがとうございます。
nicht , nichts わかりました!


また、問題集からの質問なのですが、
「文中の名詞を複数になおしなさい」という問題で、
解答は理解できたのですが、

Die Lehrerin versteht den Sutudenten.
→ Die Lehrerinen verstehen die Studenten.


この問題文じたいの、

den Studenten というのは、おかしいのではないかと思っています。

Studenten は複数形なので die Studenten になるか、
Student が単数ならば den Student になるのでは??

問題のミスなのでしょうか、
それとも私が文法を見落としてるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。






返信3 返信-3
 2009/5/29 (金) 03:58:32 - 田中雅敏 - <mail@X-Seminar.net> - No.1243133903.3
> Die Lehrerin versteht den Sutudenten.
> → Die Lehrerinen verstehen die Studenten.

> Studenten は複数形なので die Studenten になるか、
> Student が単数ならば den Student になるのでは??

たしかに,Studenten は男性名詞 Student の複数形ですので(女性名詞の Studentin の
複数形は Studentinnen),Studenten が die という定冠詞を伴っているときには一義的
に複数形だとわかりますね。
それで,den Studenten のほうですが,実はこの形で合っているのです。定冠詞が den
ですので,男性名詞 Student の4格(目的格)であることになります。Student は次の
ような格変化をします(ポイントは,定冠詞の変化で格変化を表すだけでなく,名詞自体
も形が変わるという点です)。

【Student】
単数
1格 der Student
2格 des Studenten
3格 dem Studenten
4格 den Studenten
---
複数
1格 die Studenten
2格 der Studenten
3格 den Studenten
4格 die Studenten

なんと,単数1格を除いて,全部同じ形,名詞の語尾に -en が付きます。このような名詞
は,男性名詞に限られており(下記,唯一の例外が das Herz),かつ,有生物(人間や
動物など命のあるもの)を指す名詞に限られているようです。男性名詞2格で本来付くは
ずの語尾 -(e)s も付かず,-en という弱い語尾変化になっていることから,このような
名詞を「男性弱変化名詞」と呼ぶことになっています。
男性弱変化名詞の見分け方は,複数形もすべて -en である(という上記の表を参照して
ください)ことから,複数形が -en型である男性名詞,かつ,有生物を指すもの,という
ことで可能だと思います。なお,唯一の例外が中性名詞の das Herz で,これは次のよう
な変化となります(例外というのは,まず中性名詞だということと,単数2格が -en とい
う弱い語尾になった上でさらに -s が付くという点です):

【Herz】
単数
1格 das Herz
2格 des Herzens
3格 dem Herzen
4格 das Herzen
---
複数
1格 die Herzen
2格 der Herzen
3格 den Herzen
4格 die Herzen

なぜこのような「男性弱変化名詞」があるかというと,古いゲルマン語において,これら
の語(男性弱変化名詞に属する名詞)はもともと -n という語尾を持っていたようです。
それが時代が下るにつれて消えたのですが,格変化のところではまだ残っているというこ
とのようです。なお,現代ドイツ語では,単数3格と4格においては語尾の -en を使わな
い傾向も高まってきてはいますが,それも口語のときのみで,書き言葉ではまだ弱変化が
規範的だと思います。

2009年05月29日 投稿者補足
以下の「返信-6」で書きましたように、上記の「これらの語はもともと -n という語尾を
持っていた」というのは、むしろ、有生物ではない Name や Glaube などの男性名詞につ
いての記述になっているかもしれません。男性弱変化名詞の変化については、たとえば、
形態の話として(決して自然の性の話ではなく)有生物の男性形から女性形が作られると
いうことから、有生物の男性名詞が素性として強いものを持っているために、形態上は弱
くなるといったことなのかもしれません。

返信4 返信-4
 2009/5/26 (火) 22:39:29 - raum - <メール送信> - No.1243133903.4
そうだったんですね!
言葉の由来を教えて頂けると、覚えやすいです!

さっそく、自分でも男性弱変化名詞しらべてみました。
納得です。。。
すっきりです。


お忙しい中、ありがとうございました。

返信5 返信-5
 2009/5/28 (木) 09:11:16 - Katze - <メール送信> - No.1243133903.5
こんにちは。
「男性弱変化名詞」について便乗質問です。

田中先生の返信記事(das Herz が例外であること)を拝見してふと思出だしたのが、男性名詞
である「der Name」です。
こちらも単数2格が「des Namens」という形になりますが、これも「例外」と見なしてよろしい
のでしょうか?
また、これと同様に、「男性弱変化」であって且つ「単数2格が -s」となる名詞が他にありま
したら(沢山ある場合は代表例を)お教えいただけるとありがたいです。
よろしくお願い致します。

返信6 返信-6
 2009/5/29 (金) 03:51:11 - 田中雅敏 - <mail@X-seminar.net> - No.1243133903.6
こんにちは。

> 男性名詞である「der Name」です。
> こちらも単数2格が「des Namens」という形になりますが、これも「例外」と
> 見なしてよろしいのでしょうか?

上でも書きましたように、男性弱変化名詞に属するのは、複数形語尾が -(e)n であると
いうこと(同時に単数形の2,3,4格にも同じ -(e)n の語尾が付く)とあわせて、有生物で
あることが条件のようです。私は歴史的変遷を専門にするわけではありませんので、あま
り詳しいことはわからないのですが、この話は、「有生物」で「男性名詞」というのがポ
イントのような気がします。つまり、有生物ならば自然の性、つまり男性と女性があり、
これらの女性形は男性名詞を元に形態が決まってくる(der Student - die Studentin,
der Held - die Heldin など)ということから、形態的な意味では有生物の基本形は男性
名詞だということです。なにか、このタイプに属する名詞だけが特殊な位置づけをもって
いて、名詞そのものの属性が強いために、変化形態としては弱い形で表れているのかもし
れません。

それに対して、今回挙げてくださっている der Name のような名詞は、有生物ではありま
せんので、タイプとしては別のようです。Name はもともとは Namen という形だったよう
です。ですから、本来は

【Name】(※古形)
単数
1格 der Namen
2格 des Namens
3格 dem Namen
4格 den Namen
---
複数
1格 die Namen
2格 der Namen
3格 den Namen
4格 die Namen

となっており、単数2格の語尾 -s は、もともとの形 Namen に(いわば普通の手続きで)
付いたものだと考えられそうです。その意味で、前回の raumさんへの
私の回答で「なぜこのような『男性弱変化名詞』があるかというと,古いゲルマン語にお
いて,これらの語(男性弱変化名詞に属する名詞)はもともと -n という語尾を持ってい
たようです。」と書いたのは、むしろこのような Name タイプの名詞の話で、男性弱変化
名詞に対する説明ではなく、私の理解不足・認識不足かもしれません。

Name においては、現代語では、単数1格においてのみ、語末の -n が脱落し、他の部分で
はすべて -n が保持されているということです。複数形のほうは「単複同形」というわけ
です。

なお、

> これと同様に、「男性弱変化」であって且つ「単数2格が -s」となる名詞が
> 他にありましたら(沢山ある場合は代表例を)お教えいただけるとありがたいです。

Name と同じ変化をするものにつきましては、
der Name, der Gedanke, der Glaube, der Friede, der Wille, der Schade, der Funke,
der Haufe, der Same があることがわかっています。

お願いします 引用
  2009/5/12 (火) 18:20:17 - 千晴 - <sphd6459@polka.ocn.ne.jp> - No.1242120017 - 返信コールON
Liebe Herz Traum Himmel Luft Oase Horizont
の発音方法をカタカナで教えてください。
多くてすみません。

返信1 返信-1
 2009/5/13 (水) 02:29:32 - 田中雅敏 - <mail@X-seminar.net> - No.1242120017.1
Guten Tag!
ご質問ありがとうございました。
以下、それぞれの単語の発音をカタカナで表記すると、以下のようになるのではないかと
思います。なお、本来、ドイツ語の発音を日本語(のカタカナ)で表記するのは限度があ
りますので、「あえてカタカナで書くと一番近い音はこうなる」という意味でご理解くだ
さいね。ドイツ語の発音を表記するカタカナ表記は,ドイツ語の原音と必ずしも「一対
一」対応ではないということです。

Liebe = リーベ
Herz = ヘルツ または ヘァツ
 ※ /r/ の音を巻舌のラ行のように発音すると前者。/er/ をひとまとまりにして
  発音すると後者(たとえば,男性に使う敬称の Herr は「ヘァ」ですし,男性
  名詞の人称代名詞は er 「エァ」です。あるいは Computer 「コンピュータァ」
  の末尾音も同様です)。
Traum = トラウム または トラオム
 ※ /au/ という二重母音は,そもそも /u/ の音を日本語の「ウ」よりもはるかに
  唇をすぼめて発音するため,日本人の耳には「『ウ』と『オ』の中間的な音」
  に聞こえるといわれています。そこで(人によっては)「 /au/ を『アオ』と
  発音すると,ドイツ語としてそれらしく聞こえる」という理由で「アオ」と
  発音する場合もあるということです。
Himmel = ヒムメル または ヒメル
 ※ /m/ は,口を閉じて /n/ を発音する要領のもので,息が鼻から抜けます。
  カタカナの「ム」に一番近いということになるのでしょうが,ただし日本語式
  の「ム(つまり母音の /u/ が含まれてしまう)」になってしまう恐れがあり
  ますので避けたいところであり,あえて書くと,パソコンでは表記できません
  が「ム」を小さく書く(促音の「っ」や拗音の「ゃ」などのように)か,ある
  いは /mm/ をひとかたまりにしてしまって /mme/ で「メ」とする(後者)方法
  があるかと思います。
Luft = ルフト
Oase = オアーゼ
Horizont = ホリツォント

以上,部分的に※印で補足を書いていますが,このように補足しなければならないのは,
最初に書いたようにドイツ語の音をカタカナで表すことの限界から来るものです。もちろ
ん,カタカナでドイツ語の発音を表記することは,日本人がドイツ語の単語(の発音)に
より親しむために有意味な面もありますので,それ自体を否定してしまうものではありま
せんが,慣れてきたらカタカナ表記に頼らないようにするということも必要かなと思いま
す。(田中)

性別がわかりません 引用
  2009/4/30 (木) 23:00:04 - Yonezawa - <yonezawa@admi.iriso.co.jp> - No.1241100004
ビジネスでドイツの会社(ドイツ人)と英文でやり取りすることになりました。
先方とはメールでのやり取りだけで性別がわからず、Mr.なのか
Msなのかわからず、メールで本人に確認するのも失礼かと思い
困っております。

アドバイスいただきたく宜しくお願い致します。

相手の方の名前は、  Uhlmann, Florian です。

宜しくお願い致します。

返信1 返信-1
 2009/5/1 (金) 00:21:23 - 田中雅敏 - <mail@x-seminar.net> - No.1241100004.1
はじめまして。ご質問ありがとうございました。
たしかに,相手の方の性別を直接たずねるのはしにくいですね。
自信がないときには,敬称として Mr./Ms. Florian Uhlmann のように併記しておけば,
ご本人は次のメールで Mr. Florian Uhlmann と記してくださると思います。

なお,Florian さんというお名前は男性です。男性名 が -an で終わり,それに対応する
女性名が -a で終わるという名前も少なくありません(たとえば,Julian (男性) -
Julia (女性),Johann (男性) - Johanna (女性))。Florian さんという男性名に対して
は Floria さんという女性名があります。もちろん,Susan さんという女性名もあります
ので,-an で終わると常に男性名というわけではないのですが。

UNICODEでのウムラウト入力(メール)について 引用
  2009/3/20 (金) 10:22:26 - Katze - <メール送信> - No.1237512146 - 返信コールON
田中先生、こんにちは。
大変お忙しいこととお察ししますので、ご回答はずっと先でOKです。

早速本題ですが、私は複数のドイツ人とのメール交換を頻繁にしているのですが、今まで
はエンコード方式を"ISO-8859-1"に設定、及びキーボードを「ドイツ」に設定し、難なく
ウムラウト付き文字も打てていました。

ところが最近、日本語を学習している友達が日本語(漢字と平仮名)とウムラウト付き文
字を一緒に織り交ぜてメールを書いてくるようになりました。
文字コードを見ると、"UNICODE(UTF-8)"となっています。
メール表示に何ら問題は無く、日本語もウムラウト付き文字もちゃんと同じメール内で正
しく表示されています。

しかしそのメールに返信しようとすると、ウムラウト付き文字が入力できずに困っていま
す。
ウムラウト付き文字を入力する時だけキーボード設定を「ドイツ」にしても全く文字が入
力されませんし、かといって日本語キーボード設定のままAltキーやShiftキーを色々使っ
てみてもウムラウト付き文字は現れてくれません。(これは当然ですね...)

というわけで、現在は友達のメールに書かれているウムラウト付き文字をコピー&ペース
トしての入力しか方法が無い状態です。

この問題について先生は何か対策方法をご存じでしょうか?
(ちなみにメーラはBecky!を、OSはWin-XPを利用しています。)
ネットで検索してもなかなか回答となる情報を得られなかったのでここに書かせていただ
きました。
ご存じのことがありましたら、どうかお時間のある時に(G.W頃になれば落ち着かれます
でしょうか?)ご回答をお願い致します。

返信1 返信-1
 2009/3/23 (月) 03:09:09 - 田中雅敏 - <mail@X-seminar.net> - No.1237512146.1
Katzeさん,こんにちは。

私も同じメーラーを使っておりますので,同じ問題はずっと抱えています。私も,同じよ
うに,特殊文字の部分だけを他からペーストしたり,ドイツ語の文面部分を,ISO-8859-1
で作っておいて,その文面を UTF-8 の作成画面にペーストしたりしています。

Outlook Express などの他のメーラーだと問題ないのでしょうが,Becky! では,コード
ページを 65001 に指定しても,なぜかドイツ語の特殊文字が出ないのですよね(ネット
で調べると,ポルトガル語やフランス語でもドイツ語と同じ現象になっているようで
す)。和欧混在の文面を作成(入力)する場合において(Becky! でも,Unicode のメー
ルの表示は問題ないですね),日本語の文字列を入力するときは 65001 のままで良いと
して,欧文の文字列を入力しているときには 1252 が使えると良いのですが,そのように
同時に複数のコードページが指定されるのはナンセンスかもしれませんし,少なくとも
現段階の Becky! では,そのような複数コードページの共存ができない仕様になっている
と思います。
Becky! を使い続ける場合は,今後のこの点の改善を待つしかないのだと思います。私
も,他に何か良い方法があれば(プラグインなど),知りたいと思っているところです。

返信2 返信-2
 2009/3/23 (月) 09:25:36 - Katze - No.1237512146.2
田中先生、お忙しい中早々にご回答をありがとうございました。
先生も同じ問題に悩んでいらっしゃいましたか!

Becky!はかゆいところに手が届くメーラ(=技術的にも機能的にも先進的なメーラ)だとばか
り思い込んでいたので、かなり意外でショックでした。
でもそのようなこだわりのあるメーラであるだけに「複数コードページの共存はナンセンス」と
いう仕様になっているのかもしれませんね・・。

しかし最近はドイツの通販会社もUNICODEで通知メールをくれることが多かったり、何かと幅を
きかせている感は否めません。
やはりBecky!の仕様改善を待つしかないですね。

それでは、取り急ぎお礼まで。

Erzaehlzeit 引用
  2009/3/1 (日) 04:09:32 - schiri - No.1235848172
こんにちは

お久しぶりです。Schiriです。お元気でしょうか。
私は細々ながら継続的にドイツ語の勉強をしております。

で、早速質問させていただきたいのですが、ミスプリではないのかと思わせるのです
が、判断しかねる文があります。赤色の文法書「Hueber社 Uebungsgrammatik」のS.21に
載っている問題の解答文でS.331に載っているものです。下記の文です:
Kaum hat die eine Haelfte des Gefaehrts auf dem Anghaenger gelegen, war sie
auch schon wieder heruntergerutscht.

文脈がわかりやすいように少し前の部分も書きます
Auf seinem Anhaenger befand sich ein Leichtmotorrad. Mitten auf der Kreuzung
loeste sich die Befestigung und es fiel herunter. Der Mopedfahrer erschrak
heftig und stieg sofort ab. Auf den stark befahrenen Strassen entstand sofort
ein Stau. Ungluecklicherweise regnete es auch noch in Stroemen. Dem
Mopedfahrer gelang es nicht, das Moped wieder auf seinen Anhaenger zu laden. –
es klappte einfach nicht. Kaum lag die eine Haelfte des Gefaehrts auf dem
Anhaenger, rutschte sie auch schon wieder herunter.

これらの文を現在完了形にして解答しなさいという問題ですが、最後の文の「kaum lag
die eine Haelfte.........schon wieder herunter.」の文の解答の時制がよく理解でき
ません。

小学館 独和大辞典のKaumの項に載っている例文では:
Kaum hatte er das Haus erreicht, fing es an zu regnen.

とありkaum 文が過去完了形、後続文が過去形になっています。文脈的にもおかしくな
く、
Kaum 文が先行して起きて、後続文が時間的に後続して起きています。

しかし
Kaum hat die eine Haelfte des Gefaehrts auf dem Anghaenger gelegen, war sie
auch schon wieder heruntergerutscht.
この文の場合はkaum文が現在完了、後続文が過去完了で時間進行が実際と逆になってい
ないでしょうか? この文の場合もkaum文が先行して起きている事象なので、現在完了
と現在完了若しくは、問題文のように過去形と過去形のように同じ時制にするか、辞書
のkaumの例文の様にkaum文を過去完了、後続文を現在完了にしないといけないような気
がするのですが、まだ判断できない状況であります。文法書の解答文が間違っていて、
私の考えが正しいのか、それとも私が間違っているのかわかりません。ご教示して頂け
ますでしょうか?

それと、この文章中の単語のdie eine Haelfteはどのように解釈したらよいのでしょう
か?
MopedfahrerのMopedと、牽引車に載せている軽二輪があって、そのうちの片方という意
味で使っているのか、それとも牽引車に載せている軽二輪の前の半分(後ろ半分)を指し
ているのでしょうか?つまり日本語に訳すと「バイクの前の(後ろ)半分がかろうじて牽
引車に乗ったところで、再び滑り落ちた。」
なんとなく後者があってそうな気がしますが、わかりません。

別件なんですが、ひとつ下の質問の後方一致検索なんですが、わたしもDuden
Deutsches UniversalwörterbuchのCD-ROMを持っていてパソコンにインストールしていま
す。
田中先生のものは"*brechen" と入力すると brechenの分離動詞がでてくるとあります
が、
何故か私のは出てこないんです。アスタリスクとbrechenを入力しても全くなにも出てこ
なくて、不思議です。田中先生のはどのバージョンのでしょうか?うちのは「PC-
Bibliothek Express 2.1, Revision 17」です。何か設定をしなくてはいけないのでしょ
うか? 調べられると便利だと思うので、何か分かる事がありましたら教えていただけ
ませんか?

長々と失礼しました。よろしくお願いします。

返信1 返信-1
 2009/3/4 (水) 17:07:48 - 田中雅敏 - <mail@X-seminar.net> - No.1235848172.1
こんにちは。ご質問ありがとうございました。

今回のご質問に答えるにあたり,まずは独和大辞典(小学館)から引用くださっている例
文を使って kaum の構文について考えてみます。

> Kaum hatte er das Haus erreicht, fing es an zu regnen.

kaum を「〜するやいなや」の意味で使う構文の場合,kaum という語そのものの意味が
「ほとんど〜ない」や「かろうじて」という日本語に対応することから考えて,「ある瞬
間において,ほとんど〜できていない/かろうじて〜できた」という意味合いになるのが
土台になっています。つまり「ある時点」を見ています。そのことは,Kaum 〜, als ...
というように,kaum を述べる参照時点を als という接続詞で規定できることからもわか
ります。

さて,上記の例文の場合,2つの文を時制の観点で分類してみると,

(i) kaum文の時制 = als文の時制
  Kaum erreichte er das Haus, als es anfing, zu regnen.
(ii) kaum文の時制 > (先行) als文の時制
  Kaum hatte er das Haus erreicht, als es anfing, zu regnen.
(iii) kaum文の時制 < als文の時制
  Kaum erreichte er das Haus, als es angefangen hatte, zu regnen.

この中で,(iii) についてですが,als文が kaum文の事象よりも時間的に先行しているの
は変です。als文で規定する時点よりも後に起こる事象については何も言えないからで
す。ですから,(i) のように同じ時制にするか,(ii) のように kaum文のほうを時間的に
先行させる(als文で述べられている事象が起こった時点で,すでに kaum文で述べられて
いる事象が起こっていた)か,いずれかが適切ということになります。これは,Schiri
さんが書いてくださっている通りですね。
実際には,この参照時点を表わす als を省略して使われることがあります。
(i)' Kaum erreichte er das Haus, fing es an, zu regnen.
(ii)' Kaum hatte er das Haus erreicht, fing es an, zu regnen.

今回のご質問の一文についても同様です。「Schiriさんの推測通りだと思います」という
ので回答は終わるのですが,いちおう。

> Kaum lag die eine Haelfte des Gefaehrts auf dem Anhaenger, rutschte sie
> auch schon wieder herunter.
(文脈を広めに提示くださり助かります)

herunterrutschen のほうの文を als文にして,参照時点としてみます。選択肢とし
て,2つの文の時制を同じにするか,kaum文の事象のほうを先行させるかのいずれかで
す。現在完了形を含む文にするのが今回の設問の指示ですので,そのようにしてみます:

(iv) Kaum hat die eine Hälfte des Gefährts auf dem Anhänger gelegen, als sie
auch schon wieder heruntergerutscht ist.
  = Kaum hat die eine Hälfte des Gefährts auf dem Anhänger gelegen, ist sie
auch schon wieder heruntergerutscht.
(v) Kaum hatte die eine Hälfte des Gefährts auf dem Anhänger gelegen, als sie
auch schon wieder heruntergerutscht ist.
  = Kaum hatte die eine Hälfte des Gefährts auf dem Anhänger gelegen, ist sie
auch schon wieder heruntergerutscht.

この文で大事なのは,kaum文の主語と,als文の主語が同じものだということです。そう
すると,ある時点(als文が規定する時点)でずり落ちてしまったものが,同じ時点で荷
台にまだ載っているというのは論理的には不可能です。ただし,ドイツ語の現在完了形は
幅が広いので,(iv) で2つの文の事象が "同時に" 起こっているとは,そこまでは厳密
には述べていないので,大丈夫なのだとは思いますけど。ですから,(iv) は文法的には
正しくても論理的に不自然になる可能性があります。(v) だとまったく問題ないでしょ
う。ある時点でずり落ちてしまったものが,その直前まではかろうじて荷台に載っていた
というわけですから。

なお,後半の文の主語が sie (= die eine Hälfte) ではなく,es (= Moped, das
Gefährt) という場合だと,(iv) もまったく問題なくなります。
Kaum hat die eine Hälfte des Gefährts auf dem Anhänger gelegen, ist es auch
schon wieder heruntergerutscht.

いずれにしても,

> Kaum hat die eine Haelfte des Gefaehrts auf dem Anghaenger gelegen, war sie auch
> schon wieder heruntergerutscht.

はかなり不自然だと思います。

> それと、この文章中の単語のdie eine Haelfteはどのように解釈したらよいのでしょうか?
> MopedfahrerのMopedと、牽引車に載せている軽二輪があって、そのうちの片方という
> 意味で使っているのか、それとも牽引車に載せている軽二輪の前の半分(後ろ半分)を
> 指しているのでしょうか?

文中に Leichtmotorrad というのがありますが,これは Moped を指していると考えて良
いでしょう。荷台に2種類の二輪車あって,その片方を指して Hälfte というのはおかし
いと思います。die eine Hälfte des Gefährts = die eine Hälfte des Leichtmotorrads
= die eine Hälfte des Mopeds ということで良いかと思います。つまり,Moped の半身
です。

> つまり日本語に訳すと「バイクの前の(後ろ)半分がかろうじて牽引車に乗ったところ
> で、再び滑り落ちた。」
> なんとなく後者があってそうな気がしますが、わかりません。

この解釈で良いのだと思います。

> 別件なんですが、ひとつ下の質問の後方一致検索なんですが、わたしもDuden
> Deutsches Universalwörterbuch
> のCD-ROMを持っていてパソコンにインストールしています。
> 田中先生のものは"*brechen" と入力すると brechenの分離動詞がでてくるとありますが、
> 何故か私のは出てこないんです。

書き方が悪かったかもしれませんね。私が "*brechen" として検索できると書いたの
は,Duden Deutsches Universalwörterbuch を電子辞書で使った場合です。同じソフトを
パソコン上で使うとどうかというのは試したことがないのですが,Schiriさんのご報告に
よると,おそらくそれはできないのでしょうね。ソフトは同じだとしても,電子辞書で使
うのかパソコン上で使うのかで,それを動かすシステムが違うのでしょうか。少なくと
も,電子辞書の場合は PC-Bibliothek というシステムは使っていないと思います。一
応,ソフトウェアのバージョンは,いま手元にないのでわかりませんので,わかりそうで
あれば後で調べて追記しておきます。

返信2 返信-2
 2009/3/5 (木) 07:42:01 - schiri - No.1235848172.2
ありがとうございます。

かなり細かく説明して頂いたお陰で、理解するのにはやや時間がかかってしまいました
が 「〜するや否や」の意味のkaum文に関してはマスターしたのではないかというほどよ
く分かりました。

dudenの辞書はこの辞書に付属しているCD-ROMではなく、これの電子辞書があるんです
ね。完全に認識不足でした。
ちなみに「後方一致」とか「後方一致検索」といったドイツ語はどのように表現するの
でしょうか? rückとかzurückとかが語頭に来そうなきがしますが、これらの前つづり
に +「探す」の意味をもつ単語をいくつか組み合わせて辞書を調べましたが乗っていま
せんでした。

他の方の質問も面白いので、本当に質の高い掲示板ですね。

返信3 返信-3
 2009/3/5 (木) 22:43:35 - 田中雅敏 - <mail@X-seminar.net> - No.1235848172.3
> 他の方の質問も面白いので、本当に質の高い掲示板ですね

おかげさまで、みなさんから貴重な、興味深いご質問をお寄せいただいておりますので、
私としても毎回とても良い勉強になり、刺激をいただいております。このような意見交
換、情報交換の場を長く続けていきたいと思います。

> ちなみに「後方一致」とか「後方一致検索」といったドイツ語は
> どのように表現するのでしょうか?

Suffixsuche という言いかたもあるようですが、それよりは Rückwärtssuche というのが
一般的なようです。その反対(前方一致検索)は Vorwärtssuche です。

返信4 返信-4
 2009/3/6 (金) 07:54:59 - schiri - No.1235848172.4
ありがとうございます。

自分の予想と結構近かったんですね。でも教えて頂いた単語はDudenには載って
いませんでした。なかなかドイツ語圏でも使用頻度が低い言葉なんでしょうね。

>おかげさまで、みなさんから貴重な、興味深いご質問をお寄せいただいておりますの


今回の私の質問はあまり面白みには欠けていたかもしれませんね。結局はただの
誤植だったので。
別のテキストに載っている物で、ミスプリではないと思われるもので、疑問に
思っている物がいくつかあるので投稿してみたいと思います。

今回はありがとうございました

全1000件(返信記事を除く) | ページ間移動→[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 ]


最大1000件保持 | 投稿レポートON | 管理者宛てEメール | ?ヘルプ

MiniBBS-EX 1.19