ドイツ語質問箱

ドイツ語やドイツ語圏に関するご質問があればこちらにお書きください。できるだけ速やかに返信いたします。
また、メール送信フォームからも質問をお寄せいただけます。
New! ドイツ語特殊文字も入力・表示できるようになりました!!(入力はそれぞれのボタンを押下)
名前
Eメール 返信コール(コメントが付いたらメール連絡)
公開しないでメールを受けたい 公開する又は記入しない
タイトル
本文 改行無効 改行有効


title
本文中にURLがあれば自動的にアンカー(リンク)にする タグ(※1)を有効にする(投稿前に表示確認を)
暗証番号 ←この記事を削除するためです(変更可能)。4桁〜8桁の半角数字のみでご指定ください
設定保存     

(※1) 使えるタグは <B>(強調) <I>(斜体) <U>(下線) <FONT>(装飾) <A>(アンカー) のみです.
   タグを使用するときは「タグを有効にする」のラジオボックスを選択してください 閉じ忘れに注意.
(※2) 投稿後30分以内であれば編集(修正)が可能です.

全 972 件 [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 93 94 95 96 97 98 ] [最新の状態]
ページ 92 (911〜920)
Das Nibelungendlied 1 ( 3-53 ) 引用
  2005/11/7 (月) 06:05:27 - Ssai-to - No.1131310842
お願いします。

3. Aventiure:Wie Siegfried nach Worms kam

53 "Wenn Du nicht davon ablassen willst", sagte da der Koenig,"dann
freue ich mich aufrichtig ueber Deine Zielstrebigkeit und will Dir,
so gut ich es irgend vermag, dabei helfen, das Vorhaben zu einem
guten Ende zu fuehren. Dennoch warne ich Dich:Koenig Gunther hat
viele stolze Gefolgsleute.


「 汝その儀 是が非にも
無みせざるの 心なれ 」

申されここに 父王は

「 如かして汝の ひたむきな
心根まこと 喜ばし
然らばともかく 我にても
善処の手立て 有るにより
其処ごと助く にて汝
めでたき末を 期すべきぞ

如くはあれども やはり我
汝に言って 置きたきは
グンター王には 数多く
誇りも高き 臣下あれ


(1) Du, Dir, Dich と大文字で書き始めてあるのは何故ですか。
(2) will Dir, so gut ich es irgend vermag, dabei helfen, das Vorhaben
zu einem guten Ende zu fuehren. の構造を御説明下さいませんか。

返信1 返信-1
 2005/11/8 (火) 14:39:05 - 田中雅敏 - <mail@daisuki-doitsu.info> - No.1131310842.1
>(1) Du, Dir, Dich と大文字で書き始めてあるのは何故ですか。

これは、古くは書き言葉では【親称】の du やその複数形の ihr の変化形を含む一連の
代名詞を大文字で書いていた風習によるものです。現行の「ドイツ語新正書法」では、du
と ihr (の一連の変化形)の大文字書きは廃止になりましたが、今でも敬称の Sie は大
文字で書きます。これは同じつづりの sie があるので紛らわしいという理由もあります
が、それと同時に2人称(呼びかけの相手)は大文字で書き、強調するという意味もあり
ます。現代でも、手紙やメールなどの私信でも【親称】の人称代名詞を大文字書きする風
習は残っています(ただし正書法では原則として小文字で書くことになっていますが、ま
だまだ従来の習慣に従って書く人が多いです)。
なお、以前の第1−16にも Du の大文字書きが出ていました。

>(2) will Dir, so gut ich es irgend vermag, dabei helfen, das Vorhaben
> zu einem guten Ende zu fuehren.

will で始まっているのは、もちろん ich の省略です。直前に freue ich とありますの
で、その ich をそのまま引き継いでいます。
 次に、[so gut ich es irgend vermag] の部分は【挿入句】で、補足的なものです。で
すから、まずはこの部分を省略して考えると良いでしょう。
 なぜ [so ... vermag] が挿入句とわかるかといいますと、まず Komma で区切られてい
ることもありますし、また動詞 helfen が3格目的語をとる(jemandem helfen 「〜に手
助けする」)ため、[ich] will Dir dabei helfen というまとまりを考えなければならな
いからです。そうすると、[so gut ... vermag] の部分はそれらの間に挟まっている【挿
入句】ということがわかります。
 最後の [das Vorhaben ... zu fuehren] は、zu不定詞句ですので、どこかを修飾して
いるはずですが、その先行詞は dabei です。前にも話にでましたが、da-(bei) などの
da- は必ずどこかにその具体的内容が書かれているはずです(もしくは【直示 Deixis】
として文脈的にわからないといけません)。
 そこで、
 [ich] will Dir dabei helfen, das Vorhaben zu einem guten Ende zu fuehren.
 「その決意が良い結末まで導かれるように、私はお前に手助けしよう」

 さて、最後に【挿入句】の部分についてですが、これは
 so gut [wie] ich es irgend vermag
のように、[wie] が省略されていると考えるとわかりやすいと思います。「so 形容詞
wie 〜」の構文は、「〜であるのと同様に<形容詞>だ」というものです。つまり、"ich
es irgend vermag" (私が何かしらできる)だけのこと(so gut wie...)をしよう、と
いうわけです。自分ができる能力と同じだけの分量を提供するというわけですね。→「で
きる限りのことを」

あと、最後の viele stolze Gefolgsleute の stolz の解釈ですが、ich warne Dich
「警告しておく、これだけは言っておく」というのがありますので、あまり良いことを警
告するのではないはずです。そうすると stolz は「高慢な、思い上がった、うぬぼれ
た」という意味(悪い意味の使い方)もありますので、「グンテル王には思い上がった家
来たちがたくさんいる(ので気をつけろ!)」と警告しているとも考えられます。

参考になれば幸いです。

返信2 返信-2
 2005/11/8 (火) 21:21:00 - Ssai-to - No.1131310842.2
解説を頂き、有難う御座います。

親称の書き出しの大文字書きにつきましては、心象の強調で
あろうとは思っていたのですが、過去すでに質問済みであった
ことは、すっかり失念していました。すみません。


und will Dir, so gut ich es irgend vermag, dabei helfen, das Vorhaben
zu einem guten Ende zu fuehren. Dennoch warne ich Dich:Koenig
Gunther hat viele stolze Gefolgsleute. のところは・・・


然れば汝 我にても
其処ごと成就 する日まで
何かと手立て 尽くすべし

如くはあれども やはり我
汝に言い置く ことぞ有り
グンター王には 数多く
傲慢不遜の 家来あれ


で合っていますか。

返信3 返信-3
 2005/11/9 (水) 12:03:10 - 田中雅敏 - <mail@daisuki-doitsu.info> - No.1131310842.3
これで良いのではないかと思います。

返信4 返信-4
 2005/11/9 (水) 16:50:27 - Ssai-to - No.1131310842.4
OK の comment を有難う御座います。一応、以下に清書します。


53 "Wenn Du nicht davon ablassen willst", sagte da der Koenig,"dann
freue ich mich aufrichtig ueber Deine Zielstrebigkeit und will Dir,
so gut ich es irgend vermag, dabei helfen, das Vorhaben zu einem
guten Ende zu fuehren. Dennoch warne ich Dich:Koenig Gunther hat
viele stolze Gefolgsleute.


「 汝その儀 是が非にも
無みせざるの 心なれ 」

申されここに 父王は

「 如かして汝の ひたむきの
心根まこと 喜ばし
然れば汝 我にても
其処ごと成就 する日まで
何かと手立て 尽くすべし

如くはあれども やはり我
汝に言い置く ことぞあり
グンター王には 数多く
傲慢不遜の 家来あれ


ということで、次へ進みます。

Der Holle Rache 引用
  2005/11/5 (土) 23:33:19 - 怪しいおやぢ - No.1131201200
初めて書き込みます。
ギャグでドイツ語を学習している怪しいおやぢです。

23伺いたいことがあり書き込みした。
ちなみにウムラウトは面倒なので省略しています。

1.MozartのDie Zauberfloteで最初に

Der Holle Rache kocht in meinem Herzen.

とありますが、
HolleもRacheも女性名詞なのに何故定冠詞がderになるのかよくわかりせん。

これは実は

Der Holle Rache kocht es in meinem Herzen.

とesが省略されているためでしょうか。

2.同じくDie Zauberfloteで

wenn nicht durch dich Sarastro wird erblassen,

とありすが、wirdとerblassenが逆ではないのでしょうか。


3.同上最後の
Hort der Mugger Schwur!

で何故derになるのかよくわかりません。
denのような気がします。

どうかご教授お願いいたします。

返信1 返信-1
 2005/11/8 (火) 17:35:56 - 田中雅敏 - <mail@daisuki-doitsu.info> - No.1131201200.1
こんにちは。
返事が遅くなって申し訳ありません。
あまりオペラは詳しくありませんので、内容をもっときちんと知っていればより詳しいこ
とがお答えできるとは思うのですが、文法的な内容につきましては内容についての知識が
乏しくても、ある程度はお答えできると思います。

> Der Holle Rache kocht in meinem Herzen.
> とありますが、
> HolleもRacheも女性名詞なのに何故定冠詞がderになるのかよくわかりせん。

これは、私たちが一般に目にする表記方法ですと、
 [Die Rache der Hoelle] kocht...
というようになると思います。仰るとおり、Rache も Hoelle も女性名詞ですので、一見
すると der というのは状況に合わないように見えます。しかし、der といえば女性名詞
にとっては「2格」と「3格」の定冠詞です。"der Hoelle" の部分は、実は2格の形
で、普通は2格の名詞はそれが修飾する語(被修飾語)の【後ろ側から】修飾します。
 (参考)[ die Rache [2格 der Hoelle]]
          ←
 しかし、時には、今回の事例のように、【前から】修飾する場合もあります。
 [[2格 der Hoelle] Rache]
          →
いずれも、「地獄の復讐」ということが表現されています。
今回の文例にあるような「2格(【前から後ろに向かっての修飾】)」は、「ザクセン2
格」と呼ばれることもあるものですが、用語はさておき、特に地域によってはこの2格の
表現方法を一般的に用いる地域もあります。
(例)Seine Mutter packte mich bei den Haaren und versuchte mich in des
Vaters Auto
zu ziehen. (www.wdr.de のウェブサイトより)

なお、Rache のほうは、本来ならば die Rache のように定冠詞がつくはずですが、定冠
詞 die が来るべき場所に ザクセン2格が来てしまっていますので冠詞はそれ以上は付き
ません。さもないと、
 (参考=これは間違いの例) [ die [der Hoelle] Rache ]

> wenn nicht durch dich Sarastro wird erblassen,
> とありすが、wirdとerblassenが逆ではないのでしょうか。

たしかに、通常は wird が一番最後に来ます。しかし、前後の文を見ますと、
 Der Hoelle Rache kocht in meinem Herzen,
 Tod und Verzweiflung flammet um mich her!
 Fuehlt nicht durch dich Sarastro Todesschmerzen,
 So bist du meine Tochter nimmermehr.
 Verstossen sei auf ewig, verlassen sei auf ewig,
 Zertruemmert sei'n auf ewig alle Bande der Natur,
 Wenn nicht durch dich Sarastro wird erblassen!
 Hoert! Rachegoetter! Hoert der Mutter Schwur!

ここで色分けしたように、2つの脚韻が混在しているとはいえ、韻を保とうとしてありま
す。そこで、本来は文法的に "erblassen wird" であるべきこの箇所も、韻(ここでは青
色のグループ)を守るためにあえて "wird erblassen" と倒置してあるのだと思います。

> 同上最後の Hort der Mugger Schwur!

("der Mugger" とあるのは、"der Mutter" でしょうか??)
これは、やはり第1点目のご質問のところで書いた「ザクセン2格」でしょう。
仰るとおり、Schwur は男性名詞ですので、本当は den Schwur となるべきですが
 (参考)[ den Schwur [der Mutter] ]
           ←
ザクセン2格の存在により
 [ [der Mutter] Schwur ]
        →
となっているのだと考えられます。→「母の誓い」

返信2 返信-2
 2005/11/8 (火) 21:00:36 - 怪しいおやぢ - No.1131201200.2
回答ありがとうございます。

ザクセン2格なるものは知りせんでした。
のどのつかえがとれました。

またなにかあったらよろしくお願いします。


Das Nibelungendlied 1 ( 3-51 ) 引用
  2005/11/2 (水) 12:05:20 - Ssai-to - No.1130900720
お願いします。

3. Aventiure:Wie Siegfried nach Worms kam

51 Auch Sieglinde, die Gemahlin des edlen Koenigs, erfhur davon. Sie
machte sich um ihren Sohn grosse Sorgen, denn sie kannte Gunther und
seine Gefolgsleute genau. Mit allen moeglichen Einwaenden vesuchte man
dem Helden seine Absicht zu verleiden.


品位も貴き 王様の
后夫人の ジグリンデ
やはりこれをば 聞き知りぬ

后が王子の 身の上を
痛く御案じ 召したるは
グンター王と 一族の
仔細を篤と 識ればなり

ありとあらゆる 論議もて
勇士王子の 心うち
萎えんことを 人図る


Mit allen moeglichen Einwaenden vesuchte man dem Helden seine Absicht
zu verleiden.
は英語で言えば、
S(man)+V(versucht)+O(Helden)+O(…zu…)
のような形ですか。

返信1 返信-1
 2005/11/2 (水) 15:30:51 - 田中雅敏 - <mail@daisuki-doitsu.info> - No.1130900720.1
翻訳のほうは、私も同じ解釈ですので、同意見です。

> Mit allen moeglichen Einwaenden vesuchte man dem Helden seine Absicht
> zu verleiden.
> は英語で言えば、
> S(man)+V(versucht)+O(Helden)+O(…zu…) のような形ですか。

それであれば、
 S (man) + V (versucht) + O (…zu…) の形
であると表記するのほうが正しいですね。
versuchen という動詞は、

(参考)Ich versuche es (versuch's). 「試しにやってみる」
     Ich versuche mein Bestes. 「ベストを尽くす」
    Er versucht sein Glueck. 「運をためす」
    Er versucht … zu ….

など、普通名詞の目的語を取ります。その目的語の部分が zu不定詞句になることもある
ということです。

なお、今回の文の中の [dem Helden seine Absicht zu verleiden] で、dem Helden の部
分は、別に versuchen にとっての目的語ではなく、verleiden が jemandem etwas
verleiden 「〜の…を台無しにする」という表現だからです。

返信2 返信-2
 2005/11/7 (月) 16:45:23 - Ssai-to - No.1130900720.2
御返信を有難う御座います。
( 当スレッド完結の御礼の御挨拶を忘れていました。すみません。 )

訳の方は良いようですので次へ進みます。ということで 3−52
 は既に終わり、いま 3−53 を投稿していますので、お願い
致します。

Das Nibelungendlied 1 ( 3-52 ) 引用
  2005/11/4 (金) 22:19:46 - Ssai-to - No.1131110387
お願いします。

3. Aventiure:Wie Siegfried nach Worms kam

52 Da sagte der tapfere Siegfried:"Lieber Vater, ich wuerde fuer immer
darauf verzichten, eine edle frau zu lieben, wenn ich meine Werbung
nicht dorthin richten duerfte, wohin meine Neigung zielt. Was auch immer
jemand einwenden koennte, ich werde von meinem Vorhaben nicht ablassen."


これなる勇者 ジークフリート
ここに如かして 言うならく

「 親愛なりし お父上
我なる想い 致ししの
彼処に求婚 非とあらば
気高き婦人 愛す日は
向後絶えて 無かるべし

誰(た)れが抗い 得たるとも
我(わ)が意図無には 致さざれ 」


(1) verzichten, eine edle frau zu lieben, wenn の二つの Komma は
各々どういう意味、性質のものですか。
(2) この辺は 「 高貴な婦人を言うならば、彼女を措いて
他にはいない 」 という意味と取って良いですか。

返信1 返信-1
 2005/11/5 (土) 02:42:54 - 田中雅敏 - <mail@daisuki-doitsu.info> - No.1131110387.1
>(1) verzichten, eine edle frau zu lieben, wenn の二つの Komma は
> 各々どういう意味、性質のものですか。

1つ目の Komma は、verzichten のところに darauf とあることに注目してください。
verzichten は auf etwas という前置詞句目的語をとり「〜を断念する、止める」という
意味をなします。auf の部分が darauf になっているように、一般的に「da(r) + 前置
詞」(前置詞が母音で始まる語の場合、(r) が間に挟まる)があるときには、da(r) の具
体的な内容は文脈上の前か後に必ず書かれています。そうでなければ da(r) だけ言われ
て、その内容はわかりませんので。
 ここでは、[darauf (verzichten), [eine edle Frau zu lieben]] という構造をしてい
ます。つまり、[eine edle Frau zu lieben] という zu不定詞句が、直前の da の中身
を指しています。
→「高貴な女性を愛することを断念する」

2つ目の Komma は、主文と副文の境界をなすものです。つまり、大きく見て、
 [主文 ich wuerde fuer immer darauf verzichten, eine edle frau zu lieben], [副
文 wenn ich meine Werbung nicht dorthin richten duerfte, wohin ... zielt]
→「[副文 もし私の求婚が届けられないのならば]、[主文 この先ずっと・・・]」

ついでながら、3つ目の Komma は dorthin + wohin の結びつきを支えるものとなってい
ます。

>(2) この辺は 「 高貴な婦人を言うならば、彼女を措いて他にはいない 」と
> いう意味と取って良いですか。

まずは、訳されているように「我なる想い 致ししの 彼処に求婚 非とあらば 気高き
婦人 愛す日は 向後絶えて 無かるべし」というのが、解釈および訳としては(私の解
釈では)合っています。その上で、この部分をもう少し踏み込んで解釈するのでしたら、
「今この求婚の邪魔をするのなら、私はこの先一切高貴な婦人と結婚することはしない
ぞ」という決意表明であるように思われます。王や王妃をはじめ周りの人たちは
Siegfried には身分相応の結婚をしてほしいと願っていることを念頭におけば、それな
ら本人としては Kriemhild しか考えられないわけで、それをダメというのならもう身分
相応の結婚はしないものと心得よ、と周りの人間を(いわば)脅迫しているように感じら
れます。ですから、その意味で“「高貴な婦人を言うならば、彼女を措いて他にはいな
い」という意味”になるというご意見に賛成します。

返信2 返信-2
 2005/11/7 (月) 05:47:36 - Ssai-to - No.1131110387.2
御説明を有難う御座います。
Komma で区切って da(auf) の内容を明示したのですね。

訳の方は OK のようですので,次へ参ります。

店名についての質問 引用
  2005/11/2 (水) 12:09:03 - miyata yumiyo - No.1130900943
初歩的な質問かもしれませんがすみません!
教えてください!!

パン屋さんのロゴタイプをつくります。

●「Backerei □□□□」 とするとき(□□□□は名前がはいります。)
 最初の「b」は大文字にするのが常識なのでしょうか?
 名詞の場合は大文字で始めるのが決まりと聞いたのですが・・・。

●「a」の上の記号(・・)は必須なのですか??

以上2点です。よろしくお願いいたします!!

返信1 返信-1
 2005/11/2 (水) 15:53:54 - 田中雅敏 - <mail@daisuki-doitsu.info> - No.1130900943.1
こんにちは。

> 「Backerei □□□□」
> 最初の「b」は大文字にするのが常識なのでしょうか?
> 名詞の場合は大文字で始めるのが決まりと聞いたのですが・・・。

はい、そうですね。ドイツ語では「名詞」は大文字で書きはじめる決まりになっていま
す。余談ですが、そのおかげで、文章を読むときにも、これとこれが名詞だというよう
に、文を読み進めていく上でも便利です。

ただし、これは「ドイツ語の表記法」の話であって、その正しい表記法を知っている上
で、お店の名前としては小文字で書かれるのは問題ないと思います。念のため。

> 「a」の上の記号(・・)は必須なのですか??

はい。「パン屋さん」を意味するドイツ語単語の原語のつづりは、「¨」が必要です。こ
の記号は、ドイツ語の場合、母音の中でも a と u と o の3つに付くことのある記号で
「変音記号(ドイツ語では Umlaut と呼ばれている変音記号)」です。a, u, o のいずれ
に付いた場合もその文字の発音が変わります。音が変わるのには理由があって、a, u, o
という文字(母音)と、それに変音記号がついたもの (a¨, u¨, o¨ ←実際には ¨ は a,
u, o の真上に書きますが、この掲示板ではそれが表記できませんので、このような表記
にしておきます)は、まったく【別の母音】です。

Backerei (こんな単語は実際には存在しませんが)と書くのと Ba¨ckerei と書くので
は、別の母音が使われているのですから、別の単語ということになります。
ですから、「パン屋さん」を意味するドイツ語単語 Ba¨ckerei をそのままの綴りでお使
いになる場合には、「¨」をつけた形で書かないといけないということになります。

参考になれば幸いです。

Das Nibelungendlied 1 ( 3-50 ) 引用
  2005/10/27 (木) 20:56:57 - Ssai-to - No.1130413579
お願いします。

3. Aventiure:Wie Siegfried nach Worms kam

50 Das kam seinem Vater Siegmund zu Ohren. Denn die Hofleute redeten
darueber. So erfuhr er, was sein Sohn vorhatte:es verdross ihn sehr,
dass Siegfried gerade um diese herrliche Jungfrau werben wollte.


此れや至りて ジグムント
彼(か)の父君(ちちぎみ)の 耳に入る
すなわち廷臣 皆此れの
うわさ取り沙汰 すればなり

是(これ)なる高貴な 姫君に
ジークフリート 彼(か)の息子
直直(じきじき)求愛 致さんの
心のうちを 聞き知るや
いとどに不興 王覚ゆ


So erfuhr er ・・・ Jungfrau werben wollte. は山勘で訳していますが、
文章の構造は本当はどうなっているのですか。

返信1 返信-1
 2005/10/28 (金) 00:37:19 - 田中雅敏 - <mail@daisuki-doitsu.info> - No.1130413579.1
> So erfuhr er ・・・ Jungfrau werben wollte. は山勘で訳していますが、
> 文章の構造は本当はどうなっているのですか。

訳はきちんと合っていると思います。なお、最後の "gerade" だけが、少し私の中でひっ
かかりました。

文章の構造としては、So erfuhr er, was sein Sohn vorhatte. で一つのまとまった文で
す。そして、Es verdross ihn sehr, dass Siegfried gerade um diese herrliche
Jungfrau werben wollte. という一文が続きます。これら2つの文は、間に ":" で区切
られていますが、":" (Doppelpunkt/Kolon) や ";" (Strichpunkt/Semikolon) は文と文
をつなぐ働きをします。"." (Punkt) は終止符ですから、これを用いると完全にその文は
そこで一度終わります。しかし、";" などは完全なる終止符ではなく、"und" や "aber"
のような接続詞の代わりに用いることがあります。(この用法では、":" よりは ";" の
ほうが使用される頻度は高いです。)

後は、それぞれの文は、構造は難しくないと思います。
第一文:「そうして、王は息子がどのような計画・思惑を持っているのかを聞き知った」
第二文:「Siegfried が(よりにもよって)あの高貴な乙女に求婚したがっていること
は、王を甚だ不愉快にさせた」

なお、gerade の解釈は、「じかに」という意味と「たった今(時間的)」と「まさし
く、よりにもよって(強調)」のいずれかの解釈になるでしょうが、現時点では判断が難
しいですね。このような場合は、前後関係を見極めないといけないかと感じました。たと
えば、次の51節を少し見てみますと、

Sie machte sich um ihren Sohn grosse Sorgen, denn sie kannte Gunther und seine
Gefolgsleute genau.

というくだりがあります。ここに登場する Gunther というのは Kriemhild の父親です
(第45節でそのことに触れられています)。概略、「Siegmund や Sieglinde が
Gunther王たちの噂を知っているために、息子のことを案じている」と書かれていますの
で、先の gerade は「まさにあの(色々と話に聞く)グンテル王の姫君であるクリームヒ
ルト」に息子が求婚したがっている・・・と解釈してはいかがでしょうか。
そうすると、50節最後にある verdriessen の「不愉快にする」または「心を痛める」
という意味が生きてきそうな気がしました。

もちろん、以上はすべて私の個人的な見解です。

返信2 返信-2
 2005/10/28 (金) 08:52:58 - Ssai-to - No.1130413579.2
comment and suggestion を有難う御座います。

> 是(これ)なる高貴な 姫君に
> ジークフリート 彼(か)の息子
> 直直(じきじき)求愛 致さんの
> 心のうちを 聞き知るや
> いとどに不興 王覚ゆ

を替えて、

是(これ)なる高貴な 姫君を
ジークフリート 彼(か)の息子
なんすれぞ是 選り給い
なんと求愛 致さんの
心のうちを 聞き知るや
いとどに不興 王覚ゆ


ということで、雰囲気が出ていますか。

返信3 返信-3
 2005/10/28 (金) 11:20:19 - 田中雅敏 - <mail@daisuki-doitsu.info> - No.1130413579.3
すごく雰囲気が出ていると思います(私が回答した解釈が正しいとすれば、ですが)。

返信4 返信-4
 2005/10/28 (金) 16:53:18 - Ssai-to - No.1130413579.4
OK の comment を有難う御座います。一応、以下に清書します。

50 Das kam seinem Vater Siegmund zu Ohren. Denn die Hofleute redeten
darueber. So erfuhr er, was sein Sohn vorhatte:es verdross ihn sehr,
dass Siegfried gerade um diese herrliche Jungfrau werben wollte.


此れや至りて ジグムント
彼(か)の父君(ちちぎみ)の 耳に入る
すなわち廷臣 皆此れの
うわさ取り沙汰 すればなり

是(これ)なる高貴な 姫君を
ジークフリート 彼(か)の息子
なんすれぞ是 選り給い
なんと求愛 致さんの
心のうちを 聞き知るや
いとどに不興 王覚ゆ


ということで、次へ進みます。

Das Nibelungendlied 1 ( 3-49 ) 引用
  2005/10/22 (土) 08:46:41 - Ssai-to - No.1129938069
3. Aventiure:Wie Siegfried nach Worms kam

49 die schoene Jungfrau aus dem Land der Burgunden, zur Frau nehmen,
weil sie so unbeschreiblich schonen ist. Ich weiss genau:Selbst wenn
der maechtigste Kaiser freien wollte, dann waere es eine Ehre fuer
ihn, um die Gunst der maechtigen Prinzessin zu werben."


ブルグントの 地に在りし
麗し娘よ 娶(めと)るらむ
汝(なれ)やそれなる 美しさ
言(こと)の葉失い たればなり

確(しか)と我にて 以為(おもへらく)
畏れの極みの 皇帝に
嫁どる心 有りたれば
自ずと陛下の 栄誉にて
それなる畏(かしこ)き 王女君(ぎみ)
それなる好意 王欲す。 」


(1) Selbst はどういうふうに働いているのですか。
(2) 二番目の文の主語は es ですか。
(3) um 以下は Kaiser の freien に繋がるのですか。

返信1 返信-1
 2005/10/25 (火) 14:18:24 - 田中雅敏 - <mail@daisuki-doitsu.info> - No.1129938069.1
回答が大変遅くなりまして。申し訳ありません。

>(1) Selbst はどういうふうに働いているのですか。

selbst が wenn の直前に置かれているという状況から真っ先に思い浮かぶのは、"selbst
wenn" という組み合わせで、以前話に出た「譲歩の auch wenn」と同様のニュアンスを出
すという慣用的表現です(「たとえ〜でも、仮に〜でも」)。
(参考)Selbst wenn es regnet, muss ich ausgehen. 「たとえ雨でも外出しないといけ
ない」

ただ、この解釈だと、今回の文脈には合わないような気がします。そもそも、selbst は、
強調したい語の直前におくことがあります。そのときの意味は sogar に近くなると思い
ます。(参考)Kannst du selbst das nicht? 「そんなことさえもできないの?」
ここでの selbst もそのような意味で捉えればいかがでしょうか。
→「もっとも強き王が結婚したいと望むなら」(※selbst の強調の意味はあまり明白には
訳出できない?)

>(2) 二番目の文の主語は es ですか。

「二番目の文」というのは dann waere es eine Ehre fuer ihn の部分のことですね。こ
こでの主語は、たしかに es です。そして、次の(3)の問いに関係してきます。

>(3) um 以下は Kaiser の freien に繋がるのですか。

um die Gunst 以下は(2)で挙がっている es の具体的な内容です。つまり、es は形式
主語、そして具体的な中身は um die Gunst 以下の部分になるわけです。

[es] waere eine Ehre fuer ihn, [um die Gunst 〜 zu werben]
  →     →     →

最後の zu不定詞の部分についてですが、一見すると um 〜 zu不定詞 の形になっていま
すので、いわゆる "um + zu不定詞句" であると錯覚しますが、最初の um は動詞 werben
が必要とする um etwas/jemanden werben 「〜を求める」の熟語の一部ですので、ここで
は "um + zu不定詞句" ではなく、単なる "zu不定詞句" です。そこで、es 〜 zu不定詞
句の「仮主語構文」であると分析できます。
→「あの王女の愛を求めることは彼(=der maechtigste Kaiser)にとって名誉となるで
あろう」

返信2 返信-2
 2005/10/25 (火) 17:14:18 - Ssai-to - No.1129938069.2
返信をお待ちしていました。

解りました。ご説明のとおり Selbst wenn・・・ を sogar のように、
「 ・・・でさえも、たとえ・・・でも 」ととって、

確(しか)と我にて 以為(おもへらく)
畏れの極みの 帝位しも
嫁どる心 有るならば
即そは帝の 栄誉とて
それなる畏(かしこ)き 王女君(ぎみ)
貴女が好意 求むべし。 」

それほど貴女は素適である・・・として見ましたが、強調に合うようですか。

返信3 返信-3
 2005/10/25 (火) 18:19:31 - 田中雅敏 - <mail@daisuki-doitsu.info> - No.1129938069.3
よく表現されていると思います。
確認ですが、「貴女」というのは「あなた」の意味ではなく「あの高貴な女性」のように
三人称(「きじょ」)ですよね?ここの部分のセリフは Kriemhild 本人に直接言ってい
る場面ではないので三人称のほうが適切ですので、単なる確認事項です。

返信4 返信-4
 2005/10/25 (火) 21:09:35 - Ssai-to - No.1129938069.4
comment を有難う御座います。

よく考えていなかったのですが、 49 は 48 の最後の方で、
ジークフリートが多分高い位の側近の者たちの前で、クリームヒルトに
対する気持ちを宣り給うことになりましたので、その場での続きの言として

 「 たとえ帝王であっても、貴女(あなた)に結婚を申し込むときは
誉れとも思うくらいの気持ちで、貴女(あなた)の好意を求めるべき
でしょう。 」

と言ったと解釈できないですか。

返信5 返信-5
 2005/10/25 (火) 21:38:05 - 田中雅敏 - <mail@daisuki-doitsu.info> - No.1129938069.5
そうですね。たしかに48〜49は会話が続いていますね。
たしか、Siegfried が結婚しようと考えたとき、周りが「それならば身分相応の相手と結
婚してください」と進言したことに対して、「それならば Kriemhild を相手に選ぼうと
思う。あの人は類い稀なる美女であるという噂なので」ということで Kriemhild の名前
を出したのだったと思います。

Kriemhild は Siegfried と同じ国に住んでいるわけではなく、Siegfried はニーデルラ
ント国の王子、そして Kriemhild はブルグント国の王女です。離れた国の王女のことを
「あなた(貴女)」と呼ぶのは、Kriemhild が眼前にいるかのように想定して「この想
い、あなたに届け〜」というかのごとくこのセリフを言ったのなら良いですね。特定の状
況を考えない限りは、少し難しいかと思いました。

返信6 返信-6
 2005/10/25 (火) 22:51:51 - Ssai-to - No.1129938069.6
やはり、ちょっと無理があるのですね。次のようにして見ました。

49 die schoene Jungfrau aus dem Land der Burgunden, zur Frau nehmen,
weil sie so unbeschreiblich schonen ist. Ich weiss genau:Selbst wenn
der maechtigste Kaiser freien wollte, dann waere es eine Ehre fuer
ihn, um die Gunst der maechtigen Prinzessin zu werben."


ブルグントの 地に在りし
麗し娘や 娶(めと)るらむ
然るはそれなる 美のほどに
言(こと)の葉失い たればなり

確(しか)と我にて 以為(おもへらく)
畏れの極みの 帝位しも
嫁どる心 有る時は
即そは帝の 誉れとて
かれなる畏(かしこ)き 王女君(ぎみ)
貴姫が好意 求むべし。 」


貴姫が:あの尊い皇女の ということで、合っていますか。

返信7 返信-7
 2005/10/26 (水) 02:03:03 - 田中雅敏 - <mail@daisuki-doitsu.info> - No.1129938069.7
問題ないと思います。

返信8 返信-8
 2005/10/27 (木) 20:54:26 - Ssai-to - No.1129938069.8
OK が出ましたので、次へ参ります。

※ このスレッド投稿の最初に お願いします の御挨拶を忘れて
いました。済みませんでした。

ドイツ人とメールするには? 引用
  2005/10/25 (火) 20:12:19 - きのこ - <メール送信> - No.1130238739 - 返信コールON
ドイツ語を勉強するためにドイツ人の方とメールをしたいのですがどうしたらよいです
か?

返信1 返信-1
 2005/10/26 (水) 02:03:34 - 田中雅敏 - <mail@daisuki-doitsu.info> - No.1130238739.1
ドイツで生活しない限り(日本に住んでいると)、なかなかドイツ人と知り合う機会はあ
りませんよね。文通やメール交換というのは、生のドイツ語に触れるとても良い方法ですね。

日本に興味がある、または日本語を勉強しているようなドイツ人を探すためのウェブサイ
トはいろいろあると思いますが、「マルチリンガルネットワーク」というサイトが良いか
もしれません。
http://rose.ruru.ne.jp/multiplication/m-net.html
実際に試した(このサイトでペンパルを見つけた)ことはないのですが、このサイトの
「ドイツ語人」というリンクを押すと、ペンパルを探しているドイツ人の方々の自己紹介
が載っています。そこからコンタクトが始まるようです。

他にも
http://www.slf.ruhr-uni-bochum.de/email/stats-deu.html
http://www.japan-guide.com/local/?aCAT=2
など

少し前までは「DEU-NIHフォーラム」というのもあったんですが、最近は運営されていな
いようです。

何かわからないことなどあればまたお便りください。素敵なメールフレンドが見つかると
良いですね。

助動詞 引用
  2005/10/21 (金) 22:16:02 - Mai - No.1129900316
田中様、はじめまして。ドイツ人の友人を京都に案内することになりました。その人は
一度京都を訪れたことがあると聞いていたので、どこに行きたいか希望を聞いたのです
が・・・
Du warst schon mal in Kyoto, nicht wahr?
Wo warst du?
http://www.japan-tipp.de/kyoto-o.html (地図のリンク)
Welche Plaetze moechtest du beschen? In Kyoto gibt
es viele Sehenswuerdigkeiten. Wofuer interessierest
du dich?と メールをしたら

ドイツ人から"Ich muss noch sehen, was ich in Kyoto noch anschauen
moechte."と、たったこれだけ返事がきました。
これを「私は京都でまだ見たいことを、見なければならない」と自分で訳してみたので
すが、上手く訳ができません。何といってるのでしょうか?

このドイツ人も何が観たいのか、わからないでしょうか?
「清水寺には行ったよ!」というような答えを期待していたのですが私の質問がわるいの
でしょうか?
よろしくお願いします。

返信1 返信-1
 2005/10/21 (金) 23:55:57 - 田中雅敏 - <mail@daisuki-doitsu.info> - No.1129900316.1
はじめまして。こんにちは。

> ドイツ人から"Ich muss noch sehen, was ich in Kyoto noch anschauen
> moechte."と、たったこれだけ返事がきました。
> これを「私は京都でまだ見たいことを、見なければならない」と自分で訳してみたので
> すが、上手く訳ができません。何といってるのでしょうか?

> このドイツ人も何が観たいのか、わからないでしょうか?

この文の意味は、たしかに「私が京都でまだ見たいと思っているものを見なきゃね」とい
うことですので、Mai さんが訳されたとおりですね。それにしても、見たいと思う場所を
訪れるのはある意味当然ですので、たしかにもっと具体的な情報が欲しいところですね。
この人が自分が何を見たいのかわからないというか、これから行きたいところをピック
アップしてみるので少し待って、ということでしょうかね。「ちょっと待っていて」とい
うようなことはどこにも書かれていませんが、そう解釈しないことには、あまりにも当た
り前のことすぎて困りますよね。

たしかに、答える側としては、一度見た場所を答えるのは簡単ですが、行ったことのない
場所について、そのどこに行きたいかを答えるのは時間が要るでしょうね。ですから、参
考までに、もう一度、行ったことのある場所を尋ねてみる必要はあるかもしれませんね。

たとえば

Darf ich nur noch einmal fragen, wo du dir in Kyoto schon mal angeschaut hast,
damit ich fuer die diesmalige Begleitung vorbereiten und sie gut organisieren
kann. Es ist natuerlich schoen, dass du die Orte noch einmal besuchst, wo du
schon mal warst, und ich moechte dir auch viele fuer dich neue Orte zeigen.
Beides finde ich schoen. Wenn du irgendwelche Ideen hast, lass mich davon
wissen. Ich kann alles so organisieren, wie du willst.
(「あなたが今までに京都で訪れたことのある場所がどこか、もう一度だけ尋ねても良い
ですか。そのほうが今回の案内の準備ができるし、計画も立てやすいので。一度行った場
所でももう一度行ってみようというのも良いと思うし、またあなたが行ったことのない新
しい場所もたくさん見せてあげたいと思っています。何かアイデアがあったら知らせてく
ださい。あなたの希望どおりに計画しますので」)

お役に立つかわかりませんが、参考になりそうでしたら、ご自由に上の文面をお使いくだ
さい。

もう少し具体的な情報が得られるように応援しております。
また何かありましたらこちらに書き込んでください。 (田中)

返信2 返信-2
 2005/10/22 (土) 21:30:31 - 割りこんで失礼します - No.1129900316.2
既に2度ほどこちらで田中さんにお世話になったものです。
これって、「自分が何を見たいかまだ考えてみないと(分からない)」、という意味には
ならないのでしょうか?

返信3 返信-3
 2005/10/23 (日) 01:10:50 - 田中雅敏 - <mail@daisuki-doitsu.info> - No.1129900316.3
> これって、「自分が何を見たいかまだ考えてみないと(分からない)」、
> という意味にはならないのでしょうか?」

そうですね。これが一番正しい解釈でしょう!
sehen の持つ「見る」という意味には、文字通りに「何かを目の前にして、それを見る」
という意味と、それから「様子を見る」といったニュアンスに近い意味の用法もありま
す。"Mal sehen! (どうなるか、見てみよう。見ものだ)" に代表されるような用法は後
者ですね。

今回の "Ich muss noch sehen, was ich ... moechte" も、「自分が何を見たいのかにつ
いては、まだ(調べたり考えたりして)見てみないとわからない」ということが言いた
かったのでしょうね。

「割りこんで失礼します」さん、貴重なご意見をありがとうございます。最初の回答は、
私の勘違いが含まれていましたね。集中力が足りませんでした。ご助言、助かりました。
(田中)



返信4 返信-4
 2005/10/23 (日) 22:42:09 - Mai - No.1129900316.4
田中様、「割り込んで失礼します」様、ありがとうございました。
ドイツ人の友人は何度も日本に来て東北から九州まで旅行してたので
京都の有名な場所は知ってると思ったのですが・・・
田中様に教えていただいた文章を早速使わせていただきました。
素晴らしいですね。私は日本語でも、あのようには書けないです。
まだ、どこに行きたいのか返事はもらってないのですが
頑張って準備します。
お手数をおかけしました。

全972件(返信記事を除く) | ページ間移動→[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 93 94 95 96 97 98 ]


最大1000件保持 | 投稿レポートON | 管理者宛てEメール | ?ヘルプ

MiniBBS-EX 1.19