ドイツ語質問箱

ドイツ語やドイツ語圏に関するご質問があればこちらにお書きください。できるだけ速やかに返信いたします。
また、メール送信フォームからも質問をお寄せいただけます。
New! ドイツ語特殊文字も入力・表示できるようになりました!!(入力はそれぞれのボタンを押下)
名前
Eメール 返信コール(コメントが付いたらメール連絡)
公開しないでメールを受けたい 公開する又は記入しない
タイトル
本文 改行無効 改行有効


title
本文中にURLがあれば自動的にアンカー(リンク)にする タグ(※1)を有効にする(投稿前に表示確認を)
暗証番号 ←この記事を削除するためです(変更可能)。4桁〜8桁の半角数字のみでご指定ください
設定保存     

(※1) 使えるタグは <B>(強調) <I>(斜体) <U>(下線) <FONT>(装飾) <A>(アンカー) のみです.
   タグを使用するときは「タグを有効にする」のラジオボックスを選択してください 閉じ忘れに注意.
(※2) 投稿後30分以内であれば編集(修正)が可能です.

全 1000 件 [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 ] [最新の状態]
ページ 84 (831〜840)
Das Nibelungendlied 1 ( 2-27 ) 引用
  2005/8/2 (火) 09:40:59 - Ssai-to - No.1122942556
お願いします。

2. Aventiure : Ueber Siegfried

27 Da liess sein Vater Siegmund seinen Leuten sagen, er wuensche
mit seinen lieben Freunden ein Fest zu feiern. Diese Nachrichten
sendete man in die Reiche anderer Koenige. Den Fremden und den
Einheimischen schenkte er Pferde und Ausruestungen.


期したり父君 ジークムント
臣下に布令させ 親友と
共に一席 宴を張る

布令は外(と)つ国 王侯ら
ことごとくにも 届けらる

その国々や 人々に
馬匹馬具も 贈らるる


(1) Da liess sein Vater Siegmund seinen Leuten sagen, er
wuensche mit seinen lieben Freunden ein Fest zu feiern.
(イ) 前半、後半二つの文は、どういう繋がり方なのですか。前半の
 Da は後半の文全体を受けているのですか。
(ロ) 後半の文の wuensche の格変化や時制は、どうしてこれで
良いのですか。

(2) Den Fremden und den Einheimischen の Einheimischen は
Fremden の人々ですか、 Siegmund の国の人々ですか。

返信1 返信-1
 2005/8/2 (火) 14:25:53 - 田中雅敏 - <mail@daisuki-doitsu.info> - No.1122942556.1
>(1) Da liess sein Vater Siegmund seinen Leuten sagen, er
> wuensche mit seinen lieben Freunden ein Fest zu feiern.
>(イ) 前半、後半二つの文は、どういう繋がり方なのですか。前半の
> Da は後半の文全体を受けているのですか。

まず,da は,直前の第26詩節を指しています。日本語では「そこで」というような意
味になると思います。「そこで、ジグムントは宴を催すことを知らしめた」というような
つながりになります。そのためには,第26節で何かお祝いをすべきことが述べられてい
なければなりません。それは「ジークフリートが今や立派な力量を備えたこと」が祝うべ
き対象かもしれませんし、またはジークフリートが女性たちに心を開いてきた(関心を示
すようになってきた)ことを祝うのかも知れません。そこのところはちょっと分かりませ
んが,とにかく国王は息子の成長を祝って饗宴を開くことにしたということでしょう。

この箇所の前半と後半のつながりは,後半が前半の動詞 sagen の内容(話す内容)に
なっているという関係になっています。次の(ロ)の問いと関連するのですが,後半の
er wuensche というのは【接続法T式】と呼ばれる表現形式になっています。昨日(第
26節)のやりとりの中で,waere というのが sein 動詞の【接続法U式】で「非現実話
法(仮定法)」を表しているという話が出ましたが,今回の【接続法T式】は「間接話
法」と「要求話法」というのがその主な役割になります。ここではそのうち「間接話法」
のほうが意図されています。主語が3人称単数(ここでは Siegmund)の場合の【接続法T
式】は,動詞の不定形から語尾の -n だけ取ったもので,動詞 wuenschen は wuensche
となります。通常の er wuenscht とは違うのでご注意ください。er wuensche で「彼は
〜を望んでいるということだ」という「言動内容の間接的な表明」を表すのです。この
er は前半の sein Vater Siegmund で,「ジグムントは家臣たちに,自分(=彼自身)が
饗宴を催したいと願っていることを世に告げさせた」という意味になります。
 つまり,この箇所の前半は lassen を用いた【使役構文】,後半は sagen 「言う,告
げる」の内容を【接続法T式】で表してあるというわけです。前後関係をはっきりさせる
ために,dass を補っても同じです:
(参考)Da liess sein Vater Siegmund seinen Leuten sagen, dass er mit seinen
    lieben Freunden ein Fest zu feiern wuensche.

>(ロ) 後半の文の wuensche の格変化や時制は、どうしてこれで良いのですか。

上ですでに書きましたが,【接続法T式】というのは,3人称単数の場合は不定詞から語
尾の -n を除いたものになりますので er wuensche で合っています。動詞が haben な
ら,その【接続法T式】は er habe になるわけです。
(参考) Er sagte mir, er habe keinen Hunger.
    「彼は,私に,お腹は空いていないと言った」

>(2) Den Fremden und den Einheimischen の Einheimischen は
> Fremden の人々ですか、Siegmund の国の人々ですか。

einheimisch は「その土地の,土着の」という意味ですので,Siegmund の国の人々を指
します。「よその国の人々にも,自国の人々にも〜を贈った」

返信2 返信-2
 2005/8/2 (火) 22:49:29 - Ssai-to - No.1122942556.2
御説明を有難う御座います。清書して見ます。

27 Da liess sein Vater Siegmund seinen Leuten sagen, er wuensche
mit seinen lieben Freunden ein Fest zu feiern. Diese Nachrichten
sendete man in die Reiche anderer Koenige. Den Fremden und den
Einheimischen schenkte er Pferde und Ausruestungen.


然れば父君 ジグムント
臣下に布令させ 親友に
求めて一席 宴を張る

布令は外(と)つ国 王侯ら
ことごとくにも 届けられ
国内外の 人々に
馬匹馬具をも 贈られぬ


で良いですか。

返信3 返信-3
 2005/8/2 (火) 23:03:21 - 田中雅敏 - <mail@daisuki-doitsu.info> - No.1122942556.3
> mit seinen lieben Freunden

ひとつだけ確認ですが、この seinen lieben Freunden は複数の友を指しています。
日本語の名詞は複数形の形が乏しいので、「親友たち」「愛する友たち」としなくても複
数は指せますが念のため。

返信4 返信-4
 2005/8/3 (水) 05:54:28 - Ssai-to - No.1122942556.4
comment を有難う御座います。僕も一つ気になったところが有るのですが・・・

Diese Nachrichten sendete man in die Reiche anderer Koenige.

は、目的語 Diese Nachrichten を強調している文で man(=seinen
Leuten) が主語のように受け取っていたのですが、正しいですか。

返信5 返信-5
 2005/8/3 (水) 09:42:47 - 田中雅敏 - <mail@daisuki-doitsu.info> - No.1122942556.5
> Diese Nachrichten sendete man in die Reiche anderer Koenige.
> は、目的語 Diese Nachrichten を強調している文で man(=seinen
> Leuten) が主語のように受け取っていたのですが、正しいですか。

はい、そうですね。この文は、目的語が前置されています。主語は man です。man の具
体的な内容はわかりません。親書を持って馬を走らせて各国に知らせに行ったのでしょう
が、それが王の家来なのか、家来ではない誰かに馬を走らせたのか分かりません。ですか
ら、あえて「不特定」性を出すために、man が使われています。man は「不定代名詞」と
も呼ばれ、ごく一般的な主語(一般論)を指したりするときに使いますので、その内容が
具体的に誰を指しているのかというのは分かりにくいことがあります。

返信6 返信-6
 2005/8/3 (水) 12:30:11 - Ssai-to - No.1122942556.6
man は不特定だったのですね。
これで今回の分の訳出は満たされたことにして、次へ行きます。

Das Nibelungendlied 1 ( 2-26 ) 引用
  2005/7/30 (土) 13:54:53 - Ssai-to - No.1122699086
お願いします。今回は後半で難儀しています。

2. Aventiure : Ueber Siegfried

26 Nun war er so stark geworden, dass er Waffen fuehren konnte.
Die Kraft, die dafuer noetig war, besass er in hohem Masse.
Gewandt diente er schoenen Frauen. Und auch fuer sie waere
es ehrenvoll gewesen, auf das Werben des tapferen Siegfried
einzugehen.


さまでも強く いまや彼
成れば兵科を 率い得ぬ
それに付けても 必要な
高度な力量 彼(か)は備う

華やかなりし 婦人らに
仕えて彼は 効ありぬ
左が謂いはまた 彼女らが
ジークフリート 騎士なりを
耳心地良く 広めるに
役に立つこと 大いなれ


(1) Gewandt diente er schoenen Frauen. の文は動詞が二つ在り
ますが、どういう構文なのですか(訳は勘です)。
(2) Und auch fuer sie waere es ehrenvoll gewesen, auf das
Werben des tapferen Siegfried einzugehen. は(訳は勘です)
(イ) 主語は sie ですか、 es ですか。構文が判りません。
(ロ) sie、es はそれぞれ何を指しますか。
(ハ) 多分 es=zu 不定詞句 の構文だろうと思うのですが、 zu
 不定詞句に前置詞( auf )が付いていても良いのですか。

返信1 返信-1
 2005/7/31 (日) 22:05:46 - 田中雅敏 - <mail@daisuki-doitsu.info> - No.1122699086.1
(1) Gewandt diente er schoenen Frauen. の文は動詞が二つ在り
ますが、どういう構文なのですか(訳は勘です)。

gewandt のほうは、たしかに wenden という動詞の過去分詞形ですので、その意味では
wenden と dienen の2つの動詞が共存しているということになりますが、gewandt のほうは
過去分詞形であり、もはや動詞としては用いられていません。過去分詞が形容詞(副詞)として
用いられていると考えられます。gewandt は「器用な、円滑な」などという意味で使われてい
ます。dienen は3格目的語を取って「〜に仕える」という意味ですので、「彼は美しい婦人た
ちに器用に仕えた」などという意味になるでしょう。

> (2) Und auch fuer sie waere es ehrenvoll gewesen, auf das
> Werben des tapferen Siegfried einzugehen. は(訳は勘です)
> (イ) 主語は sie ですか、 es ですか。構文が判りません。

(ハ)の問いに関連してきますが、es = zu不定詞構文です。その通りです。したがって、この
文の主語は es で、形式主語ということになります。文中の waere は sein動詞の接続法U式
の表現で、「非現実話法」などと呼ばれるものです。「(zu不定詞で言われている内容)は名誉
なことであろう(もしそのようなことがあれば)」というような意味合いです。

>(ロ) sie、es はそれぞれ何を指しますか。

sie は、直前の schoene Frauen 「貴婦人たち」です。複数形を指す人称代名詞です。「彼女
たち(にとって)」

>(ハ) 多分 es=zu 不定詞句 の構文だろうと思うのですが、
> zu 不定詞句に前置詞( auf )が付いていても良いのですか。

はい、この auf は、auf 〜 zu 不定詞のような構文を成すものではなく、auf das Werben
eingehen という句を構成するものです。auf etwas4 eingehen で「〜に応じる」という決ま
り文句で、auf das Werben des tapferen Siegfried eingehen「ジークフリートの求婚に応
じる」という意味です。

Es waere (さしあたり ist と読み替えておきましょう) ehrenvoll,
auf das Werben des tapferen Siegfried einzugehen
「ジークフリートの求婚に応じることは名誉あることである」

さて、そこに、fuer sie 「彼女たちにとって」という語句と、さらに sein動詞が接続法にな
っていることを加味して、「(そのようなことがあるかどうか分からないが、もしあれば)ジー
クフリートの求婚に応じることは彼女たちにとっても名誉あることであろう」

返信2 返信-2
 2005/8/1 (月) 09:13:24 - Ssai-to - No.1122699086.2
御指導を有難う御座います。全く見当が違っていたのですね。

Gewandt diente er schoenen Frauen. Und auch fuer sie waere
es ehrenvoll gewesen, auf das Werben des tapferen Siegfried
einzugehen.


華やかなりし 婦人らに
仕えて彼は 器なり

他方、彼女 らにとれば
ジークフリート なる雄(ゆう)の
求愛になど 与(あず)かるは
誉れも高き ことならめ


で良いですか。

ドイツ語でグループ名をつけたい 引用
  2005/7/30 (土) 19:47:37 - 原 道宏 - <メール送信> - No.1122720457 - 返信コールON
手芸が好きな熟女4人が自分たちのグループ名をつけたいという相談です。キーワード
に「4」を意味する言葉をいれた素敵なグループ名を探しています。とりわけ、ドイツ
語だとどういう名前があるのだろうかという質問です。
「4」はドイツ語では「フュア」だったような気がするのですが、それ以上考えが進み
ません。
どなたかいい名前を提案下さい。提案される場合は、名前のほか、名前のいわれとか意
味を添えてください。

返信1 返信-1
 2005/7/30 (土) 21:18:14 - Ssai-to - No.1122720457.1
こんばんは。次などはどうですか。

"Haendchen von vier Daemchen"
《 ( 少女のような )四貴婦人の( かわいい )おてて 》

( Haendchen, Daemchen の -ae- は a-ウムラウト です。 )


※ 田中先生、 von など文法的に合っていますか。

返信2 返信-2
 2005/7/31 (日) 21:38:03 - 田中雅敏 - <mail@daisuki-doitsu.info> - No.1122720457.2
個人個人の好みの問題になってきますので、気の利いた「いい名前」というのは難しいですね。
Ssai-to さんもご提案くださっていますし、いろんな意見が集まると良いですね。

> "Haendchen von vier Daemchen"
> 《 ( 少女のような )四貴婦人の( かわいい )おてて 》

> von など文法的に合っていますか。

文法的な間違いはありません。この提案は -chen という「縮小辞」と呼ばれるものが付いてい
るのがポイントのようですね。これは「小さな」とか「かわいい」とか「繊細な」のような意味
合いをもたらすものです。



> 「4」はドイツ語では「フュア」だったような気がするのですが、

ドイツ語におけるドイツ語の数字の「4」は Vier と書き、読み方をあえてカタカナで書くと
「フィーア」となります。また「4つの」を表すときは vier と小文字で書きます(大文字で
書き始めると「4という数字」という名詞になります)。

ドイツの人気音楽グループに die fantastischen Vier というのがいます。fantastisch は
「ファタスティックな、すばらしい」という意味の形容詞で、「ファンタスティックは4人組」
という意味合いが込められています。fantastisch の代わりに、たとえば「(手芸がもたら
す)メルヘンチックさ」を意味する maerchenhaft (-ae- は a の文字の上に¨が付いた文字
です)をつけたりして、応用させる手もありますね。Die maerchenhaften Vier「メルヘンチ
ックな4人組み」。または、この形容詞の部分を何かもっとご本人様方にぴったりのものに置き
換えていただく手もあります。参考になれば幸いです。


Das Nibelungendlied 1 ( 2-25 ) 引用
  2005/7/29 (金) 17:50:15 - Ssai-to - No.1122627015
お願いします。

2. Aventiure : Ueber Siegfried

25 Niemals liess man den Jungen ohne Aufsicht ausreiten.
Siegmund und Sieglinde gaben den Auftrag, ihn praechtig
zu kleiden. Auch umgaben ihn erfahrene Maenner, die sich
auf feine hoefische Sitte verstanden. So konnte er sich
auf die Herrschaft ueber Land und Leute vorbereiten.


若い王子は お付きなく
遠乗り許さる ことあらじ

ジークムントに ジークリンデ
彼に言い付け その衣装
きらびやかにと なされたり

洗練されて 完璧な
行儀作法を 弁(わきま)えし
経験豊かな 人々が
そして彼をば 取り巻きぬ

如かして国の 土地や民
統べる力ぞ 彼備う


※ 今回は文法的には易しかったと思うのですが、訳出は合っていますか。

返信1 返信-1
 2005/7/29 (金) 18:25:01 - 田中雅敏 - <mail@daisuki-doitsu.info> - No.1122627015.1
はい、全体的に、原意に忠実に訳されてあると感じました。

返信2 返信-2
 2005/7/29 (金) 21:28:03 - Ssai-to - No.1122627015.2
permission を有難う御座います。また、次へと進みます。

Das Nibelungendlied 1 ( 2-24 ) 引用
  2005/7/28 (木) 13:20:39 - Ssai-to - No.1122523344
お願いします。

2. Aventiure ; Ueber Siegfried

24 Er war nun so weit herangewachsen, dass er sich
oeffentlich bei Hofe zeigen durfte. Die Leute draengten
sich danach, ihn zu sehen. Viele Maenner und Frauen
wuenschten sich, dass auch sein eigenes Verlangen ihn
immer wieder in ihre Gesellschaft fuehren moechte. Es gab
viele, die ihm gewogen wurden. Das erkannte der Herr bald.


しだいに王子は 成長し
いまや宮廷 お目見えを
公然とまでに 許されぬ

彼を見ようと 人はみな
彼のもとへと 押しかけぬ

多くの貴人 貴婦人の
願いは彼の 本心が
つね永(とこし)えに 自分らの
仲間ならんと 望むこと

彼に取り入る 人数多(あまた)
王はすぐさま それを知る


(1) ・・・, dass auch sein eigenes Verlangen ihn immer wieder
in ihre Gesellschaft fuehren moechte.
の、 (イ) auch と (ロ) immer wieder の訳し方が確とは判りません。

(2) Es gab viele, die ihm gewogen wurden. の gewogen の訳し方が
不安です。

(3) Das erkannte der Herr bald. の Herr は Siegfried の父君で
すか、それとも宮廷の王ですか。

※ 今回の文章は、なかなか解りません。

返信1 返信-1
 2005/7/28 (木) 16:20:28 - 田中雅敏 - <mail@daisuki-doitsu.info> - No.1122523344.1
> Er war nun so weit herangewachsen, dass er sich
> oeffentlich bei Hofe zeigen durfte. Die Leute draengten
> sich danach, ihn zu sehen. Viele Maenner und Frauen
> wuenschten sich, dass auch sein eigenes Verlangen ihn
> immer wieder in ihre Gesellschaft fuehren moechte. Es gab
> viele, die ihm gewogen wurden. Das erkannte der Herr bald.


> (1) ・・・, dass auch sein eigenes Verlangen ihn immer wieder
> in ihre Gesellschaft fuehren moechte.

この部分は,主語 sein eigenes Verlangen,目的語 ihn,動詞 fuehren (moechten) と
いう構造ですね。「彼(=ジークフリート)自身の願望」が「彼(=ジークフリート)」
を群集のもとへ「運ぶ」ことを,男も女も望んでいたわけですね。ジークフリートが自分
自身を群集のところに運ぶのですから,「足を運ぶ,姿を現す」などの意味で考えれば良
いと思います。

>(イ) auch と

直前に「人々は彼を見ようと必死だった(Die Leute draengten sich danach, ihn zu
sehen)という表現があります。人々の側からすると,彼を見ようと必死でしたが,願わ
くばこちらから会いたい,見たいと願うばかりでなく,彼自身も自分の意志でこちらに顔
を出しに来てくれたらなぁ…と願っていたわけです。つまり,auch は,sein eigenes
Verlangen を修飾して,「彼自身の気持ちも」という風にとらえればよいと思います。
「彼にも,自らの気持ちで,自分たちのところに足を運んで来てくれたらいいなと彼らは
願った」

> (ロ) immer wieder の訳し方が確とは判りません。

immer wieder は「いつも繰り返し」という直訳のごとく,「繰り返しずっと」という物
事の反復・継続を表します。fuer immer や ewig と近い意味になると思います。

> (2) Es gab viele, die ihm gewogen wurden. の gewogen の訳し方が不安です。

gewogen は,本来は wiegen/waegen の過去分詞ですが,それが形容詞的に用いられて,
「jm. gewogen」(〜を好意を寄せている)という表現になっています。動詞の過去分詞
は,多くの場合,ごく普通に形容詞的に用いられます(例: trennen → getrennt,sich
beschaeftigen → beschaeftigt,gebaeren → geboren など)。「彼のことを好意を抱く
ようになった」

>(3) Das erkannte der Herr bald. の Herr は Siegfried の父君ですか、
> それとも宮廷の王ですか。

定冠詞 der が付いていることから,この Herr は少なくともこの段落に近いところでそ
れが指し示す具体的な対象があるわけですが,父君はまったく登場していません。この
der を指し示すことができるのはジークフリートだけ,つまり,君(王子)のことを指し
ていると思われます。

返信2 返信-2
 2005/7/29 (金) 05:51:42 - Ssai-to - No.1122523344.2
やはり、大分誤って解釈していました。

24 Er war nun so weit herangewachsen, dass er sich
oeffentlich bei Hofe zeigen durfte. Die Leute draengten
sich danach, ihn zu sehen. Viele Maenner und Frauen
wuenschten sich, dass auch sein eigenes Verlangen ihn
immer wieder in ihre Gesellschaft fuehren moechte. Es gab
viele, die ihm gewogen wurden. Das erkannte der Herr bald.


しだいに王子は 成長し
いまや宮廷 お目見えを
公然とまでに 許されぬ

彼を見ようと 人はみな
彼のもとへと 押しかけぬ

多くの貴人 貴婦人の
願いは彼の 心また
彼らの前に 自らも
その足運ぶ 気分をば
いつも持って くれること

好意を寄せる 人数多(あまた)
王子はやがて それを知る


として見ましたが、合っていますか。

返信3 返信-3
 2005/7/29 (金) 10:19:10 - 田中雅敏 - <mail@daisuki-doitsu.info> - No.1122523344.3
原文に沿った訳になっているのではないかと思います。

返信4 返信-4
 2005/7/29 (金) 11:31:18 - Ssai-to - No.1122523344.4
permission を有難う御座います。次へ進みます。

Das Nibelungendlied 1 ( 2-23 ) 引用
  2005/7/27 (水) 10:08:43 - Ssai-to - No.1122426523
お願いします。

2. Aventiure : Ueber Siegfried

23 Man erzog ihn so sorgfaeltig, wie es seinem Stand zukam.
Doch wirklich vorbildlich wurde er aus eigener Veranlagunng.
Spaeter breitete sich sein Ruhm ueber das Land seines
koeniglichen Vaters so sehr aus, dass man in ihm in jeder
Hinsicht den vollkommenen Herrn erblickte.


人々彼を 彼ゆえの
位の有り様に ふさわしく
さほど大事に 育てたり

如くはあれども その実は
彼のいみじく 育ちたる
彼本来の 器量なれ

やがて彼(かれ)なる 名声は
威厳備えし 父君(ちちぎみ)の
領国はなはだ 遍くし
如何なる点を 鑑(かが)みても
彼(か)のこと人々 思へらく
完全無欠の 貴族ぞと


※ 原文の表現に沿っているでしょうか。

返信1 返信-1
 2005/7/27 (水) 16:44:04 - Ssai-to - No.1122426523.1
読み直しましたら、ちょっと変でしたので、下のように直しました。

人々彼を 彼ゆえの
位の有り様に ふさわしく
さるほど大事に 育てたり

如くはあれども 実はその
彼のいみじく 育ちしは
彼本来の 資質なれ

やがて彼(かれ)なる 名声は
威厳備えし 父君(ちちぎみ)の
領国はなはだ 遍くし
如何なる点を 鑑(かが)みても
彼をば人々 思へらく
完全無欠の 貴族とぞ


今度は、どうですか。

返信2 返信-2
 2005/7/27 (水) 19:48:37 - 田中雅敏 - <mail@daisuki-doitsu.info> - No.1122426523.2
> Man erzog ihn so sorgfaeltig, wie es seinem Stand zukam.

たしかに、man が主語で「彼を教育した」という表現形式が取られていますが、それを
「人々」と訳してしまうと「民衆が寄ってたかって彼を教育した」ような印象を受けてし
まいます。彼を教育したのは、たとえば王宮に雇われた教育係のような人たちなのでしょ
うから、「人々」と訳すと具合が悪いかもしれません。かと言って、教育係の名前などが
わかるわけではありませんので、ここは敢えて受動態にして「彼は〜教育を受けた」と訳
すのはいかがでしょうか。

返信3 返信-3
 2005/7/27 (水) 21:17:03 - Ssai-to - No.1122426523.3
suggestion を有難う御座います。

Man erzog ihn so sorgfaeltig, wie es seinem Stand zukam.

彼(かれ)王子なるの 御際(みぎわ)にて
それふさわしく 慎重に
注意深くも 育(はぐく)まる


ではどうですか。

Das Nibelungendlied 1 ( 2-22 ) 引用
  2005/7/24 (日) 09:34:36 - Ssai-to - No.1122165276
お願いします。

2. Aventiure:Ueber Siegfried

22 In der Bluete seiner Jahre, in seiner Jugend konnte man
wunderbare Dinge von Siegfried berichten : wie sich sein
Ansehen von Tag zu Tag mehrte, und wie schoen er war. Die
schoen Damen fanden ihn spaeter sehr anziehend.


人生青春 ただ中の
ジークフリートに よる奇跡
世の人得てぞ 伝えたり
日々斯く高まる 名声と
彼(かれ)の斯ほどの みごとさと

眉目(みめ)麗しき 女性たち
後にこぞって 彼(かれ)のもと
見るも痛くぞ 惹かれ行く


※ 英語の 「 the+( 複数名詞 ) 」 は 「 ( 複数名詞 )は全て 」
 と言う意味であると学習していましたので、 Die schoen Damen も
上のように訳して見ましたが、ドイツ語でも当てはまりますか。

返信1 返信-1
 2005/7/25 (月) 23:52:18 - 田中雅敏 - <mail@daisuki-doitsu.info> - No.1122165276.1
> In der Bluete seiner Jahre, in seiner Jugend konnte man
> wunderbare Dinge von Siegfried berichten : wie sich sein
> Ansehen von Tag zu Tag mehrte, und wie schoen er war. Die
> schoen Damen fanden ihn spaeter sehr anziehend.

今回は、たしかに解釈が難しい文章ですね。
解釈が難しいのは2箇所あります。

ひとつは、第一詩節の sein の先行詞が何かということです。文法的には man と
Siegfried のどちらも可能ですから,多義的です。ただ、文法上は多義的でも、文脈から
判断すると、Siegfried がその先行詞であると考えてよさそうですね。もし man が先行
詞なら、「人は、自分の若き日にジークフリートの素晴らしき事柄を語る」となります
が、それは不自然でしょう。「ジークフリートの若き日の数々の素晴らしき行い」と解釈
するほうが理にかなっていると思われます。文法的には多義的だったということだけ、念
のため。

もうひとつは、今回のご質問にもある、die schoenen Damen が指している内容について
です。これも二義的で、@女性全般、A誰か特定の女性たち(複数)を指している、の2つ
の解釈ができます。
 ご指摘の、英語の「the 複数形」と同様に、ドイツ語にも「die + 複数形」で「〜全
般」という【総称】解釈があります。たとえば:
 Die Japaner sind fleissig. 「概して日本人は勤勉だ」
 (Ein Japaner ist fleissig. 「同上」(不定冠詞を用いることも可能))
という具合です。ですから、ここでも、「女性全般が、後に彼の魅力に気づくことにな
る」という解釈がひとつ。
 もうひとつは、クリームヒルトなど話の登場人物として名前が挙げられている女性たち
(特定表現)を指しているかもしれません。ただ、現時点では、まだジークフリートに心
を奪われる女性は名指しされているのはクリームヒルトだけ(未来の夫であるという予言
の話で)で、複数人数の女性とは誰でしょう。もう少し話を読み進める必要があります
ね。しかし、このように「後に述べるように…」という意味を読み込めば、定冠詞をつけ
て「それらの婦人たち」という解釈も可能です。
 それで、私の印象なのですが、schoen という形容詞がわざわざつけられていることか
ら、おそらくAのほうの解釈なのではないかと思います。もし「一般的な女性たち」なの
であれば、schoen などと言わないのではないでしょうか。世の女性たちがこぞってジー
クフリートを魅力的だと感じれば済む話です。schoen という形容詞がついて、なおかつ
die という定冠詞がついていることから、「(物語に登場する)美しき女性たち」という
解釈なのではないかという印象を受けました。

返信2 返信-2
 2005/7/26 (火) 08:12:07 - Ssai-to - No.1122165276.2
文法からの基本的な文章の観察方法を御指摘頂き有難う御座います。

(1) 訂正です。
> Die schoen Damen fanden ・・・
は、
Die schoenen Damen fanden ・・・
のミスタイプです。

(2) wunderbare Dinge von Siegfried は、
「 ジークフリート による偉業 」
と直したいと思います。

(3) konnte man・・・berichten は
「 自ずと人は 伝うべし 」
と直したいと思います。

(4) Die schoenen Damen fanden ihn spaeter sehr anziehend. は、
「 眉目(みめ)麗しき 女性たち
のちにこぞりて 彼のこと
魅力や斯くもと 思いけり 」
と直したいと思います。

合って来ましたか。

返信3 返信-3
 2005/7/26 (火) 14:24:11 - 田中雅敏 - <mail@daisuki-doitsu.info> - No.1122165276.3
(4)の Die schoenen Damen は,相良守峯先生の訳では「女性の全般(総称的)」と
なっていますね。なぜ女性にわざわざ schoen をつけないといけなかったのか(なぜ女性
を美しい人たちとそうでない人たちに分けないといけないのか)分かりませんが,「ジー
クフリートに見合うだけの美しい女性たち」という意味合いで考えれば良さそうですね。

修正案を出していただいていましたが,その方向で良いのではないかと思います。

返信4 返信-4
 2005/7/26 (火) 14:42:45 - Ssai-to - No.1122165276.4
修正案で良いであろうとのお許しを頂き、良かったです。下に清書致します。

22 In der Bluete seiner Jahre, in seiner Jugend konnte man
wunderbare Dinge von Siegfried berichten : wie sich sein
Ansehen von Tag zu Tag mehrte, und wie schoen er war. Die
schoen Damen fanden ihn spaeter sehr anziehend.


人生青春 ただ中の
ジークフリートに よる偉業
人は自ずと 伝うべし
日々斯く高まる 名声と
彼(かれ)の斯ほどの みごとさと

眉目(みめ)麗しき 女性たち
後にはこぞりて 彼(かれ)のこと
魅力は斯くもと 思いけり


ということで、次へ進みます。

返信5 返信-5
 2005/7/26 (火) 16:47:33 - Ssai-to - No.1122165276.5
p.s. その後、ちょっとまた考えて見たのですが・・・

Die schoenen Damen fanden ihn spaeter sehr anziehend.

> 後にはこぞりて 彼(かれ)のこと
> 魅力は斯くもと 思いけり

は、

「 後にはこぞりて 彼(か)のもとに
はなはだ魅力 抱きけり 」

とした方が、原文の表現に合っていますか。

返信6 返信-6
 2005/7/26 (火) 21:34:56 - Ssai-to - No.1122165276.6
p.s.−2 返信3 のお話ですが・・・

> Die schoenen Damen は,相良守峯先生の訳では「女性の全般
> (総称的)」となっていますね。なぜ女性にわざわざ schoen
> をつけないといけなかった> のか(なぜ女性を美しい人たち
> とそうでない人たちに分けないといけないのか)分かりませんが

これはドイツの古語については何も解らないので何とも言えませんが、
 Mittelhochdeutscher Text がそうなっているのかも知れないと
思われました。 Uebertragung で Damen に schoenen を付
したのは、本質的に女性は(男性に比べると)美しい存在であるとの
見解があって、勢いで修飾語をあしらったのではないでしょうか。
ですから、 Die Damen≒Die schoenen Damen なのであると解釈
すれば良いかなと思いました。

返信7 返信-7
 2005/7/27 (水) 01:14:27 - 田中雅敏 - <mail@daisuki-doitsu.info> - No.1122165276.7
> Mittelhochdeutscher Text がそうなっているのかも知れない

調べてみました。
sit heten in ze minne diu vil waetlichen wip.
"waetlich" が schoen に相当する中高ドイツ語の単語です。

> 本質的に女性は(男性に比べると)美しい存在であるとの
> 見解があって、勢いで修飾語をあしらったのではないでしょうか。

本質的に女性が男性よりも美しいというのが常識としてあるなら,それならわざわざ
schoen をつけなくても分かっていることなので不要ではないかと思ったのと,後は,現
代ならばそれがジェンダーの問題に関わるなぁと思っただけです。あまり深い意味は無
かったので気にしないでください。

返信8 返信-8
 2005/7/27 (水) 04:56:48 - Ssai-to - No.1122165276.8
一つの単語も、いろいろ思いを巡らすべきことがあるのですね。

22 In der Bluete seiner Jahre, in seiner Jugend konnte man
wunderbare Dinge von Siegfried berichten : wie sich sein
Ansehen von Tag zu Tag mehrte, und wie schoen er war. Die
schoen Damen fanden ihn spaeter sehr anziehend.


人生青春 ただ中の
ジークフリートに よる偉業
自ずと人は 伝うべし
日々斯く高まる 名声と
彼(かれ)の斯ほどの みごとさと

眉目(みめ)麗しき 女性たち
後にはこぞりて 彼(か)のもとに
はなはだ魅力 抱きけり


と致しました。

Das Nibelungendlied 1 ( 2-21 ) 引用
  2005/7/22 (金) 10:11:10 - Ssai-to - No.1121993481
お願いします。

2. Aventiure : Ueber Siegfried

21 Siegfried hiess der tapfere, treffliche Held. Er durchstreifte
viele Reiche, um sich kaempferisch zu erproben. Um seine Kraft
zu beweisen, ritt er in zahllose Laender. Wie viele tapfere
Helden sah er spaeter erst bei den Burgunden!


勇猛果敢 群を抜く
勇者にあるを 意味するは
ジークフリート なる名なれ

数多の国々 旅をして
戦士の己(おのれ) 試したり
その力量を 示してぞ
馬乗り巡る 土地無数

中でも王国 ブルグント
彼がのちのち 勇者らと
あいまみえる数 いかほどぞ!


(1) ・・・, um sich kaempferisch zu erproben. は勘で訳しましたが、
文法的にはどうなっていますか。
(2) bei den Burgunden は複数の3格だと思うのですが、 Burgund
 王国は複数の国々から成っていたということですか。

返信1 返信-1
 2005/7/23 (土) 02:52:44 - 田中雅敏 - <mail@daisuki-doitsu.info> - No.1121993481.1
>(1) ・・・, um sich kaempferisch zu erproben. は勘で訳しましたが、
> 文法的にはどうなっていますか。

kaemperisch は「戦士にふさわしい、勇敢な」というような意味の形容詞ですが、ドイツ
語では形容詞はそのままの形で副詞になれますので、そのままで「戦士にふさわしく、勇
敢に」という意味にもなれるわけです。
そこで、sich erproben 「己を試す」というフレーズに kaemperisch が副詞として修飾
します。「戦士にふさわしく己を試す(「己を試すことは戦士としてあるべき姿だ」とい
う意味でしょう)」。そこに、さらに um + zu不定詞 の構文になっていますので、「〜
するために」という意味を加えます。

>(2) bei den Burgunden は複数の3格だと思うのですが、
> Burgund 王国は複数の国々から成っていたということですか。

Burgunden はたしかに複数形(の3格)ですが、その単数形は Burgund 「ブルグント王
国」の場合と、Burgunde 「ブルグント人」の2通りが考えられます。いずれも、複数形
3格は Burgunden になります。
たしかに die Niederlande 「オランダ」のように、複数の小国から成ることが表現され
ている国名もありますが、そのような場合には in den Niederlanden 「〜の国におい
て」のように、in を使うでしょう。bei を使うというのは「〜の人たちのもとで」とい
うように、人を表します。Burgunde (その複数形は Burgunden で、この場合は1格だろ
うが3格だろうがこの形です)は Burgunder と同義で「ブルグント人」を意味しま
す。

bei den Burgunden 「ブルグント人たちのもとで」

Wie viele tapfere Helden sah er spaeter erst bei den Burgunden!
そんなにも多くの勇敢な戦士たちは、後にブルグント人たちのところで見たのが最初だった。

返信2 返信-2
 2005/7/23 (土) 06:02:01 - Ssai-to - No.1121993481.2
大分間違っていました。

21 Siegfried hiess der tapfere, treffliche Held. Er durchstreifte
viele Reiche, um sich kaempferisch zu erproben. Um seine Kraft
zu beweisen, ritt er in zahllose Laender. Wie viele tapfere
Helden sah er spaeter erst bei den Burgunden!


勇猛果敢 群を抜く
勇者にあるを 意味するは
ジークフリート なる名なれ

己(おのれ)を試す 修行こそ
戦士の姿と 心得て
為に諸国を 旅したり
その力量を 示さんと
馬乗り巡る 土地無数

彼のち斯くも 数多く
恐れぬ勇士に まみえしは
ブルグント人が 初めなり


※ 上のように直して見ましたが、今度は合っているようですか。

返信3 返信-3
 2005/7/23 (土) 08:34:05 - 田中雅敏 - <mail@daisuki-doitsu.info> - No.1121993481.3
> 彼のち斯くも 数多く
> 恐れぬ勇士に まみえしは
> ブルグント人が 初めなり

意味はもちろんそうなのですが、「ブルグントの地が 初めなり」のほうが響きが良いよ
うな気もします。(Burgunde が「ブルグント人」を指すことを知った上で、敢えて「ブ
ルグントの地」とするという意味です。)

・「彼がまみえた勇士たち」=「ブルグント人」 とするか、
・「彼が勇士たちにまみえた場所」=「ブルグント王国」 とするかの

いずれかにすればいかがでしょうか。

「彼が会った勇士たちの中で、数多く揃いも揃って恐れを知らず勇敢
だったのはブルグント人がはじめてだった」というような言い回しなら、それも良いと思
います。あるいは、今回の言い回しに沿えば、「勇士に会ったのはブルグント人」という
“言葉の並び”になっていますが、これだとブルグント人は「会った」の主語として誤って
解釈されてしまいます(でも実際には最初に主語として「彼」があるので、ますます混乱
するかも)。


返信4 返信-4
 2005/7/23 (土) 13:11:38 - Ssai-to - No.1121993481.4
御指摘有難う御座います。混乱を招く文章でした。

Wie viele tapfere Helden sah er spaeter erst bei den Burgunden! は、
Er sah spaeter erst bei den Burgunden viele tapfere Helden.
( 文章は正しいですか。 ) の感嘆文と考えて、


斯くも数多の 勇士らを
恐れを知らぬ 戦士らを
ブルグント国の 人々に
彼のち始めて 見出しぬ


として見ましたが、これで正解方向に判りやすくなっていますか。

返信5 返信-5
 2005/7/23 (土) 22:31:29 - Ssai-to - No.1121993481.5
また考えていたのですが、思い切って・・・

その力量を 示さんと
馬乗り巡る 土地無数・・・

に続くものとして、

然れども、
彼のち始めて まみえたり
恐れを知らぬ 数知れぬ
ブルグント国の 勇士達

と意訳してしまって良いですか。

返信6 返信-6
 2005/7/24 (日) 01:43:53 - 田中雅敏 - <mail@daisuki-doitsu.info> - No.1121993481.6
> 意訳してしまって良いですか。

原文の意味を損なわない意訳なので、良いと思います。

返信7 返信-7
 2005/7/24 (日) 05:33:57 - Ssai-to - No.1121993481.7
permission を有難う御座います。一応、下に清書します。

21 Siegfried hiess der tapfere, treffliche Held. Er durchstreifte
viele Reiche, um sich kaempferisch zu erproben. Um seine Kraft
zu beweisen, ritt er in zahllose Laender. Wie viele tapfere
Helden sah er spaeter erst bei den Burgunden!


勇猛果敢 群を抜く
勇者にあるを 意味するは
ジークフリート なる名なれ

己(おのれ)を試す 修行こそ
戦士の姿と 心得て
為に諸国を 旅したり
その力量を 示さんと
馬乗り巡る 土地無数

然れども
彼のち始めて まみえたり
恐れを知らぬ 数知れぬ
ブルグント国の 勇士達


これでまた次へ進みます。

全1000件(返信記事を除く) | ページ間移動→[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 ]


最大1000件保持 | 投稿レポートON | 管理者宛てEメール | ?ヘルプ

MiniBBS-EX 1.19