ドイツ語質問箱

ドイツ語やドイツ語圏に関するご質問があればこちらにお書きください。できるだけ速やかに返信いたします。
また、メール送信フォームからも質問をお寄せいただけます。
New! ドイツ語特殊文字も入力・表示できるようになりました!!(入力はそれぞれのボタンを押下)
名前
Eメール 返信コール(コメントが付いたらメール連絡)
公開しないでメールを受けたい 公開する又は記入しない
タイトル
本文 改行無効 改行有効


title
本文中にURLがあれば自動的にアンカー(リンク)にする タグ(※1)を有効にする(投稿前に表示確認を)
暗証番号 ←この記事を削除するためです(変更可能)。4桁〜8桁の半角数字のみでご指定ください
設定保存     

(※1) 使えるタグは <B>(強調) <I>(斜体) <U>(下線) <FONT>(装飾) <A>(アンカー) のみです.
   タグを使用するときは「タグを有効にする」のラジオボックスを選択してください 閉じ忘れに注意.
(※2) 投稿後30分以内であれば編集(修正)が可能です.

全 1000 件 [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 ] [最新の状態]
ページ 76 (751〜760)
Das Nibelungenlied 1 ( 3-56 ) 引用
  2005/11/20 (日) 07:55:40 - Ssai-to - No.1132440780
3. Aventiure:Wie Siegfried nach Worms kam

56 Da sagte der Fuerst Siegmund:"Deine Worte verdriessen mich. Denn
wenn man am Rhein davon erfuehre, dann wuerde man Dich erst gar nicht
in das Land hineinlassen. Ich kenne Gunther und Gernot naemlich schon
lange."


領邦君主 ジグムント
そこでそのとき 申されて

「 汝の言葉 不快なり
というもラインの 人々に
聞き及びたるに よるなれば
まずは一度も 彼の土地に
汝や入れたる なしとかや

我はグンター ゲルノート
久しく今まで いや識りぬ 」


(1) 本文入力法のことですが、 コロン(:) の前後は スペース を
入れるのですか。
(2) erfuehre は erfahren の接続法ですか。
(3) man は2つありますが、ライン地方の人々のことですか。

返信1 返信-1
 2005/11/20 (日) 16:10:28 - 田中雅敏 - <mail@daisuki-doitsu.info> - No.1132440780.1
こんにちは。
すみません、投稿内容に特に問題がないとき、コメントを付けずにそのままにしてしまっ
ていることがありますが、そのようなときは次に進めてください。

>(1) 本文入力法のことですが、 コロン(:) の前後は スペース を
> 入れるのですか。

コロン (Doppelpunkt, Kolon) やセミコロン (Strichpunkt, Semikolon) の場合は、記号
の直前にはスペースを入れず、後ろにのみ入れます。
また、ダッシュ (Gedankenstrich) の場合には、その前後ともにスペースを入れるのが普
通です。

>(2) erfuehre は erfahren の接続法ですか。

はい、その通りです。接続法U式ですね。ここでは「もしも」の話をしていますので、
「仮定法(非現実話法)」の用法として使われています。

>(3) man は2つありますが、ライン地方の人々のことですか。

man は「一般的な人」を指す「不定代名詞」ですが、形は1格形しかないのが特徴です。
「一般的に人は〜」というような場合に使われます。一度 man という語を導入すれば、
後続の文でたとえば er などで置きなおすといったことができないため、man が一度使わ
れると、そのまま man を繰り返すことになります。ですから、ここでは副文で一度、そ
のまま主文でも続けて man が繰り返され、2度登場しているわけです。なお、"man" と
いう形態は1格形しかないわけですが、他の格にしたいときはどうするかというと、3格
は einem、4格はeinen を使います。また所有代名詞には sein- を使います。
 今回の文中では am Rhein という修飾語がありますので、意味的にはおっしゃるとおり
「ライン地方の人々」と解釈して良さそうです。
 もちろん、ここで言われている「ライン地方」というのは、具体的にはグンテル王の治
めるブルグント国のことで、第6詩節に「彼らの居城はライン河畔のヴォルムスにある」
とあります。

Das Nibelungenlied 1 ( 3-55 ) 引用
  2005/11/18 (金) 12:39:55 - Ssai-to - No.1132285195
3. Aventiure:Wie Siegfried nach Worms kam

55 "Wie kann uns das stoeren?" sagte da Siegfried. "Was ich von ihnen
nicht im Guten bekomme, das werde ich durch Tapferkeit erlangen. Ich
traue es mir zu, ihnen Herrschaft und Land mit Gewalt abzunehmen."


「 それが我等に 如何ほどの
差し障りなぞに なりましょう 」

ジークフリート 言うならく

「 彼等にとって 私が
好ましからざる 者なるは
それ吾が勇の なせるわざ

彼等が領地 領国を
武力で奪う 自負もあれ 」


(1) "Wie kann uns das stoeren?" は "Wie kann das uns stoeren?"
 とはならないのですか。
(2) Ich traue es mir zu, ihnen Herrschaft und Land mit Gewalt
abzunehmen." の
(イ) zu は英語の too と考えて良いですか。
(ロ) mir の役目は何ですか。

返信1 返信-1
 2005/11/18 (金) 14:29:22 - 田中雅敏 - <mail@daisuki-doitsu.info> - No.1132285195.1
こんにちは。

>(1) "Wie kann uns das stoeren?" は "Wie kann das uns stoeren?"
> とはならないのですか。

非常によい質問ですね。たしかに、通常の語順ですと、das = 主語、uns = 目的語ですか
ら、主語のほうが目的語よりも先に登場することが多いですね。
 ここでは、敢えて【倒置】されているのは、uns を強調したいからであると思われま
す。「最強かつ最も勇敢な騎士を擁するわが国、この我ら(にとって、そんなことは何の
障害になりましょう」というニュアンスです。おっしゃるとおり、通常の語順とは違う語
順になっているからには、そこには何らかの意味合いがあるわけです。

>(2) Ich traue es mir zu, ihnen Herrschaft und Land mit Gewalt abzunehmen." の
> (イ) zu は英語の too と考えて良いですか。

zu は2箇所ありますが、ich traue es mir zu の zu だと思いますので、こちらについ
て回答します(2つ目の zu は zu不定詞句の zu ですので説明は不要ですね)。
これは、zu|trauen という動詞(ドイツ語文法の用語に従えば【分離動詞】」)を形成す
る一部となる【分離前つづり】です。
 jemandem(3) etwas(4) zutrauen 「〜 (人)に能力などがあると信じる」
という表現です。trauen という動詞だけでも「信じる、信用する」という意味がありま
すが、zu|trauen では「ある人に〜の能力が備わっていることを信じる」という意味にな
ります。

>(ロ) mir の役目は何ですか。

上の zu|trauen の話の続きになりますが、mir はすなわち zu|trauen の3格目的語で
す。Ich traue mir es zu... で「私は、自分に〜の能力があることを信じている<自負
している>」という意味になります。
※すでに「自負」という言葉を用いて訳されていますので、説明する必要はなかったかも
しれませんが、一応ご質問に忠実に書いてみました。

なお、Was ich von ihnen nicht im Guten bekomme, das werde ich durch Tapferkeit
erlangen. の部分については、原意に沿って解釈するならば、

 im Guten = 好意的に
 etwas im Guten bekommen = 〜を好意的にもらう
 erlangen = 獲得する

前半の [Was ich ... bekomme] の部分は、関係副詞 was に導かれた副文で「私が彼ら
(グンテル王たち)から好意的に譲ってもらうことのできないモノ」というように、全体
として「名詞的な」ものを形成しています。
後半は、その [Was ich ... bekomme] を再度 das で受けなおしており、そこから主文が
始まります。「そのようなものは、勇気・勇敢さでもって獲得いたします」
(確かではありませんが、先方が好意的に渡してくれそうにないものにはクリームヒルト
も含まれているのでしょうね)。

返信2 返信-2
 2005/11/18 (金) 22:34:52 - Ssai-to - No.1132285195.2
返信を有難う御座います。

「 彼等にとって 私が
好ましからざる 者なるは
それ吾が勇の なせるわざ

のところは bekommen を考え過ぎていました。

「 彼らなるもの 好意にて
得る能わざる ことならば
我、剛勇もて 奪うべし

で良いですか。( 先ほどの書き込みを、ちょっと訂正しました。 )

返信3 返信-3
 2005/11/20 (日) 07:33:55 - Ssai-to - No.1132285195.3
暫く返信を頂きませんので、 OK が出ているものと勝手に解釈致し
まして、次へ進みます。一応、このスレッドの分の清書をしておきます。


55 "Wie kann uns das stoeren?" sagte da Siegfried. "Was ich von ihnen
nicht im Guten bekomme, das werde ich durch Tapferkeit erlangen. Ich
traue es mir zu, ihnen Herrschaft und Land mit Gewalt abzunehmen."


「 それが我等に 如何ほどの
差し障りなぞに なりましょう 」

ジークフリート 言うならく

「 彼らなるもの 好意にて
得る能わざる ものならば
剛勇をもて 奪うべし
彼らが領地 領国を
武力で奪う 自負もあれ 」


※ ちょっと、また改訂してあります。

speichern 引用
  2005/11/13 (日) 08:40:42 - Mai - No.1131838842
こんばんは、また質問させていただきたいのですが・・・
タンデムパートナーになった人から、このようなメールが届きました。
Kannst du mir bitte deine Webseite Adresse schicken. Das letzte mal schrieb
ich dir aus dem ○○○ und konnte die Webseite speichern!!!

○○○はこの人の職場の名前です。
「君のホームページアドレスを送ってくれない?この前君に○○○で手紙を書いてたら
ホームページを記憶できた。」と訳したのですが、どうして記憶できたのにアドレスを
改めて送らないといけないのか疑問です。

よろしくお願いします。

返信1 返信-1
 2005/11/13 (日) 14:25:44 - 田中雅敏 - <mail@daisuki-doitsu.info> - No.1131838842.1
こんにちは。
状況から察するに、そのタンデムパートナーの方は、Mai さんのウェブサイトアドレス
(URL)を会社のパソコンのブラウザに登録したいと思われているということでしょう
かね。

あと、確認なのですが、Mai さんはご自身のウェブサイトアドレスをそのお相手に教えた
ことはないという前提でよろしいですか?(つまり、このたび、お相手は初めて、アドレ
スを教えてくれるように言ってきた)

この文脈から読み取れる範囲で考えてみます。

文章の大まかな意味は、Mai さんが訳されているとおりなのですが、問題は一番最後にあ
る die Webseite がどのウェブアドレスを指しているかですね。たしかに、直前に deine
Webseite Adresse とあり、それを speichern (保存) できたのであれば、それ以上教え
てくれという必要はないですね。もし、以前、Mai さんは一度アドレスを教えて、その人
もパソコンに保存していた、それなのに「また」教えてほしい、というのであれば、noch
einmal などと書くはず。
 (参考)Kannst du mir bitte noch einmal deine Adresse schicken.

また、文法的にいって、もし1行目の deine Webseite Adresse と2行目の die
Webseite が同じものを指していれば、後者は sie という人称代名詞で置き換えるのが普
通です。
 (参考)Kannst du mir bitte deine Adresse schicken
[...] ich konnte sie speichern.

しかし、ここでは noch einmal という言葉もなく、また sie ではなく die Webseite と
あることから、おそらくですが、これは deine (=Mai さんの) Adresse ではなく、また
別のアドレスのことを指しているのではないかと思います。

何か、メールのほかの箇所で、別のウェブサイトの話などありませんでしたか?

いろいろと状況は想像するときりがないですが、たとえば、

そのお相手の方は Maiさんのアドレスを聞いてぜひ登録(保存)しておきたい→でも、会
社のパソコンは(場合によるが)管理者以外の人は設定が変えられないようになっている
こともあり、ブラウザのブックマーク(お気に入りサイト一覧)も編集できないように
なっていることがある→でも、他のアドレスの話だが、たしかにかつて自分で保存できた
サイトがあった→ということは、Mai さんのアドレスだって保存できる!→だから教えて

というのが一例です。

すみません、最後のシミュレーションは妄想?ですが、要するに、
 (1行目) deine Webseite Adresse = (2行目) die Webseite
と解釈してしまうと、

> どうして記憶できたのにアドレスを改めて送らないといけないのか疑問

疑問ですので、そうではなくて別のサイトの話が出ていれば、解釈もしやすいと思うわけ
です。何か参考になれば幸いです。

返信2 返信-2
 2005/11/13 (日) 21:46:12 - Mai - No.1131838842.2
田中様、有難うございました。私が言葉足らずだった為に、いろいろ状況を考えていた
だき、お手数をおかけして申し訳ありませんでした。たぶんこのタンデムパートナーは
私のホームページを見てメールをしてきたのだと思います。私は、あるドイツ人向けの
掲示板に書き込みをした時に自分のホームページのアドレスをいれました。メールアド
レスは入れませんでした。自分のホームページに「日本に関する質問に答えます。」と
書いてメールアドレスを表示してるので、それを見てメールをくれたのだと思います。
この人の職場のパソコンは有害?サイトは開かないようになってるのかしれませんね。


>また、文法的にいって、もし1行目の deine Webseite Adresse と2行目の die
>Webseite が同じものを指していれば、後者は sie という人称代名詞で置き換えるのが
>普通です。
> (参考)Kannst du mir bitte deine Adresse schicken
>[...] ich konnte sie speichern.

>しかし、ここでは noch einmal という言葉もなく、また sie ではなく die Webseite
>とあることから、おそらくですが、これは deine (=Mai さんの) Adresse ではなく、
また別のアドレスのことを指しているのではないかと思います。

>何か、メールのほかの箇所で、別のウェブサイトの話などありませんでしたか?

田中様の言われるように別のアドレスのようにも思い始めました。この人とは、まだ1
回しかメールをしてないのですが、その時、日本語の助詞のページを紹介しました。
http://www.tc.umn.edu/%7Eemme0007/particletable_genki.pdf
これのことかもしれませんね。でも私、自分のページのアドレスを送ってしまいまし
た。

ほんとうに、いろいろ考えていただき有難うございました。

ドイツ語で色を教えて 引用
  2005/11/13 (日) 09:22:02 - 稲垣敏博 - <メール送信> - No.1131841322 - 返信コールON
白・黒・赤のドイツ語を教えてください

返信1 返信-1
 2005/11/13 (日) 14:03:55 - 田中雅敏 - <mail@daisuki-doitsu.info> - No.1131841322.1
こんにちは。
色の表現については、「○○色の〜」のような【形容詞】と、「○○色(という色)」の【名
詞】表現の2通りをおさえておく必要がありますので、ここでも両方ご紹介します。

白・・・
 「白い〜」 weiβ
 「白色」 das Weiβ
※形容詞のほうはすべて小文字、名詞で使う場合には語頭を大文字にします。
※また、名詞の場合、ドイツ語の名詞には{男性名詞/女性名詞/中性名詞}という3つ
の文法上の性がありますので、色彩名詞はすべて中性名詞に割り当てるというルールか
ら、das という定冠詞をつけますが、冠詞をつけずに Weiβ だけでも使えます。<以下、
黒と赤も同様>
※Weiβ の語尾の -β- については、本当は「エスツェット」と呼ばれるもので、ギリシア
語のアルファベットである「ベータ」とは異なるものです。しかし、この掲示板ではその
文字が出せませんので "β" で代用しています。正しくは、「エスツェット (Eszett)」と
いうドイツ語の特殊文字をお使いください。

黒・・・
 「黒い〜、黒色の〜」 schwarz
 「黒色」 das Schwarz

赤・・・
 「赤い〜、赤色の〜」 rot
 「赤色」 das Rot

Das Nibelungendlied 1 ( 3-54 ) 引用
  2005/11/11 (金) 08:59:14 - Ssai-to - No.1131667154
お願いします。

3. Aventiure:Wie Siegfried nach Worms kam

54 Selbst wenn es sich um niemanden anderen als Hagen, den Helden,
handelte - der allein ist bereits so verwegen und stolz, dass ich
schon aus diesem Grunde grosse Angst habe, es koennte fuer uns schlimm
ausgehen, wenn wir uns aufmachen, um die schoene Jungfrau zu werben."


他ならぬこれ ハーゲン公
一人をとって 見てみても
是すでにして 図太くも
不遜の限り にて我も
はやくもすでに 此れが故
大なる不安 抱きたり

斯の美姫求め 娶(めと)らんと
致せし折りの 我らには
好ましからぬ こととなれ。 」


※ この長い文章の構造はどうなっていますか。
主語は es koennte の es ですか。

返信1 返信-1
 2005/11/12 (土) 15:01:05 - 田中雅敏 - <mail@daisuki-doitsu.info> - No.1131667154.1
ずっと気がつきませんでしたが、毎回の表題になっている "Nibelungen(d)lied" の (d)
は不要です。いつからか途中に入り込んでしまったようですね。

今回の4行は、たしかに長いですが、意味的な切れ目を見つけることができます。ドイツ
語は、文をいちいち Punkt "." で閉じなくても、Komma でずっと続けていくことができ
ます。ですから、場合によっては Komma が文の切れ目を意味することもあります。

切れ目を考えるとすれば、まず、
 Selbst wenn es sich um niemanden anderen als Hagen, den Helden, handelte -
のところでしょう。"―" は Gedankenstrich(ダッシュ)ですが、ここで一呼吸おかれま
す。この Selbst wenn ... の節は副文ですので、普通なら次に主文が続く場合はその主
文は動詞が主語よりも先行する(倒置)はずです。
 (参考) [Wenn es morgen regnet], bleibe ich zu Hause.
しかし、ここでは、後続する文ではそのような(定動詞第二位のルールによる)倒置が起
こっていません。
 der allein ist bereits ...
これは、通常の語順です。つまり、"Der (Held) allein ist bereits..." という風に、
普通の平叙文の語順になっています。このことから、先の "Selbst wenn..." の部分は、
Gedankenstrich によってそこで閉じられてしまっていると考えられます。独立した挿入
句(ここでは、話の「前置き」として)のような感じでしょう。
→「あの勇士ハゲネ以外の者のことは考えなくても(=あの勇士ハゲネ一人だけを考えて
みても)」

Der (Held) allein ist ... 以下は、さらに大きくわけて2つの文が Komma でつながれ
て列記されています。その2つとは、

(a) Der allein ist bereits so verwegen und stolz, dass ich schon aus diesem
Grunde grosse Angst habe.

(b) Es koennte fuer uns schlimm ausgehen, wenn wir uns aufmachen, um die
schoene Jungfrau zu werben.

です。(a) の文は、"so 形容詞..., dass 〜" の構文で、「そんなにも(形容詞)なの
で、〜である」(または「〜であるぐらい(形容詞)だ」と解釈してもよい)という構文
です。
(例) Es war auf der Strasse so dunkel, dass ich fast nichts
sehen konnte. 「通りはほとんど何も見えないぐらい真っ暗だった」
→「あの勇士はとても図太く高慢なので、私はそのことを非常に心配している」

(b) の文は、副文部分が wenn wir 〜 zu werben までです。"um die schoene Jungfrau
zu werben" という zu不定詞句は aufmachen という動詞の具体的内容を表しています。

返信2 返信-2
 2005/11/12 (土) 15:59:07 - Ssai-to - No.1131667154.2
すみませんでした。タイトルの誤植は次回から直します。

御説明を有難う御座います。
訳出の方は、合っているようですか。

返信3 返信-3
 2005/11/12 (土) 16:33:58 - 田中雅敏 - <mail@daisuki-doitsu.info> - No.1131667154.3
訳されている中の

> (前略)我も はやくもすでに 此れが故 大なる不安 抱きたり

という部分で、「はやくもすでに」というのがちょっと「何に対して早くもすでに」なの
かがわかりにくいかもしれません。

Der (Held) [=Hagen] allein ist bereits so stolz.... ich habe schon grosse Angst.

で、allein --- bereits --- schon というつながりになっています。
まず、allein と bereits の組み合わせの部分に関しては、「ハゲネ一人でさえすで
図太く高慢な(厄介な)ヤツなのだから、他の連中も合わせると、あのグンテル王
のところは非常に危険だ」・・・・などというニュアンスをもう少し強く出せればなお良
いかと思います。

そして、schon の部分は、"aufmachen, um die schoene Jungfrau zu werben" とあるよ
うに、これから Kriemhild にアプローチを開始するわけですが、その行動をまだ起こし
ていない今の段階ですでに不安を感じている(先行きが不安である)というようなことが
もう少し表現できると、さらに深みが増すのではないかと感じました。

あと、

> 好ましからぬ こととなれ

の部分は、

es koennte fuer uns schlimm ausgehen...

接続法(仮定法)が使われていますので、「ひょっとしたら〜になるかもしれない」「〜
にならぬとも限らない」という具合に表現したほうがより適切かと思います(断言を避
け、遠まわしにいう言い方(婉曲表現))。もちろんすでにこのような意味合いを含めて
訳されておられるのかもしれませんので、そのときはこの意見は無視してください。

その他は、訳されているもので良いと感じました。

返信4 返信-4
 2005/11/13 (日) 06:05:54 - Ssai-to - No.1131667154.4
suggestion を有難う御座います。最初の訳出は、やはり何だか
間延びがしていましたので、全面改訂です。

54 Selbst wenn es sich um niemanden anderen als Hagen, den Helden,
handelte - der allein ist bereits so verwegen und stolz, dass ich
schon aus diesem Grunde grosse Angst habe, es koennte fuer uns
schlimm ausgehen, wenn wir uns aufmachen, um die schoene Jungfrau
zu werben."


他ならぬ此れ ハゲネ公
一人を見ても はや既に
高慢不遜の 限りなり

是れなるに我 はやくにも
大なる不安 抱き居り
斯の美姫求め 娶(めと)らんと
致さん折に 我らはも
難儀なことに 相成らめ。 」


※ これで合って来ていますか。

返信5 返信-5
 2005/11/13 (日) 13:52:45 - 田中雅敏 - <mail@daisuki-doitsu.info> - No.1131667154.5
私も、改訂版のほうが良いと感じました。

久しぶりにカキコです。 引用
  2005/11/11 (金) 22:13:48 - Schiri - No.1131714829
こんにちは、
またよくわからない(全然分からない)事がありまして、久しぶりに書かせて頂きます。

文法も、意味も?で困ってます。まず文を:
ich bin immer fuer ein abendessen zu haben... nur darf es nicht so
excluseive sein 
weil ich momentan das leben eines au pairs fuehre, was da bedeutete ich
habe immmer keine zeit und trotzdem kein geld haha.

メールに書かれている文の抜き出しなんですが、特に「weil ich momentan...」 の前が
25%ぐらいしかわかりません。ここの zu haben sein は =erhaeltlich sein と考える
のはやはり間違いですよね? やはり義務の表現なのでしょうか? でも haben の目的語が
見つかりません。
excluseive sein は「〜は除く」みたいな意味なのでしょうか?

例えば fuer ein abendessen は haben の物(?)なのか。
nur darf es nicht so...の es は非人称なのかそれとも Abendesse?? なのか、等です。
それとここの nur は「〜だけ」の意味ではないような気がするのですが、よくわかりません。

一応、文脈などを頼りにして、自分なりにわかる範囲で訳を書きます。
「私は今オペアとして生活を送っているので、いつも夕飯の支度をしなくてはならない、そして
サボってはならない(?)。つまりそれは(was da bedeutete)、時間がなくて、その上金も
無い」(時間が無いと言うことは働いていて、お金を稼いでると普通の人は考えるが、そうでは
なくてお金がない。)

宜しくお願いします。

返信1 返信-1
 2005/11/12 (土) 16:34:11 - 田中雅敏 - <mail@daisuki-doitsu.info> - No.1131714829.1
こんにちは。
文脈の背景などの予備知識がありませんので、想像の範囲で、文法的に考えてみます。
文脈と照らし合わせて、うまく解釈が合致していれば幸いです。

まず、
 (1) ich bin immer fuer ein abendessen zu haben...
ですが、

> zu haben sein は = erhaeltlich sein と考えるのは

たしかに、"zu haben sein" は "erhaeltlich sein" の意味になります。
(例) Solche Kleidung ist kaum zu haben. 「そんな服はなかなか手に入らない」
ヒトを主語にすることもできます。この場合、人間を「手に入れる (haben) 対象物」と
して見ることになり、実際、次のような例で使われます:
(例) Ich bin schwer zu haben. 「私を(恋人などとして)手に入れるのは難しいよ」

さて、ここにさらに fuer etwas という前置詞句が加わると、「自分は〜のために入手さ
れる」→「自分を〜のために提供する(捧げる)」→「自分は〜のための人間である」→
「自分は〜が好きな人間である」という論理から、「〜がとても好きだ」という意味にな
ります。
(例) Ich bin fuer ein gutes Wein zu haben. 「私はおいしいワインに目がない」

そこで、今回の文でいいますと「私は夕食というものが大好きだ」ということが述べられ
ているのではないかと考えられます。

次に
(2) nur darf es nicht so excluseive sein
の部分ですが、nur には「〜だけ」という意味の拡張として、日本語では「ただ〜だ」と
訳せるような意味合いもあります。
 また "excluseive" は英語のつづりのまま使ってあり、"exclusive" のスペルミスだと
思われます。これに対応するドイツ語単語は "exklusiv" でいずれも「高級な」という意
味があります(元々の「排他的な」という意味から転じて、「庶民感覚を排除するぐらい
の高級な」という意味になったのでしょう)。なお、英単語は exclusive です
が、ドイツ語で exklusive と書くと「前置詞(副詞)」になります。しかし、
exklusive sein というのはおかしいので、ここでは形容詞の exklusiv の意味で使われ
ていると思います。exklusiv ≒ exclusive
 主語の es は ein Abendessen のことであると考えてよさそうですね。
→「私は夕食というものが好きだが、ただ、それ(夕食)はそんなに高級であってはなら
ない」

後半の解釈は、訳されているとおりでよいのではないかと思います。

> つまりそれは(was da bedeutete)、時間がなくて、その上金も無い」
>(時間が無いと言うことは働いていて、お金を稼いでると普通の人は考えるが、
> そうではなくてお金がない。)

Au Pairプログラムで滞在しているということは、働きつつ生活しており、時間に追われ
て忙しくしているのだが、それにもかかわらず(trotzdem)実際にはお金のほうはなかな
か貯まらないということでしょう。私も Schiri さんの解釈と同感です。

返信2 返信-2
 2005/11/12 (土) 23:11:45 - Schiri - No.1131714829.2
有難うございます!

教えていただいた解釈で見事に意味が100%わかりました!
もう一度、辞書をよーく見てみたら独独辞典に詳しくのっていて、いくつか用法があるうち、
fuer etw. zu haben sein = etw. sehr gerne moegen
という意訳されたものを発見できました。

fuer etw. zu haben sein には「好き」という意味になる言葉(moegen,wollen,gerne
usw)がありませんが、やはりニュアンスとしては「おいしいワインには目が無い」、「おいし
いワインの虜だ」、「私は、おいしいワインのために生きている(ようなものだ)」 といった
感じなのでしょうか。日本語でも「好き」という言葉を使わずに「目が無い」、「虜である」、
「首ったけだ」という言葉などを使って「好き」という意味が言えるのと、きっと同じなのでし
ょうね。
意訳をせずに、ニュアンスも感覚的に理解したいと思っていますが、やはり中々難しいです。

excluseive が英語でexclusive の間違いだとはすぐに分かったんですが、副詞の 
exklusive と思いこんでいました。わかれば意味は簡単なのに、本当に紛らわしいと思いまし
た。
本当にありがとうございました。まとめてすべて覚え込みます。

Das Nibelungendlied 1 ( 3-53 ) 引用
  2005/11/7 (月) 06:05:27 - Ssai-to - No.1131310842
お願いします。

3. Aventiure:Wie Siegfried nach Worms kam

53 "Wenn Du nicht davon ablassen willst", sagte da der Koenig,"dann
freue ich mich aufrichtig ueber Deine Zielstrebigkeit und will Dir,
so gut ich es irgend vermag, dabei helfen, das Vorhaben zu einem
guten Ende zu fuehren. Dennoch warne ich Dich:Koenig Gunther hat
viele stolze Gefolgsleute.


「 汝その儀 是が非にも
無みせざるの 心なれ 」

申されここに 父王は

「 如かして汝の ひたむきな
心根まこと 喜ばし
然らばともかく 我にても
善処の手立て 有るにより
其処ごと助く にて汝
めでたき末を 期すべきぞ

如くはあれども やはり我
汝に言って 置きたきは
グンター王には 数多く
誇りも高き 臣下あれ


(1) Du, Dir, Dich と大文字で書き始めてあるのは何故ですか。
(2) will Dir, so gut ich es irgend vermag, dabei helfen, das Vorhaben
zu einem guten Ende zu fuehren. の構造を御説明下さいませんか。

返信1 返信-1
 2005/11/8 (火) 14:39:05 - 田中雅敏 - <mail@daisuki-doitsu.info> - No.1131310842.1
>(1) Du, Dir, Dich と大文字で書き始めてあるのは何故ですか。

これは、古くは書き言葉では【親称】の du やその複数形の ihr の変化形を含む一連の
代名詞を大文字で書いていた風習によるものです。現行の「ドイツ語新正書法」では、du
と ihr (の一連の変化形)の大文字書きは廃止になりましたが、今でも敬称の Sie は大
文字で書きます。これは同じつづりの sie があるので紛らわしいという理由もあります
が、それと同時に2人称(呼びかけの相手)は大文字で書き、強調するという意味もあり
ます。現代でも、手紙やメールなどの私信でも【親称】の人称代名詞を大文字書きする風
習は残っています(ただし正書法では原則として小文字で書くことになっていますが、ま
だまだ従来の習慣に従って書く人が多いです)。
なお、以前の第1−16にも Du の大文字書きが出ていました。

>(2) will Dir, so gut ich es irgend vermag, dabei helfen, das Vorhaben
> zu einem guten Ende zu fuehren.

will で始まっているのは、もちろん ich の省略です。直前に freue ich とありますの
で、その ich をそのまま引き継いでいます。
 次に、[so gut ich es irgend vermag] の部分は【挿入句】で、補足的なものです。で
すから、まずはこの部分を省略して考えると良いでしょう。
 なぜ [so ... vermag] が挿入句とわかるかといいますと、まず Komma で区切られてい
ることもありますし、また動詞 helfen が3格目的語をとる(jemandem helfen 「〜に手
助けする」)ため、[ich] will Dir dabei helfen というまとまりを考えなければならな
いからです。そうすると、[so gut ... vermag] の部分はそれらの間に挟まっている【挿
入句】ということがわかります。
 最後の [das Vorhaben ... zu fuehren] は、zu不定詞句ですので、どこかを修飾して
いるはずですが、その先行詞は dabei です。前にも話にでましたが、da-(bei) などの
da- は必ずどこかにその具体的内容が書かれているはずです(もしくは【直示 Deixis】
として文脈的にわからないといけません)。
 そこで、
 [ich] will Dir dabei helfen, das Vorhaben zu einem guten Ende zu fuehren.
 「その決意が良い結末まで導かれるように、私はお前に手助けしよう」

 さて、最後に【挿入句】の部分についてですが、これは
 so gut [wie] ich es irgend vermag
のように、[wie] が省略されていると考えるとわかりやすいと思います。「so 形容詞
wie 〜」の構文は、「〜であるのと同様に<形容詞>だ」というものです。つまり、"ich
es irgend vermag" (私が何かしらできる)だけのこと(so gut wie...)をしよう、と
いうわけです。自分ができる能力と同じだけの分量を提供するというわけですね。→「で
きる限りのことを」

あと、最後の viele stolze Gefolgsleute の stolz の解釈ですが、ich warne Dich
「警告しておく、これだけは言っておく」というのがありますので、あまり良いことを警
告するのではないはずです。そうすると stolz は「高慢な、思い上がった、うぬぼれ
た」という意味(悪い意味の使い方)もありますので、「グンテル王には思い上がった家
来たちがたくさんいる(ので気をつけろ!)」と警告しているとも考えられます。

参考になれば幸いです。

返信2 返信-2
 2005/11/8 (火) 21:21:00 - Ssai-to - No.1131310842.2
解説を頂き、有難う御座います。

親称の書き出しの大文字書きにつきましては、心象の強調で
あろうとは思っていたのですが、過去すでに質問済みであった
ことは、すっかり失念していました。すみません。


und will Dir, so gut ich es irgend vermag, dabei helfen, das Vorhaben
zu einem guten Ende zu fuehren. Dennoch warne ich Dich:Koenig
Gunther hat viele stolze Gefolgsleute. のところは・・・


然れば汝 我にても
其処ごと成就 する日まで
何かと手立て 尽くすべし

如くはあれども やはり我
汝に言い置く ことぞ有り
グンター王には 数多く
傲慢不遜の 家来あれ


で合っていますか。

返信3 返信-3
 2005/11/9 (水) 12:03:10 - 田中雅敏 - <mail@daisuki-doitsu.info> - No.1131310842.3
これで良いのではないかと思います。

返信4 返信-4
 2005/11/9 (水) 16:50:27 - Ssai-to - No.1131310842.4
OK の comment を有難う御座います。一応、以下に清書します。


53 "Wenn Du nicht davon ablassen willst", sagte da der Koenig,"dann
freue ich mich aufrichtig ueber Deine Zielstrebigkeit und will Dir,
so gut ich es irgend vermag, dabei helfen, das Vorhaben zu einem
guten Ende zu fuehren. Dennoch warne ich Dich:Koenig Gunther hat
viele stolze Gefolgsleute.


「 汝その儀 是が非にも
無みせざるの 心なれ 」

申されここに 父王は

「 如かして汝の ひたむきの
心根まこと 喜ばし
然れば汝 我にても
其処ごと成就 する日まで
何かと手立て 尽くすべし

如くはあれども やはり我
汝に言い置く ことぞあり
グンター王には 数多く
傲慢不遜の 家来あれ


ということで、次へ進みます。

Der Holle Rache 引用
  2005/11/5 (土) 23:33:19 - 怪しいおやぢ - No.1131201200
初めて書き込みます。
ギャグでドイツ語を学習している怪しいおやぢです。

23伺いたいことがあり書き込みした。
ちなみにウムラウトは面倒なので省略しています。

1.MozartのDie Zauberfloteで最初に

Der Holle Rache kocht in meinem Herzen.

とありますが、
HolleもRacheも女性名詞なのに何故定冠詞がderになるのかよくわかりせん。

これは実は

Der Holle Rache kocht es in meinem Herzen.

とesが省略されているためでしょうか。

2.同じくDie Zauberfloteで

wenn nicht durch dich Sarastro wird erblassen,

とありすが、wirdとerblassenが逆ではないのでしょうか。


3.同上最後の
Hort der Mugger Schwur!

で何故derになるのかよくわかりません。
denのような気がします。

どうかご教授お願いいたします。

返信1 返信-1
 2005/11/8 (火) 17:35:56 - 田中雅敏 - <mail@daisuki-doitsu.info> - No.1131201200.1
こんにちは。
返事が遅くなって申し訳ありません。
あまりオペラは詳しくありませんので、内容をもっときちんと知っていればより詳しいこ
とがお答えできるとは思うのですが、文法的な内容につきましては内容についての知識が
乏しくても、ある程度はお答えできると思います。

> Der Holle Rache kocht in meinem Herzen.
> とありますが、
> HolleもRacheも女性名詞なのに何故定冠詞がderになるのかよくわかりせん。

これは、私たちが一般に目にする表記方法ですと、
 [Die Rache der Hoelle] kocht...
というようになると思います。仰るとおり、Rache も Hoelle も女性名詞ですので、一見
すると der というのは状況に合わないように見えます。しかし、der といえば女性名詞
にとっては「2格」と「3格」の定冠詞です。"der Hoelle" の部分は、実は2格の形
で、普通は2格の名詞はそれが修飾する語(被修飾語)の【後ろ側から】修飾します。
 (参考)[ die Rache [2格 der Hoelle]]
          ←
 しかし、時には、今回の事例のように、【前から】修飾する場合もあります。
 [[2格 der Hoelle] Rache]
          →
いずれも、「地獄の復讐」ということが表現されています。
今回の文例にあるような「2格(【前から後ろに向かっての修飾】)」は、「ザクセン2
格」と呼ばれることもあるものですが、用語はさておき、特に地域によってはこの2格の
表現方法を一般的に用いる地域もあります。
(例)Seine Mutter packte mich bei den Haaren und versuchte mich in des
Vaters Auto
zu ziehen. (www.wdr.de のウェブサイトより)

なお、Rache のほうは、本来ならば die Rache のように定冠詞がつくはずですが、定冠
詞 die が来るべき場所に ザクセン2格が来てしまっていますので冠詞はそれ以上は付き
ません。さもないと、
 (参考=これは間違いの例) [ die [der Hoelle] Rache ]

> wenn nicht durch dich Sarastro wird erblassen,
> とありすが、wirdとerblassenが逆ではないのでしょうか。

たしかに、通常は wird が一番最後に来ます。しかし、前後の文を見ますと、
 Der Hoelle Rache kocht in meinem Herzen,
 Tod und Verzweiflung flammet um mich her!
 Fuehlt nicht durch dich Sarastro Todesschmerzen,
 So bist du meine Tochter nimmermehr.
 Verstossen sei auf ewig, verlassen sei auf ewig,
 Zertruemmert sei'n auf ewig alle Bande der Natur,
 Wenn nicht durch dich Sarastro wird erblassen!
 Hoert! Rachegoetter! Hoert der Mutter Schwur!

ここで色分けしたように、2つの脚韻が混在しているとはいえ、韻を保とうとしてありま
す。そこで、本来は文法的に "erblassen wird" であるべきこの箇所も、韻(ここでは青
色のグループ)を守るためにあえて "wird erblassen" と倒置してあるのだと思います。

> 同上最後の Hort der Mugger Schwur!

("der Mugger" とあるのは、"der Mutter" でしょうか??)
これは、やはり第1点目のご質問のところで書いた「ザクセン2格」でしょう。
仰るとおり、Schwur は男性名詞ですので、本当は den Schwur となるべきですが
 (参考)[ den Schwur [der Mutter] ]
           ←
ザクセン2格の存在により
 [ [der Mutter] Schwur ]
        →
となっているのだと考えられます。→「母の誓い」

返信2 返信-2
 2005/11/8 (火) 21:00:36 - 怪しいおやぢ - No.1131201200.2
回答ありがとうございます。

ザクセン2格なるものは知りせんでした。
のどのつかえがとれました。

またなにかあったらよろしくお願いします。


全1000件(返信記事を除く) | ページ間移動→[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 ]


最大1000件保持 | 投稿レポートON | 管理者宛てEメール | ?ヘルプ

MiniBBS-EX 1.19