ドイツ語質問箱

ドイツ語やドイツ語圏に関するご質問があればこちらにお書きください。できるだけ速やかに返信いたします。
また、メール送信フォームからも質問をお寄せいただけます。
New! ドイツ語特殊文字も入力・表示できるようになりました!!(入力はそれぞれのボタンを押下)
名前
Eメール 返信コール(コメントが付いたらメール連絡)
公開しないでメールを受けたい 公開する又は記入しない
タイトル
本文 改行無効 改行有効


title
本文中にURLがあれば自動的にアンカー(リンク)にする タグ(※1)を有効にする(投稿前に表示確認を)
暗証番号 ←この記事を削除するためです(変更可能)。4桁〜8桁の半角数字のみでご指定ください
設定保存     

(※1) 使えるタグは <B>(強調) <I>(斜体) <U>(下線) <FONT>(装飾) <A>(アンカー) のみです.
   タグを使用するときは「タグを有効にする」のラジオボックスを選択してください 閉じ忘れに注意.
(※2) 投稿後30分以内であれば編集(修正)が可能です.

全 1000 件 [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 97 98 99 100 ] [最新の状態]
ページ 96 (951〜960)
前置詞+形容詞 引用
  2004/11/5 (金) 22:27:50 - ssaito - No.1099661270
お願いします。

テキストの文章で、

Kleinere Betraege werden besser in bar bezahlt.
・・・ 額が小さめのときは、現金で支払った方がいいけどね。

というところの in bar は何かが省略されているのですか。
in barem Geld とか。

辞書では、 in bar zahlen ( 現金で支払う ) が
慣用句になっていますが、 in(前置詞)+bar(形容詞)
で副詞になるのですか。

返信1 返信-1
 2004/11/7 (日) 19:22:04 - 田中雅敏 - <mtanaka@hiroshima-u.ac.jp> - No.1099661270.1
返事が遅くなりました。
in bar は、ご指摘のとおり「前置詞+形容詞」です。
bar は形容詞で、特に何も省略されていません(形容詞そのもの)。
たとえば mit Bargeld 「現金で」という表現もありますが、こちらは bar + Geld です。

このように、前置詞+形容詞の表現は、熟語(決まり文句)の場合のみ可能です。
すでに熟語として定着したものが多いので、生産的に何でもこのように言えるということ
はなさそうです。
他の同様の例として、
[etwas] in schwarz [malen] 「〜を悲観的に見る」
ueber kurz oder lang 「早かれ遅かれ」
von fern 「遠くから」
durch dick und duenn 「どんなところでも」
 [mit jemandem] durch dick und duenn [gehen] 「〜と苦楽をともにする」
auf gut deutsch 「歯に衣着せずに」
 (「ドイツ語で」という意味の auf deutsch(現行の新正書法では auf Deutsch)の
  場合の deutsch/Deutsch は名詞ですが、auf gut deutsch の deutsch は形容詞
  です)

> 辞書では、 in bar zahlen ( 現金で支払う ) が
> 慣用句になっていますが、 in(前置詞)+bar(形容詞)
> で副詞になるのですか。

そうですね。副詞として使われます。 (田中)

返信2 返信-2
 2004/11/7 (日) 20:27:50 - ssaito - No.1099661270.2
返信、有難う御座います。

前置詞+形容詞 の決り文句が沢山在るのですね。

国名−2 引用
  2004/11/4 (木) 05:28:35 - ssaito - No.1099513715
お願いします。

国名のなかで中性名詞の Italien, Japan・・・などは,
「通常は無冠詞」で使われるとのことですが、その由来は
何か有るのですか。

男性国名、女性国名にはちゃんと定冠詞をつけておいて、
中性国名だけ定冠詞を省略してもそんなに得になるわけでも
ないと思われますが。

返信1 返信-1
 2004/11/4 (木) 15:35:17 - 田中雅敏 - <mtanaka@hiroshima-u.ac.jp> - No.1099513715.1
たしかに,得にはならないと思いますが,男性国名,女性国名,中性国名の比率を
考えると,男性・女性国名だけを特別扱い(つまり定冠詞をつける)するのは仕方が
ないのかもしれません。

どういうことかと言いますと,これは,「中性名詞」の本質に関わってきます。
ドイツ語のすべての名詞が男性,女性,中性の3つの性に分けられている,これには
まだ完全な説明を与えることができません。しかし,もうひとつ,
 男性名詞 男性的なもの(生物学的に男)
 女性名詞 女性的なもの(生物学的に女)
 中性名詞 モノ(生物ではないもの)
という,いわば“生物学”的にみたイメージがあると思います。つまり,たとえば
日本(Japan)という国を考えると,
 男性名詞 日本人男性 = Japaner
 女性名詞 日本人女性 = Japanerin
 中性名詞 日本(という国),日本語
というイメージになります。つまり,国名や言語名は,それ自体のもつイメージとして
はじめから「中性的」であることが分かるかと思います。

ですから,イタリアであれ日本であれブラジルであれ,中国であれ,世界のほとんど
すべての国名は中性名詞なのです。ただ,ほんの僅かの国だけが,例外的に男性名詞
だったり女性名詞だったりします。それらは,特殊(もちろん,その国が特殊という
意味ではなくて,文法上の性が少数派だというだけの意味ですが)だということを示す
ために定冠詞を付けたままにします。大多数の多数派である中性名詞国名が,いわば
「国」が中性的なものであるからこそ,中性名詞であることは当然だとして,冠詞を
省略できることに対比させなければなりません。
 なぜ Irak や Iran が男性名詞で,Schweiz が女性名詞なのか,など,その先の
区別方法についてはわかりませんが,少なくとも「中性名詞が多数派(国がそもそも
性を感じさせない存在なので)―男性・女性名詞の国名が少数派」という構図だけは
イメージできるかと思います。
 なお,トルコ die Tuerkei が女性名詞なのは,ほぼ「形態的」なものだと思うの
ですが。語尾が -ei で終わる名詞は,決まって女性名詞に分類されます。
Baeckerei, Metzgerei, Konditorei, Spielerei, Kinderei などなど。
ですから,このルールに基づき,die Slowakei, die Mongolei は女性名詞です。
 他の中性名詞ではない国名にも,あえて(標準的であるはずの)中性名詞では
ない理由があるのでしょうね。 (田中)

返信2 返信-2
 2004/11/4 (木) 16:39:56 - ssaito - No.1099513715.2
返信有難う御座います。

> 「中性名詞が多数派(国がそもそも性を感じさせない
存在なので)―男性・女性名詞の国名が少数派」

だったのですね。

-ei が女性名詞に特有の語尾であるというのは新しい
知識でした。

国名 引用
  2004/11/2 (火) 16:17:34 - ssaito - No.1099379854
お願いします。

国名には、冠詞を付けるもの die Schweiz や、
冠詞を付けないもの Italien などがあるそうですが、
何か謂れが有るのですか。

男性定冠詞を付ける国も在りますか。

返信1 返信-1
 2004/11/2 (火) 18:05:56 - 田中雅敏 - <mtanaka@hiroshima-u.ac.jp> - No.1099379854.1
そうですね。国名には,die Schweiz や die Tuerkei のように,女性名詞であったり,
der Iran や der Iraq のように男性名詞であるものがありますね。しかし,これらは,
「常に定冠詞をつける」という意味では特殊ですが,性別を持っているという意味では
まったく特殊ではありません。というのは,Japan であれ Italien であれ Brasilien で
あれ,性別はあります!中性名詞です。従って,敢えて書けば das Japan であり,das
Italien であり,das Brasilien などということになります。その証拠に,インターネッ
トで ins Brasilien などと入力して検索してみると,ちゃんとヒットします。ins は
in + das のことですので,Brasilien は中性名詞だということがわかります。

ただし,これら中性名詞は,「通常は無冠詞」で使われます。従って,普段はまるで性別
がないもののように捉えられてしまいがちですが,ちゃんと性別はあるのです。ただ,
男性名詞や女性名詞の国名ばかりが目立ってしまうだけです。

この国がなぜ男性名詞で,どの国がなぜ女性名詞なのかは,わかりませんが,どの国名で
も,例外なく性別は割り当てられているということも大切なことだと思います。(田中)

返信2 返信-2
 2004/11/2 (火) 20:08:23 - ssaito - No.1099379854.2
返信を有難う御座います。

無冠詞の Italien などは中性名詞だったのですね。
規則的なものが無いとすれば、国名の性別はその都度
覚えなければなりませんね。

入れ物 引用
  2004/11/1 (月) 21:38:56 - ssaito - No.1099312736
お願いします。

飲み物の量の表現には、

eine Tasse Kaffee
ein Glas Apfelsaft
eine Flasche Wein
eine Dose Bier

などがあるようですが、このような数量表現用の
入れ物に男性名詞のものはありますか。

返信1 返信-1
 2004/11/1 (月) 22:44:05 - 田中雅敏 - <mtanaka@hiroshima-u.ac.jp> - No.1099312736.1
言われてみますと、男性名詞の入れ物は少ないですね。
思いついたのは Becher 「コップ、カップ」と Masskrug 「マス目入りのジョッキ」
ぐらいでした。ein Becher Kaffee / Kaffeebecher、ein Masskrug Bier などというよう
に使います。Masskrug はちょっと特殊ですので、一般的に使うのは Becher ぐらいですね。

あとは eine Kanne Tee がありますが女性名詞です。
ein Seidel Bier は中性名詞です。

ちなみに、入れ物ではないですが、ein Schluck Wasser というのはあります(男性名詞)。
「一口」という意味です。余談ばかりですみません。 (田中)

返信2 返信-2
 2004/11/2 (火) 08:52:22 - ssaito - No.1099312736.2
返信有難う御座います。

そうしますと、冠詞類は

Ich trinke einen Becher Kaffee.

となるのですか。
テキストの例は女性、中性だけで判らなかったのです。

※ ein Schluck Sake は 一掬の酒 というところでしょうか。

返信3 返信-3
 2004/11/2 (火) 08:47:03 - 田中雅敏 - <mtanaka@hiroshima-u.ac.jp> - No.1099312736.3
はい、そうです。たとえば Cafe などに行くと、「コーヒー」にも Tasse や Becher の
ものがあり、金額が違っています。
 Tasse Kaffee EUR 1,50
 Becher Kaffee EUR 2,50
という具合です(この金額は適当)。
ですから、注文の際には、Ich haette gern einen Becher Kaffee. などと言えばよい
わけです。

返信4 返信-4
 2004/11/2 (火) 09:18:21 - ssaito - No.1099312736.4
解りました。有難う御座いました。

発音について 引用
  2004/10/31 (日) 09:54:13 - era - No.1099184053
前々から、気になっている質問です。

traurig などのigの部分は、普通、「イヒ」と発音され、(南ドイツなどでは「イク」でしょ
うか)それらを格変化させるとき、traurige trauriger などとなりますが、その時のige、
iger の発音は、「イヒェ」、「イヒャー」となるのでしょうか。それとも発音どおり「イ
ゲ」、「イガー」となるのですか。ネイティブの発音を聞いてもまちまちなので、おそらくどれ
が正しいということはないのでしょうが、標準的にはどうなのか教えてください。

また、動詞の語尾が、igtになると発音はどうなるのでしょうか。

返信1 返信-1
 2004/10/31 (日) 12:54:07 - 田中雅敏 - <mtanaka@hiroshima-u.ac.jp> - No.1099184053.1
次の3つの子音字は、語末もしくは子音字の前では清音、母音と結びつくと濁るという規則が
あります。ここでいう「濁る」とは、乱暴に言ってしまえば、/g/ なら ga, gi, gu, ge,
go というように、「ローマ字式」(g+母音)に発音すればよいということです。

(左:語末または子音字の前=清音 − 右:母音の前=濁る)
/b/ lieb − lieben
    schrieb − schreiben
/d/  Kind − Kinder
    Freund − Freunde
/g/  Tag − Tage
    traurig − traurige (Geschichte)

つまり、ご質問の traurig を例にとると、Ich bin traurig. のように、traurig に語尾が
つかない場合は「清音」(ご指摘のとおり「イヒ」)で、eine traurige Geschichte
(トラウリゲ)や ein trauriger Mann (トラウリガー)のように、母音が後ろに来ると
ローマ字式になります。
 他にも、

Koenig (王)- Koenigin (女王)
neunzig (90)- neunziger (90年代の、90番台の)

ですから、動詞の語尾が -igt の場合は「ィクトゥ」、-ige(n) の場合は「ィゲ(ン)」。

besichtigen - er besichtigt
steigen - er steigt
entschuldigen - er entschuldigt
fliegen - er fliegt

返信2 返信-2
 2004/10/31 (日) 16:19:02 - era - No.1099184053.2
綴りどおりに読むのが普通ということですね。ありがとうございました。
それともう一つ
jederなどのJの発音(外来語のJという意味ではなくて)を、英語やフランス語のような発音
をする人もいるのですか。または、どこかの訛りでしょうか。
わたしの持っているCDを聞いていると、たびたびそのような現象(?)が起きています。
GENGHIS KHANの歌を聞いているときもJedes を「ジェーデス」と発音している部分
もありました。

返信3 返信-3
 2004/10/31 (日) 20:25:22 - 田中雅敏 - <mtanaka@hiroshima-u.ac.jp> - No.1099184053.3
"Dschinghis Khan" を聴いてみました。jedes は2回登場しますが、

1) Sie trugen Angst und Schrecken in jedes Land
2) Und jedes Weib, das ihm gefiel, das nahm er sich

2回目のほうで、たしかに「ウン ジェーデス・・・」と歌っていますね。このグループの
メンバーの出身地を調べようと思ったのですが、見つかりませんでした。しかし、このグ
ループ「Genghis Khan」は、フランスの"Grand Prix d' Eurovision de la Chanson"
(シャンソン・ユーロヴィジョングランプリ」なるもののためにメンバーの一人である
Ralph Siegen の呼びかけで結成されたようですので、どこかフランス語圏に近い地域の
出身なのかもしれません。あるいは別にフランス語圏には近くないが、シャンソン大会
のために結成されただけなのかもしれません。
 たしかに、フランス語では /j/ を「ジュ」と発音しますね。上の "Dschinghis Khan"
の歌詞だけしか検証していませんので何とも言えませんが、(おそらく違うと思います
が)上の歌詞で、und jedes という歌詞になっていますから、und の d と、jedes の
je が連続して発音された可能性もあるかなと思いましたが、おそらくこの場合でも
「ウン イェーデス」となるのが標準的でしょうから、よほど /d/ を強く発音するような
地域でない限り、/dje/ 「ジェ」という連続体は考えにくいですね。
 そうすると、やはりフランス語の影響のある地域では、/j/ の音が全般的に「ジュ」と
なるのかもしれません。Genghis Khan の他の曲でも「ジェ」が頻発しているのでしたら、
なおさらです。
 いずれにしても、私個人的には /j/ を「ジュ」という音で発音されているのを聞いた
ことがありませんので何ともいえません。ごめんなさい。
 なお、余談ですが、ベルリン地方では、ganz gut が janz jut 「ヤンツ ユートゥ」の
ように発音されます。つまり g → j に置き換えられます。しかし、この場合も「ジュ」
という音にはなりません。ベルリン・ポツダム地方は、プロイセン王国の首都で、フリー
ドリヒ大王が大のフランス好きだったことで有名ですが(ポツダムに、サンスーシ宮殿
Sans Souci というのがあります。sans = ohne, souci = Sorge で、いずれもフランス語
です。ドイツ語に訳せばOhne Sorge 「憂いなし」です。日本語で「無憂宮」と訳される
こともあるのはそのため。フリードリヒ大王は、自分の宮殿にもフランス名をつけている
わけですが)、さすがに方言がフランス語訛りになるほどの影響はなかったようです。

返信4 返信-4
 2004/11/1 (月) 17:33:05 - era - No.1099184053.4
CDまでわざわざ聞いていただいて、感激です。ほかの歌ではないようでした。ちなみに、「今
すぐ覚える音読ドイツ語」という本のCDのA25番でのJEDERも「ジェーダー」と発音されて
いました。

返信5 返信-5
 2004/11/1 (月) 18:20:34 - 田中雅敏 - <mtanaka@hiroshima-u.ac.jp> - No.1099184053.5
そうなると,やはりフランス語からの影響でしょうか。というのは,教材などに吹き込む
ドイツ語ネイティブ話者は,オーストリアやスイス出身者であることも少なくないからです。
ドイツ語検定(独検)の聞き取りテストでも,ごく稀に,オーストリア訛りのドイツ語が
混じって聞こえることがあります。もちろんほんの僅かなものですので,聞き取りテスト
の難易度に支障はありませんよ。
スイスなら,フランス語に影響をうける地域もあるでしょうし。そもそも,スイスドイツ語
では,「ジェーダー」と発音しているのかもしれません。スイスドイツ語には詳しくあり
ませんので,どなたか知識のある方がフォローしてくだされば助かるのですが。
いずれにせよ,標準ドイツ語では「イェーダー」であることだけはたしかです。

Niederlande 引用
  2004/10/31 (日) 17:24:39 - ssaito - No.1099211079
お願いします。

辞書を見ますと、 Niederlande( オランダ ) は
「 複数 」となっていますが、ベルギーやルクセンブルクを
意識している訳ですか。

英語の the Netherlands は通例単数扱いということですが、
ドイツ語は単数として扱うことは全く無いのですか。

返信1 返信-1
 2004/10/31 (日) 19:34:29 - 田中雅敏 - <mtanaka@hiroshima-u.ac.jp> - No.1099211079.1
はい、die Niederlande は常に複数扱いです。これは、Lande というのが das Land の
複数形だからです。Land の複数形は Laender が一般的ですが、Lande という形も
一部残っています。従って、ドイツ語では die Niederlande という名称を使う場合は
複数扱いです。もし単数形を使いたい(?)場合には Holland という語を使えば良い
でしょう。これはオランダの通称ですが、die Niederlande と同じように使えます。
(Holland は Japan や China などと同じで通常は無冠詞で使いますが、性は中性
名詞です。また、その語源は Holt + Land で、holt は古いゲルマン語で「木(
現代ドイツ語の Holz に相当)」です。「木の国」

なお、オランダ語でも、「オランダ」は Nederlanden で、複数形です。英語も、the
Netherlands と -s がついていますので元来は複数形だったのでしょうが、現在は
単数扱いになっているだけのことでしょう(ひとつの国名として単数形扱いしてし
まった)。ドイツ語やオランダ語では、いまだに複数扱いです。

さて、この国名の語源(なぜ複数形になっているのか)ですが、

> ベルギーやルクセンブルクを意識している訳ですか

元々、Nederlanden という語は、 <Neder-(低い)landen(国landの複数形)>
という語の成り立ちからも分かるように、ベルギーやルクセンブルク、フランス北部を
含む(壮大な)「低地帯諸地方」を指す言葉でした。この時点では、まだ国名ではな
く、単に「地理的な土地」を指すのみ。ですから、低地帯諸地方を包含して複数形で
表現していたわけです。
 現在の「オランダ王国」の基になったのは、1815年のウィーン条約によるものです。
当時は、現在のベルギーも領土に含まれていました(南部ネーデルラント)。しかし
1830年にベルギー王国が独立し、現在のオランダの領土が確立しました。
(実際のオランダ領は、カリブ海のアンティル諸島・アルバ島も含まれます)
 元来は「地理的な土地」の名称を指していたものが、国名として用いられたという
ことです。

同様に、地理的に諸地方・州・島を包含するために国名が複数形になっているものに
アメリカ合衆国(die USA = die Vereinigten Staaten von Amerika)やフィリピン
(Philippinen)がありますが、それと似た理由です。

返信2 返信-2
 2004/10/31 (日) 21:23:37 - ssaito - No.1099211079.2
国名の成り立ちにまつわる、空間の広がりと歴史のロマンを
感じるお話を有難う御座いました。

略語の記述 引用
  2004/10/30 (土) 13:50:11 - ssaito - No.1099111811
お願いします。

Wir fahren mit ICE nach Lipzig.

を手書きする時、略語の ICE(Inter City Express) は
印字通りのゴシックで ICE と書くのですか、あるいは
筆記体の大文字で I C E と一文字ずつ書きますか。

返信1 返信-1
 2004/10/30 (土) 21:33:20 - 田中雅敏 - <mtanaka@hiroshima-u.ac.jp> - No.1099111811.1
略語は、単に印字通りに書けば良いですよ。ICE, VW, GmbH, NATO など。
ただし、zum Beipiel → z. B. など、語句の略は「.」(Punkt)をつけて、かつ
空白をあけます。


返信2 返信-2
 2004/10/31 (日) 05:46:59 - ssaito - No.1099111811.2
有難う御座います。やはり印字の通りで良かったのですね。
いままで略語も筆記体で書いていたのですが、なにか抵抗が
有ったのでお伺いしたのです。

> zum Beipiel → z. B. など、語句の略は「.」(Punkt)
をつけて、かつ空白をあけます

は、 Punkt を付けるのは知っていましたが、空白を入れなくては
ならないのだとは知りませんでした。
しかし、辞書を見ますと見出しの語句は 「 z.B. 」 とくっついていますが、
訳があるのでしょうか。

返信3 返信-3
 2004/10/31 (日) 12:09:53 - 田中雅敏 - <mtanaka@hiroshima-u.ac.jp> - No.1099111811.3
お手元の辞書では z.B. とくっついているのですね。不思議ですね。
"Beispiel" をひいたときに(つまり B の項)、zum Beispiel(略 z.B.)というように
空白なしで書かれている場合はあるでしょう(辞書の紙幅の関係で、間を詰めてある場合
があるから)。
しかし、Z の項で、z. B. のところを調べると、見出し語として空白をあけて z. B. と
なっていてほしいところです。というのは、zum Beispiel は、もともと zum と
Beispiel の2つの語から成っていますので、略語にしたときにも元が2語であることが
わかるように z. B. とするのが普通だからです。
空白がない場合は、何か紙幅の都合か、ワープロの均等割付などの理由(z. と B. の間に
空白があると、その行が均等割付されたときに間が大きくあいてしまって間延びすること
がある)などが影響しているのかもしれませんね。

返信4 返信-4
 2004/10/31 (日) 13:07:43 - ssaito - No.1099111811.4
再返信有難う御座います。

NHKのテキストを探してみましたら、

Du hast noch Probleme mit dem Hoerverstehen,
z. B. Diktaten, nicht wahr?

とちゃんと一文字空けてありました。漫然と見ていては
ダメですね。

辞書( コンサイス、三省堂 )では、
z.D.(略)zur Disposition、 z.E.(略)zum Exempel
などとみなくっついていました。
辞書は印刷の技術的或いは経済的な問題なのですね。

bisschen の発音 引用
  2004/10/26 (火) 11:39:33 - ssaito - No.1098758337
お願いします。

bisschen の発音ですがラジオで聞いていますと、
人によって「 ビッシェン 」、「 ビスヒェン 」と
二通りあるように聞こえます。

辞書を見ますと、 Biβchen は「 ビスヒェン 」の
ようですが、 biβchen には発音の指示表記がありません。

上記二通りの発音のいずれが標準なのでしょう。
発音の違いによる響から卑近、上品の別とか伝わって来る
語感の違い、語気の強弱などはありますか。

返信1 返信-1
 2004/10/26 (火) 16:00:20 - 田中雅敏 - <mtanaka@hiroshima-u.ac.jp> - No.1098758337.1
bisschen の発音は,
(ここをクリック)
です(発音記号を画像にして掲載しています)。

これは,bisschen が,Bissen(「一口(分ほどの食べ物・食事)」という意味)の
縮小名詞形である Bisschen が「不定数詞」に品詞変換されて用いられていることに
由来します。ご存知のように,名詞の語尾に -chen をつけると,「小さな・かわいい〜」
という意味の中性名詞を作ることができます。das Haus → das Haeuschen,
die Kanne → das Kaennchen
(-chen が付く際,アクセントのある母音がウムラウト可能ならばウムラウトする)
ちなみに,メルヘン Maerchen も,Maer「話・物語」に -chen がついたものです(語源
の上では)。今では,完全に Maerchen がひとり立ちしています。

ですから,本来は「ビッシェン」と発音するパターンは“反則”です。しかし,
biss'chen であるはずの語の成り立ちを超えて,bis'schen という区切り方をすると,
たしかに「ビッシェン」と発音されます。これは,完全に「音節」で分けてあります
(bis で一音節,schen で一音節)。人によっては,こっちの「音節で分けよう!」パタ
ーンで発音するということですね。

つまり,
@語の成り立ち・歴史を考えて,標準的かつ本質的なのは biss'chen「ビスヒェン」
 (公式の発音記号もこっちのタイプ)
A語の成り立ちの重要性は薄れ,音節で分けてしまう発音方法 bis'schen「ビッシェン」

の2通りが共存してしまっています。ちなみに,たいていのドイツ人に言わせると,
「『ビッシェン』と発音するといかにも外国人の発音」だそうです。ですから,ひょっと
すると,ラジオから聞こえてくる「ビッシェン」の発音も,実はアナウンサーが外国人の
場合なのかもしれません(ドイツでは,テレビでもラジオでも,外国からドイツに来て
職についた人たちがたくさんプロとして仕事をしていますので,これは大いにありえま
す)。

なお,現在のドイツ語正書法では,bisschen は -ss- で書きます。β(エスツェット)を
使うのは,直前の母音が長母音・二重母音のときだけです。それ以外の短母音の後にくる
ss は,従来はたしかにエスツェットで書いていたものでも現在は ss で書くことになって
います。たとえば,Ich habe gehoert, dass ... の dass など(短母音なので -ss-)。
この「新正書法」(Neue Rechtschreibung)の動きは,まだまだ熱い議論が交わされてい
ますので今後も注目してみてくださいね。
http://www.duden.de/index2.html?neue_rechtschreibung/aenderungen/aenderungen.html

返信2 返信-2
 2004/10/26 (火) 16:42:29 - ssaito - No.1098758337.2
早速の御説明有難う御座います。

「 ビスヒェン 」と発音するよう習慣付けたいと
思いました。

返信3 返信-3
 2004/10/28 (木) 13:04:32 - Das Schiri - No.1098758337.3
横レスですが、もう一つ発音に関する疑問があって、いい機会と思い書かせてください。
naechst の発音なんですが、どの辞書を見ても発音は「ネヘストゥ」もしくは独独には
「nehest」と書いてありますが、何人かのドイツ人の発音を聞いていると、英語風に,
また 「chs」は「クス」と発音するという法則にしたがって「ネクストゥ」と発音していま
す。
ドイツ語教師のドイツ人でさえ、このように発音しています。おそらく「nehest」でも間違い
ではないのでしょうが、これはどういうことなのでしょうか? やはり発音にも流行、廃りみた
いなものがあるのでしょうか?

余談ですが、私も「bisschen」を「ビッシュン」と発音していましたが、やはりほとんどのド
イツ人は「ビスヒェン」(ヒはあんまり強く発音してませんね)でした。

返信4 返信-4
 2004/10/28 (木) 15:26:25 - 田中雅敏 - <mtanaka@hiroshima-u.ac.jp> - No.1098758337.4
この問題は,実はわたしもずっと長い間疑問でした。naechst の発音は,正式には辞書に
ある通り ここ
です。つまり,あえてカタカナで書くと「ネヒィストゥ」ということになりますか。
しかし,実際の言語使用では,naechst は「ネクストゥ」と発音されることのほうが多
く,ご指摘のとおり非常に多くのドイツ人が「ネクストゥ」と発音していますし,私も
「ネクストゥ派」です(※もちろん,授業では,正式な「ネヒィストゥ」を使っていま
す。日常会話では「ネクストゥ」を使っているという意味です)。
 しかし,辞書に「ネヒィストゥ」と発音するように記号が明記されている以上,naechst
は正式にはそのように発音されるはずです。ただ,実際のところ往々にして「ネクストゥ」
と発音されるのは,これもご指摘のとおりですが,/chs/ が [ks] と発音されるという
理由に牽引されたものでしょう。
 つまり,この現象にきちんとした説明を与えようとすると,次のようになります(あく
まで仮説ですが)。
・ルール@
「ドイツ語では,3連子音 /chs/ は [ks] と発音される(たとえば キツネ Fuchs
[fuks])」
・ルールA
「ただし,ルール@が適用されるのは,語彙的にはじめから /chs/ が含まれているときに
限る。つまり,形容詞 nah の最上級を作り出す(「派生」と言いますが)結果として,た
またま /chs/ という3連子音ができあがったときは,[ks] という発音ではなく,元の
発音に忠実に,/ch/ の発音 + /s/ の発音 という組み合わせになる。

そうすると,nah → naechst は,たまたま nah + st という組み合わせになっただけ(
もちろん nah の部分は naech に変音しています)。同様に,hoch 高い の最上級を作る
派生でも,hoch + st = hoechst となりますが,/chs/ はたまたま派生の結果です。
ですから,辞書にあるように「ヘヒィストゥ」となるのです。※ちなみに,この hoechst
も,実際は「ヘクストゥ」と発音されるほうが多い。

このように,「派生の結果」として出来上がった子音連続は,それぞれの発音が保持され
ます。たとえば,他の例を挙げると,Jubilaeum 「ユビレウム」(記念祭)という単語。
もし,ドイツ語の二重母音のルール aeu 「オイ」(Verkaeufer, haeufig など)に従う
ならば,「ユビロイム」と発音されてもおかしくないですよね。しかし,これには
派生の歴史があって,ラテン語の jubilate 「主をほめたたえよ」(動詞)と,中性名詞
をつくる語尾 -um が結びついてできた語です。「ほめたたえるべき日(→記念日)」
なお,Jubilate 「喜びの日(復活祭後の第三日曜)」という語もここから来ています。
話を戻すと,この Jubilae + um という語形成の結果として,/aeu/ という連続体が
できたからといって,「オイ」とは発音しないということです。

つまり,これが,naechst が「ネヒィスト」と(正式には)発音される理由だと思われ
ます。そこに,/chs/ = [ks] というルール@が必要以上に(過剰に!)適用され(その
ほうが発音しやすいというのもある)「ネクストゥ」という発音が好まれるのでしょう。

発音法の「流行,廃り」というものがあるとすると,やはり誰でも発音しやすいほうに
流れていきますので,「ネクストゥ」のほうが新しい発音法であるということになり
ます。これは,日本語の「ラ抜きことば」と同じです。楽なものが好まれます。

参考になれば幸いです。(田中)

返信5 返信-5
 2004/10/29 (金) 21:42:45 - katze - <メール送信> - No.1098758337.5
こんにちは!お話に交ぜてくださーい。
私の知り合いには標準ドイツ語を話す地方より方言を話す地方の出身者が多いせいか、
「ネクストゥ」が例に漏れずよく聞かれます。しかし・・・。他にも興味深いことが。
彼らは「Nichts」を「ニクス」と発音します、ハッキリと。(「t」はどこ行っちゃった
んでしょう?!)
翻って、「sechs」を「ゼッヒス」と、これまたハッキリと発音しています。
「ch」が全部「ク」に統一されるのならまだ話がわかるのですが、こういう逆転現象っ
て・・不思議です。
日本語で例えるならば江戸っ子の「ひ」と「し」が見事に逆になるような感じでしょう
か。ちなみに上に挙げた彼らの出身はOberoesterreichです。

返信6 返信-6
 2004/10/30 (土) 11:43:00 - 田中雅敏 - <mtanaka@hiroshima-u.ac.jp> - No.1098758337.6
なるほど、面白いですね。
でも、「逆転現象」とは言えないかもしれません。

まず、 nichts を「ニクス」と発音するのは、方言というよりは、くだけた言い方
(俗語、話し言葉)だからです。これは、ドイツ全域、オーストリア・スイスは
全域かどうかはわかりませんが、かなりの広い地域で「ニクス」は使われています。
これは nichts から "t" が抜け落ちて nichs になり、/chs/ が「クス」と発音
されるのに伴って「ニクス」になったというkatzeさんの説は、ほぼ間違いないで
しょう。しかし、今では nix と書かれることもあるぐらい、定着してしまった
言い方です。
 Das macht nix. または Macht nix. 「問題ないよ」
辞書にも、nix = nichts と載っています。

次に sechs を「ゼッヒス」と発音する方言ですが(これは方言ですね)、「ゼッ
ヒス」と発音する方言話者には、/chs/ を「クス」と発音するルールは役に立たな
いようです。彼らは sechs の /ch/ を忠実に発音しています。というのは、
/ch/ は、直前に e という母音が来たときには「ヒ」(すなわち「エッヒ」)と
発音されます。たとえば、echt(本当の)「エッヒトゥ」、Becher(カップ)
「ベッヒャー」などです。sechs /sech/「ゼッヒ」+ /s/「ス」
私の Salzburg 出身の知人も、「ゼッヒス」と発音していますが、他にも、
標準ドイツ語では発音されない(長音記号)/h/ も忠実に(律儀に?)発音して
います。gehen「(標準)ゲーエン」/「(方言)ゲーヘン」
Ehe「(標準)エーエ」/「(方言)エーヘ」
※もちろん、/h/ の後ろに母音が来たときに ha, hi, hu, he, ho と発音するだ
けで、Ahnung を「アハヌング」などと発音するという意味ではありません。
どうやら、オーストリアの人たちは(ドイツ南部も含めてか)/h/ や /ch/ の
発音は“そのものの原音”を大切に読むということが言えそうです。他にも、
/s/ + 母音 も、オーストリアの人たちは、標準ドイツ語のように濁った s に
せず、清音のまま発音している向きもあります。Ich bin satt.「サットゥ」
とか、gesehen「ゲセーヘン」などはよく耳にします。sehen「セーヘン」と
いうのを聞いたときには、「こいつは関西人か」と思うかもしれません。とい
うのは冗談で、/s/ は、“そのものの原音”は清音の s ですので、原音どおり
に読むのがある地域の特徴だとしたら、satt は「サット」ですし、/chs/ は
/ch/ の部分が「ヒ」ですので、「ヒス」になるということではないでしょうか。

/ch/ は、もともと“統一的な”発音がありませんので、その辺は仕方がないです。
a + ch 「ハ(喉の奥から息を出すハ)」 (例)Bach, Dach
u, o 「ホ(同)」 Buch, Loch
i, e + ch 「ヒ(口蓋で音をならす)」 ich, Pech
これだけでも、乱暴に言ってしまえば3通りあります。

いろんな音韻ルールが、本来の持ち場を超えて“過剰に”適用されたり、また
本来適用されるべき音韻ルールが適用されずに“原音のまま”になったり…と
様々な現象がありますね。方言やら話し言葉では、辞書や教科書で学ぶもの
以外のものにたくさん出会え、戸惑うこともありますが、本当に面白いと思い
ます。 (田中)

Tuer 引用
  2004/10/26 (火) 17:23:55 - ssaito - No.1098778818
お願いします。

ドイツ語とは離れますが、
ドイツでは Tuer や Tor はどちら側に開く
ようになっていますか。部屋や家の内側ですか外側ですか。

いまの住まいは長谷工の建てた家ですが、玄関は外側へ
向かって開き、部屋の扉は廊下から部屋の中へ開くように
なっています。
また、学生時代の寮は廊下から部屋の中へ向かって開く
ようになっていました。

テキストの挿絵では Tuer は廊下の方へ開いていましたので、
ドイツではこれが一般的なのだろうかと気になったのです。

返信1 返信-1
 2004/10/26 (火) 19:02:53 - 田中雅敏 - <mtanaka@hiroshima-u.ac.jp> - No.1098778818.1
そんなにたくさんの家を見てきたわけではありませんので,たまたま私が知っている
家や学生寮や大学の建物がそうなだけかもしれませんが,玄関は外側へ向かって開くよう
についています(一軒家・学生寮・大学の建物のすべてにおいて,メイン玄関は外側へ
開く)。次に,個別の部屋のドアですが,こちらはすべて廊下・通路側から内側へ開く
ようについています(家の中のリビングやダイニングルーム,個室などの部屋すべて,
学生寮ですと個人個人の部屋の扉がこれに相当します)。

ということは,

> 玄関は外側へ向かって開き、部屋の扉は廊下から部屋の中へ開くように
> なっています。
> また、学生時代の寮は廊下から部屋の中へ向かって開く
> ようになっていました。

私が知っている限りのドイツの建物も,この記述とまったく同じ仕組みですね。自分のホ
ストファミリーの家などを含めて,自分の知っている10ぐらいの家を思い起こしてみま
したが,どれも同じです。

> テキストの挿絵では Tuer は廊下の方へ開いていましたので、

これは珍しいかもしれませんね。少なくとも,玄関はさておき,個室のドアが内側へ
開くのは,防犯上有効だからと言われていますね。不審者がドアをこじ開けて中へ入ろう
とするとき,外側に開くドアだと,中にいる人(住人)は必死にドアノブを持ってドアを
開けられまいと引っ張っていなくてはなりません。その点,内側に開くドアだと,たと
えば,ドアの内側すぐのところに重いタンスやベッドを移動させてきて置けば,ドアは
開きません。また「つっかえ棒」なども有効でしょう。押し入り強盗などから身を守る
には,内側へ開くドアのほうが有効です。---- じゃあ,なぜメイン玄関は外側に開く
のでしょうね(素朴な疑問)。メイン玄関で防犯するのが一番良いと思うのですが,
何か意味があるのでしょうかね ----。
 それでも,外側へ開くドアもあるのでしょうから(それが一般的でないにせよ。もし
かするとこちらが一般的かもしれませんが),テキストの挿絵も間違いではないのでしょ
うね。 (田中)

返信2 返信-2
 2004/10/26 (火) 20:48:28 - ssaito - No.1098778818.2
思い出を煩わしてまでお答えいただき有難う御座います。

そうしますと、ドイツは日本と似たような建築ポリシーなのですね。
建築学の国際的な系列があるのだろうかと思ったりしました。

ドイツ語から逸れてしまいすみませんでした。

全1000件(返信記事を除く) | ページ間移動→[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 97 98 99 100 ]


最大1000件保持 | 投稿レポートON | 管理者宛てEメール | ?ヘルプ

MiniBBS-EX 1.19