ドイツ語質問箱

ドイツ語やドイツ語圏に関するご質問があればこちらにお書きください。できるだけ速やかに返信いたします。
また、メール送信フォームからも質問をお寄せいただけます。
New! ドイツ語特殊文字も入力・表示できるようになりました!!(入力はそれぞれのボタンを押下)
名前
Eメール 返信コール(コメントが付いたらメール連絡)
公開しないでメールを受けたい 公開する又は記入しない
タイトル
本文 改行無効 改行有効


title
本文中にURLがあれば自動的にアンカー(リンク)にする タグ(※1)を有効にする(投稿前に表示確認を)
暗証番号 ←この記事を削除するためです(変更可能)。4桁〜8桁の半角数字のみでご指定ください
設定保存     

(※1) 使えるタグは <B>(強調) <I>(斜体) <U>(下線) <FONT>(装飾) <A>(アンカー) のみです.
   タグを使用するときは「タグを有効にする」のラジオボックスを選択してください 閉じ忘れに注意.
(※2) 投稿後30分以内であれば編集(修正)が可能です.

全 1000 件 [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 ] [最新の状態]
ページ 100 (991〜1000)
郵便ポストについて 引用
  2004/9/21 (火) 14:49:31 - der Student - No.1095745771
あるちょっとしたことでドイツのポストの写真を見たのですが、
その写真には日本の国旗のような赤い丸がついてました。
ベルリンの写真だとは思うのですが、いろいろ調べてもわかりません。
何か意味があるのでしょうか?

返信1 返信-1
 2004/9/21 (火) 23:34:57 - 田中雅敏 - <mtanaka@hiroshima-u.ac.jp> - No.1095745771.1
こんにちは。
ドイツのポスト (Briefkasten) の前面には、いわゆる「郵便収集時間」が記載され
ています。そこに、赤い大きな丸()がついているものがあり
ます。これが der Student さんが目にされたものでしょう。これは、「日曜日も郵便
収集がある」ということを示す目印なんですよ。これは Deutsche Post が定めている
ものですので、ドイツ国内共通の目印となっています。(田中)

返信2 返信-2
 2004/9/22 (水) 11:22:26 - der Student - No.1095745771.2
Vielen Dank!
ずっと気になっていたことがやっと解決しました。
本当にありがとうございました!!

お礼の言葉 引用
  2004/9/19 (日) 19:47:22 - かな - <メール送信> - No.1095590842 - 返信コールON
子供がドイツで大変お世話になったお家にお礼状を書きたいのですが、お母さまが英語
ができないというのでドイツ語でお礼を書いたカードを送ろうと思いあちこち翻訳サイ
トを試しましたが、難しく、悩んでいましたらこのサイトにめぐり合いました。
もし、お手数でなければ、教えて頂けると非常に嬉しいです。よろしくお願いします。
下記を訳して頂けると本当に助かります。

○あなたのおかげで娘はドイツでとても楽しい思い出を作ることができました。
○彼女は楽しかった話をいっぱいしてくれます。私もとても嬉しいです。
○あなたの優しさと親切に感謝します。
○たくさんのおみやげをありがとうございました。
○素敵な品ばかりで大変気に入っています。
○あなたが疲れていないか心配です。ゆっくり休んで下さいね。
○大変ありがとうございました。

返信1 返信-1
 2004/9/21 (火) 11:44:31 - 田中雅敏 - <mtanaka@hiroshima-u.ac.jp> - No.1095590842.1
こんにちは。ドイツ語のお礼状の作文例です。参考になれば幸いです。
※ドイツ語特殊文字について:文中に登場する下線がひかれた文字は特殊文字です。
実際に手紙を書かれるときは、次のように置き換えてください。
"ae" → "a-ウムラウト" / "ue" → "u-ウムラウト" /
"oe" → "o-ウムラウト"
"ss" → "エスツェット(β)"

○あなたのおかげで娘はドイツでとても楽しい思い出を作ることができました。
Meine Tochter hat nun viele sehr schoene Erinnerungen mit Ihnen.
○彼女は楽しかった話をいっぱいしてくれます。私もとても嬉しいです。
Sie erzaehlt mir staendig, wie schoen es in Deutschland war
und wie viel Spass sie bei Ihnen gehabt hat. Das freut mich auch sehr.
○あなたの優しさと親切に感謝します。
Ich bedanke mich bei Ihnen fuer Ihre Freundlichkeit und
schoene Tage, die sie bei Ihnen verbracht hat!
○たくさんのおみやげをありがとうございました。
Und vielen Dank auch fuer viele Andenkengeschenke fuer uns.
○素敵な品ばかりで大変気に入っています。
Alles gefaellt uns sehr!
○あなたが疲れていないか心配です。ゆっくり休んで下さいね。
Bleiben Sie bitte schoen gesund. Ihr geht es auch gut.
○大変ありがとうございました。
Noch einmal herzlichen vielen Dank fuer alles!!

(田中)

返信2 返信-2
 2004/9/21 (火) 17:55:53 - かな - <メール送信> - No.1095590842.2
わがままなお願いをしまして申し訳ございませんでした。ご丁寧に訳して下さいまし
て、感謝致します。本当にありがとうございました。翻訳機を使っても正しいかどうか
わからず、変なことを書くわけにもまいりませんので困って居りました。深くお礼申し
上げます。ありがとうございました。

単語の語尾の発音 引用
  2004/9/8 (水) 13:39:17 - ゆうすけ - <メール送信> - No.1094618357 - 返信コールON
いつも先生のサイトを拝見しております。
さて、一つ質問なんですが、Sturm und Drang の言葉でよく使われるDrangの発音は
クではなくグが正しいそうですが、どういう規則で、清音になるときと濁音になるので
すか。
 また、多くのカタカナ表記で、シュトルム・ウント・ドランクと間違っているのはな
ぜでしょうか?
お忙しいところ恐縮ですが、お教え願えれば幸いです。

47歳 社会人 

返信1 返信-1
 2004/9/9 (木) 14:12:23 - 田中雅敏 - <mtanaka@hiroshima-u.ac.jp> - No.1094618357.1
こんにちは。語中や語末に表れる /ng/ の発音についてですが、発音記号では n と g
が合わさった記号を使います(ウェブ上では表記できないので省略)。これは、同じ
語末の /g/ の [k] という発音とは違うことがわかりますね(例えば Tag [ta:k] な
ど)。つまり、語末の g は、次のような区別をすることができます。
(1)n + g の組み合わせ(/ng/)、(2)母音の後の/g/(例:Flug)、及び
n 以外の r などの子音の後(例:Berg)
---(1)の場合は /ng/ は濁ります([ng])。(2)の場合は /g/ は濁りません
([k])。
ですから、たとえば表題の Drang の /ng/ が、あるときは清音(無声音)に、ある
ときは濁音(有声音)になるということはありません。常に [ng](有声音)です。

さて、カタカナ表記の件です。ドイツ語に限らず外国語の音をカタカナで書くのは
困難ですが、敢えて書きますと、外国語の音のカタカナ表記は慣例として次のような
ルールに沿っていると思われます。
/g/ →「グ」
/k/ →「ク」
/n/ →「ン」
そうすると、/ng/ は「ング」となり、Drang は「ドラング」となるでしょう。
ちなみに、主要単語の発音記号をカタカナで表記している『アポロン新独和辞典
(同学社)』でも、「ドラング」と表記してあります。
 ただし、問題は、/k/ と /g/ が、カタカナで書く「ク」と「グ」ほど異なった音
ではなく、ただ無声と有声の対になっているだけのものであるということです。
/k/ と /g/ を交互に口の中で発してもらえればよく分かりますが、これらには
母音が含まれていない(つまり [ku] や [gu] ではない)ので、本当にただの
無声と有声の違いだけということになります。Drang を発音表記どおりに [drang]
と発音しても、それは [drank] の最後の /k/ を少し振るわせただけの音になりま
すね。
 このような場合、人間のことですから、できるだけ楽な音(つまり音を震わせない
無声音)のほうに傾く傾向があります。典型的な例として、英語の bed を「ベット」
(敢えて書きますが)と言ったり、bag と back をどちらも「バック」と言ってし
まったり、カタカナでそう書いてしまう人がいると思います。
 Drang も、本当は /g/ はほんの少し音が震えていますので、その意味では「グ」
と書くべきなのでしょうが、耳にも本当にわずかな音の震えしか感じられないため、
「ドランク」というカタカナ表記で定着しているのではないかと推測します。
これが、Tag [ta:k] と Tage [ta:ge] のように明らかに音の重みが違えば、耳にも
分かりやすいですが。
 Sturm und Drang の Sturm だって、「シュトルム」という表記ではまだ不十分で、
「シュトゥルム」と書いたほうが、より原語に近いと思われます。カタカナ表記は
あくまでも参考にする程度が良いかもしれません。  (田中)

返信2 返信-2
 2004/9/10 (金) 08:34:08 - ゆうすけ - No.1094618357.2
丁寧なご説明を有難うございました。
ng/ は濁る([ng])ということですが、-ngで終わる名詞は、Drang以外にどんなものが
あるのでしょうか?

返信3 返信-3
 2004/9/10 (金) 11:18:02 - 田中雅敏 - <mtanaka@hiroshima-u.ac.jp> - No.1094618357.3
> -ngで終わる名詞は、Drang以外にどんなものがあるのでしょうか?

一番多いのは、女性名詞を作る(動詞を名詞化する)語尾 -ung がついたもの
でしょう。Bewegung (動き・移動)(bewegen), Erfahrung (経験)(erfahren),
Sitzung (会議)(sitzen), Versicherung (保証・保険)(versichern),
Besserung(風邪などの病気の人に対して「お大事に (Gute Besserung!)」と
言う)...など、相当数の動詞が語尾 -ung を伴って名詞化されます。また、
動詞の名詞化ではないですが Zeitung(新聞)、などもやはり /ng/ という音を
含んでいます。
 他にも、Anfang (始まり), Eingang (入り口), Vorhang (カーテン),
Gesang (歌・合唱), Fruehling (春;"ue"はu-ウムラウト), Ring (指輪),
Schwung (スィング・揺れること), Sprung (ジャンプ), streng (強い・
厳しい=形容詞), Ginseng (朝鮮人参), Diphthong (二重母音) など、
たくさんあります。
 これらは、すべて、/ng/ [ng] という発音をします。つまり g は濁ります。

男性名詞、女性名詞 引用
  2004/9/4 (土) 13:33:13 - ドドンパ - No.1094272393
はじめまして、
つい最近になってドイツ語を勉強し始めた者なのですが、
男性名詞と女性名詞の事がよく分かりません。
どう分からないのかと言うと、
男性名詞は男が使うもので
女性名詞は女が使うものなのですか?
たとえば、「〜なのよ」は女性が使う言葉ですが、
このような感じでしょうか?
あと、Adresseは女性名詞と出たのですが
男がAdresseの意味を使いたい時はどうすればよいのでしょうか?
色々なサイトを見たのですが、説明を読んでもイマイチ理解できませんでした。
どなたか教えて頂けませんか?
宜しくお願いします。

返信1 返信-1
 2004/9/4 (土) 16:32:18 - 田中雅敏 - <mtanaka@hiroshima-u.ac.jp> - No.1094272393.1
こんにちは。
ドイツ語だけでなく、フランス語やイタリア語などにも「名詞の性」がありますが、
これは必ずしも「生物学上の性」に対応しません。こう書くと漠然としているかも
しれませんね。簡単にいうと、名詞の性(例にあがっている Adresse が女性名詞
であるなど)は「文法上の性」だということに気をつけてほしいということです。
名詞を、たとえば「食べ物」に関するもの、「職業」に関するもの…というように
そのジャンルから分類することができるのと同じように、名詞が(あくまでも文法
上の分類として)男性名詞、女性名詞、もしくは中性名詞というものに分類されて
います。これには、「(男性的な)力強さ」を感じる名詞が男性名詞、「(女性的
な)優しさや包容力」を感じさせる名詞が女性名詞に分類される面もあります。
たとえば「山(ドイツ語では Berg)」は男性名詞でしょうか、女性名詞でしょうか?
答えは男性名詞です。山が高くそびえる様が力強さを感じさせるからと考えると、
なんとなく直感にも合っています。同様に「樹木・木(Baum)」も男性名詞です。
対して「花(Blume)」や「海(See)」は女性名詞です。「母なる海」という言葉
があるように、これらの名詞には優しさや包容力が感じられると言えないこともあ
りませんね。
 ただし、これらの文法上の性は、言語によって異なることがあります。たとえば
「月」はドイツ語では男性名詞(der Mond)ですが、フランス語(la lune)やイタ
リア語(la luna)では女性名詞です。これが、あくまでも「概念上・文法上の性別
である」という理由です。
 従って、「男性[女性]が使うから男性[女性]名詞」というわけではありません。
名詞の性は、その名詞(Adresse なら Adresse)が持っている性別ですので、その
言葉を使おうとする人間が男性だろうが女性だろうが無関係なのです。男性である
太郎君が "Meine Adresse ist..."(僕の住所は…です)と言おうが、女性である
花子さんが "Meine Adresse ist..."(私の住所は…です)と言おうが、違いがない
のです。(ここで「僕」とか「私」と日本語で訳した部分については、Adresse の
持っている性別とは無関係であることに注意。これらはあくまでも話者(太郎、花子)
の性別に依存しています。)
 たしかに、このように、話者の性別に依存した名詞の性差というものも存在します。
たとえば職業や身分を表す名詞です。「母(die Mutter)」といえば女性しかありえ
ませんし、「祖父(der Grossvater)」は男性でしかありえません。また、大抵の
職業名には Student(男子学生)、Studentin(女子学生)のように、女性形が -in
で終わる形で性別が区別できることになっています。Japaner と Japanerin など、
いろいろあります。
 しかし、これら「生物学上の性差に依存する」若干の名詞を除けば、名詞は「文法
上の性差」を持つと説明するほうが良いでしょう。

 なお、辞書でいろいろな名詞の性を調べているとそのうち気づかれるかもしれませ
んが、名詞の語尾が -e で終わっているもの(Adresse など)はほぼ女性名詞です。
これは、女性名詞の定冠詞が die であることと関係していて、di*e* Adress*e* の
ようにまるで「韻をふんで」いるかのように考えることができます。他にも、この
語尾がくれば○性名詞というようなルールがありますので、見つけてみてください。
ここで言いたいことは、名詞の文法上の性を決めているのは、そのような形態上の
ルールに拠るところもあるということです。名詞の意味のもつイメージや形態上の
ルールから…など、奥が深いですね。(田中)

返信2 返信-2
 2004/9/4 (土) 17:17:54 - ドドンパ - No.1094272393.2
ありがとうございます!!

なるほど、そうだったのですか。
名詞に性別を決めているだけで、
それを男が使おうが女が使おうが自由なのですね。
あと、女性名詞の見分け方などもありがとうございました。
いろいろ探してみたいと思います。
それでは、本当にありがとうございました m(__)m

Carlsen 引用
  2004/8/20 (金) 21:23:17 - Das Schiri - No.1093004597
こんにちは。
カールセンから出版されている風の谷のナウシカのマンガってすべて大文字で書かれているので
しょうか? Carlsen から出版されているドラゴンボールは持っているのですが、全て大文字
で書かれていて、ちょっと見づらくて買おうか迷っています。

返信1 返信-1
 2004/8/21 (土) 12:36:12 - 田中雅敏 - <mtanaka@hiroshima-u.ac.jp> - No.1093004597.1
こんにちは。
私の手元にある Carlsen社出版のものといえば『千と千尋の神隠し(Chihiros Reise ins
Zauberland)』ですが、これもすべてのふきだしが大文字のみの表記になっています。
念のため http://www.carlsencomics.de/ をのぞいてみましたが、予想通り、大文字・小文
字の使用についての記載はありませんでした。しかし、ページ上に、何かのコミックの中身を
モチーフにしたバナーがありますが、それをよく見ると、そこに書かれているふきだしも大文字
になっています。
 なお、別の Egmont Manga & Anime Verlagsgesellschaft mbH という出版社から出ている
『名探偵コナン(Detektiv Conan)』も持っていますが、こちらは小文字も併用されていま
す。http://www.manganet.de/ でオンライン注文できるようです(海外発送もやっているよ
うです)。また、どのコミックがどこの出版社から出ているかが判れば、amazon.de でも
買えますね。
 『〜ナウシカ(Nausicaae aus dem Tal der Winde)』は Carlsen出版ですよね。(田中)

返信2 返信-2
 2004/8/22 (日) 00:15:31 - Das Schiri - No.1093004597.2
carlsen 以外にもマンガを出版しているところがあるのですか。
参考になりました。ありがとうございます。

名詞について。 引用
  2004/8/12 (木) 15:50:24 - der Student - No.1092293424
こんにちは。
独文中で、基本的には、名詞に冠詞(der,die,das,...)がつくようなのですが、
ついてないときがあります。これは、どのような基準で冠詞を付けるか、付けないかを
決めているのですか。
教えてください。

返信1 返信-1
 2004/8/12 (木) 23:17:39 - 田中雅敏 - <mtanaka@hiroshima-u.ac.jp> - No.1092293424.1
イディオム(慣用表現)で用いる場合,冠詞がつかないことがあります。
たとえば,Zeit (時間・暇)は女性名詞ですので,定冠詞 die をつけて,
  Die Zeit vergeht sehr schnell. 「時が経つのは早い」
となりますが,慣用表現では
  Morgen habe ich Zeit. 「明日は暇があります」
  Es ist Zeit. 「もう時間だ」
などというように,無冠詞(冠詞がつかない)で用いられます。
 他にも,
  Ich fahre Auto. (Auto fahren)
  Ich habe Hunger. (Hunger haben)
などなど。いずれも,あたかも【分離動詞】であるかのように振る舞いま
す(→ Hunger|haben)。
 ただし,面白いのは,普段は無冠詞でも,否定するときは冠詞(否定冠詞)
がつくことです(Ich habe keinen Hunger.)。
 ポイントは,無冠詞で用いられる名詞は,【抽象名詞】のような扱いを受
けるという点でしょう。Zeit, Lust, Hunger などはもちろんですが,Auto
なども(実際は可算名詞にもかかわらず)イディオム表現においては,
「(特定の車ではなく,一般的な意味で)車を運転する」という意味におい
て抽象的な名詞として捉えることができるでしょう。 (田中)

街の名の性について 引用
  2004/8/3 (火) 16:45:22 - katze - <メール送信> - No.1091519122 - 返信コールON
こんにちは、はじめまして。
名詞の性(?)と前置詞の関連についてお尋ねします。
ドイツはTrierに住む友人からのメールの結びに、

「Viele Gruesse aus dem heissen Trier!」

とありました。ここで、Trierという街の名は何故男性or中性になるのかがわかりません。
今まで私はこういうケースの場合、「街=Stadt→性は女性」と考えてきたのですが、その考え
方ですと「dem」ではなく「der」のはずですよね。
このケースのルールと根拠についてお教え下さい。よろしくお願いします。

返信1 返信-1
 2004/8/3 (火) 19:41:29 - 田中雅敏 - <mtanaka@hiroshima-u.ac.jp> - No.1091519122.1
こんにちは。
これもとても興味深い質問です。

たしかに、前置詞 aus の後ろは3格名詞句が来ますので、もし Trier が女性名詞で
あれば aus der (heissen) Trier となるはずですね。でも、ご友人からのメールには
aus dem Trier となっている。実は、大半の地名(国名や都市名)は中性名詞扱いに
なるのです。したがって、Trier も中性名詞、das Trier → aus dem Trier というわ
けです。

この「国名・都市名の性別についてのルール」は、Duden 第4巻 Die Grammatik にも
掲載されています。
DUDEN BAND 4 (1995) - die Grammatik, Duden Verlag
199ページの Die Wortarten > Das Substantiv > Geographische Namen の項

一部抜粋します。
1. Laender- und Gebietsnamen sind im Allgemeinen Neutra, seltener feminin
oder maskulin:
(一般に、国名や地域名は中性名詞。ごく稀に女性・男性名詞)
das schoene Tuebingen, das geheimnisvolle Tibet,
unser ganzes Europa
(語尾が -ei, -e で終わる地名は女性名詞:
die Slowakei, die Tuerkei, die Normandie, die Champagne
および die Schweiz, die Sahara などの例外)
(男性名詞なのは、der Peloponnes, der Balkan, der Irak, der Iran など)
(常に複数形なのもある: die USA, die Niederlande)
2. Ortsnamen sind im Allgemeinen Neutra, selbst wenn in Zusammensetzungen das
Grundwort - fuer sich genommen - ein anderes Genus hat:
(地名も一般的に中性名詞。たとえ、その語の中に女性・男性名詞の名詞部分が含ま
れていても無関係:die Villa だが、das Sevilla など)
das herrliche Sevilla (obwohl: die Villa)
das schoene Salzburg (obwohl: die Burg)
das beruehmte Heidelberg (obwohl: der Berg)
3. Bergnamen sind im Allgemeinen maskulin (moeglicherweise in Anlehnung an
der Berg):
(山の名前は一般に男性名詞。これは der Berg が男性名詞なので、その影響か)
der Brocken, der Kilimandscharo, der Olymp
(ただし、-a で終わる山の名前は女性名詞の場合もある: die Sc[h]esaplana,
die Marmolata。しかし、さらに der Aetna は男性名詞)
4. Gebirgsnamen sind maskulin, seltener feminin:
(山脈名も男性名詞。稀に女性名詞)
der Harz, der Balkan, der Himalaya
aber: die Eifel, die Haardt
(山脈名は、その多くが複数扱い: die Pyrenaeen, die Alpen, die Dolomiten)
5. Deutsche Flussnamen sind feminin oder maskulin:
(ドイツ国内の河川名は男性名詞と女性名詞のどちらかに分類)
die Weser, die Fulda, die Donau, die Spree
der Inn, der Main, der Rhein, der Necker
Auslaendische Flussnamen sind ueberwiegend maskulin:
(ドイツ国外の河川名は、ほぼ男性名詞扱い)
der Nil, der Kongo, der Amazonas, der Mississippi
(ただし、-a や -e で終わる河川名の場合、女性名詞: die Wolga, die Adda,
die Loire, die Seine, die Themse)

都市名である Trier は、上記(2)のルールから、中性名詞扱いであることが分かりま
す。

なお、「街=Stadt→性は女性」という考え方は、時として重要です(今回の都市名に
は当てはまりませんでしたが)。たとえば、日本語の「たたみ」はドイツ語で die
Tatami です。ドイツには伝統的には畳はありませんでしたので、これは明らかに日本
語からの借用語です。畳の代わりに、die Matte を適用してあります。die Matte,
die Tatami です。

実は、もう一つ、名詞の性を決定するときの要因になりうるものがあります。それは、
上記の(1)〜(5)の中にも何度か登場していますが、語尾が -a や -e なら女性名詞だ
というルールです。ラテン語(やイタリア語、スペイン語など)では、語尾 -a は女
性名詞・単数の印です(-e は、その複数形)。おなじみの「ピザ」は、イタリア語で
Pizza と書きますが、これは単数形です。イタリアのレストランに行くと、Pizze と
書いてあります。お店で扱っているピザは複数あるからです。ちなみに、私のいる広
島には「サンフレッチェ広島」というサッカーチームがあるのですが、「サン」は日
本語の「3」から付けられました。「フレッチェ(frecce)」はイタリア語で「矢」
です。つまり「三本の矢(安芸国の武将毛利元就の三本の矢の逸話から)」なので
す。「矢」の単数形は frecca、そして複数形は frecce です。三本だけに、きちんと
複数形になっているところがニクイです(「サンフレッツァ広島」でなくて)。
話が脱線しましたが、この -a/-e の語尾で思いつくのは、たとえば飲み物の die
Cola でしょう。コーラは飲み物(das Getraenk)なので das Cola として扱う人も
います。しかし、どうやら die Cola のほうが一般的のようです。

脱線ついでに、日本語の「ふすま」は、扉(die Tuer)からの類推で die Fusuma と
する説と、語尾 -a の影響で die Fusuma とする説に分かれます。どちらの解釈でも
良いのでしょうね。この場合は結果としていずれも女性名詞扱いになります。

以上、長くなりましたが参考になることを願っています。(田中)

返信2 返信-2
 2004/8/4 (水) 08:30:37 - katze - <メール送信> - No.1091519122.2
田中様,
ご丁寧な解説をありがとうございました!これでとてもスッキリしました。山や河川についても
とても参考になりました。以前インターネットが一般に普及し始めた頃に「メール」の性
(die e-Mail)について、「手紙(Brief)は男性なのに何故メールは女性なの?」と疑問に思
ったことが思い出されました。(←これは「Post」からの連想だと後に聞きました。)
「サンフレッチェ」が文法的に合っているというのは知りませんでした。そういったケースはそ
の言語を知っている者から見ると非常に気持ち良いものですよね。
今後ともよろしくお願いいたします。どうもありがとうございました。

全1000件(返信記事を除く) | ページ間移動→[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 ]


最大1000件保持 | 投稿レポートON | 管理者宛てEメール | ?ヘルプ

MiniBBS-EX 1.19